line
0120-790-073 タップして電話できます

家族経営であることを説明し、役員の休業損害を獲得した事例

被害者の状況(症状):
頚椎捻挫
争点:
休業損害
対応事務所:
姫路法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約150万円 約280万円 約130万円の増額

事案の概要

ご依頼者様が信号機のない交差点を走行していたところ、相手方自動車に運転席側面に追突されたという事件です(相手方に一時停止規制あり)。
ご依頼者様は、その事故で、頚椎捻挫の怪我を負ってしまいました。
ご依頼者様は、症状固定から約3カ月後に相談に来られ、役員報酬であることを理由に休業損害が一切支払われないことについて特に不満を持っていました。

弁護士法人ALG&Associates

姫路法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

ご依頼者様が弁護士に相談に来られたときは、既に物損は示談済みで、症状固定から約3カ月後でした。
ご依頼様は、休業損害について、自分で相手方保険会社と交渉しても、役員報酬であること、他に従業員がいることを理由に一切支払われないこと(0提示)に対し非常に不満を持たれていました。
そこで、受任後、家族経営の会社であること、ご依頼者様が実際に行っている業務等を丁寧に説明し、役員報酬が労働の対価であると評価できることを保険会社に主張した結果、多くの休業損害を獲得することができました。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る