line
0120-790-073 タップして電話できます

兼業主婦の休業損害が争点となった事故で、ほぼ請求通りの約325万円を獲得した事例

後遺障害等級:
14級9号
被害者の状況(症状):
頚椎捻挫
争点:
後遺障害
賠償金額
対応事務所:
東京法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約325万円
(自賠責保険金含む)
後遺障害等級 14級9号

事案の概要

事故態様は、ご依頼者様が自動車を運転し、信号待ちで停止していたところ、後方から相手方自動車が走行してきてそのまま衝突したという事案です。
ご依頼者様は本件事故により、頚椎捻挫等の傷害を負いました。
その後ご依頼者様は半年程度通院を継続したものの、頚部痛等の症状が残存しました。
そこで、後遺障害申請の手続きをどのように進めればいいのか知りたい、また、できれば、弁護士を通して後遺障害申請し、適切な後遺障害等級の認定を受けたいという点につき当法人にご相談いただきました。

弁護士法人ALG&Associates

東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

当職が具体的な事故状況等を詳細に聴取し、後遺障害申請の手続きを含め、人身に関する損害賠償交渉につきご依頼を受けました。
受任後は当法人において資料を収集して被害者請求により後遺障害申請を行い、後遺障害等級14級9号と認定されました。
認定された後遺障害等級を前提に相手方保険会社との示談交渉を開始しましたが、交渉の中では、特に主婦としての休業損害及び逸失利益が争点となりました。
本件では、ご依頼者様がお仕事をしながらご家庭では家事をなさっている兼業主婦であり、本件事故以降家庭での家事にも多大な支障が生じていたことから、当方からは主婦としての休業損害及び逸失利益を請求しましたが、相手方保険会社からは主婦としてではなく仕事の収入を基礎としての賠償額を提示され、双方の主張に大きな開きが生じていました。
粘り強く交渉した結果、最終的には各損害項目について可能な限り当方の主張に近づける内容で示談に至ることができました(自賠責保険金含め約325万円)。

相談当初から懸念していた残存症状について後遺障害等級認定を得られた点及び主婦としての休業損害及び逸失利益を前提とした内容で示談に至ることができた点でご依頼者様にもご満足いただける形で解決することができました。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る