line
0120-790-073 タップして電話できます

主張通りの休業損害が認められ、十分な賠償額で示談成立した事例

後遺障害等級:
14級9号
被害者の状況(症状):
頸椎捻挫
争点:
後遺障害
休業損害
慰謝料等
対応事務所:
東京法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 230万円
(自賠責保険金等を含む)
後遺障害等級 14級9号

事案の概要

ご依頼者様は、ご夫婦でのご旅行中に後方から大型トラックに追突され、頸椎捻挫のお怪我を負いました。
ご依頼者様に過失はまったくなかったとはいえ、自らの発案で行った旅行だったことや奥様もお怪我を負ってしまったことについて心を痛めておられ、保険会社とのやりとりにも疲れたとのことで当法人にご相談に来られました。
ご依頼者様のご事情を詳しくお伺いした上で、後遺障害申請からお手伝いをさせていただくことになりました。

弁護士法人ALG&Associates

東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

まずは、適切な等級認定を受けられるよう、診断書作成の際に注意すべき点などをご依頼者様に説明し、また、診断書に医師宛ての書簡を添付するなどし、適切な後遺障害診断書が作成されるよう働きかけを行った後、必要書類を収集した上で被害者請求で後遺障害申請を行いました。
その結果、ご夫婦お二人とも、無事に14級9号の認定を受けることができました。
その後の示談交渉においては、休業損害の金額について争いになりましたが、適切な資料を取捨選択して提出して交渉を行ったところ、こちらの主張どおりの金額が認められました。
さらに、ご旅行中の事故でご依頼者様が大変な心痛を覚えておられたこと等を訴え、結果的に、ご夫婦ともに裁判所基準額に基づいた慰謝料を獲得することができました。
ご依頼者様は、初回ご相談時にはかなり憔悴したご様子でしたが、後遺障害申請の手続きや相手方保険会社との交渉等を弁護士に一任したことでだいぶお気持ちが楽になられたようで、次第にお声も明るくなり、最終的には、適切な後遺障害認定を受けて十分な賠償額で示談に至ることができました。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る