line
0120-790-073 タップして電話できます

労災での後遺障害申請結果をもとに自賠責に異議申し立てを行った結果、14級が認定された事例

後遺障害等級:
14級9号
被害者の状況(症状):
左膝痛
争点:
賠償金額
対応事務所:
東京法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約345万円
(自賠責保険金を含む)
後遺障害等級 14級9号

事案の概要

ご依頼者様は50代の女性で、勤務先から自転車で帰宅する途中、停車していたタクシーの横を通り過ぎようとしたところ、急発進したタクシーに左足を轢かれ、左足を負傷しました。
治療を終えられて、医師に後遺障害診断書を作成してもらう前に、後遺障害診断書の書き方を弁護士に相談したいとのことで、当法人に相談に見えました。

弁護士法人ALG&Associates

東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

ご相談時、後遺障害診断書に医師に記載してほしいことや、医師に作成を依頼する際に注意すべき点などを詳細に説明した結果、当法人に委任していただくこととなりました。
受任後は、後遺障害診断書その他必要書類を収集したのち、後遺障害申請を行いましたが、残念ながら結果は非該当でした。
そこで、ご依頼者様の希望も踏まえ、異議申立てを行うことになりました。

異議申立てを行うにあたっては、本件は労災が適用される事故であったため、自賠責保険会社に対する異議申立てを行う前に、まずは労災に対する後遺障害申請を行うことにしました。
その結果、労災で左膝痛の症状について14級が認定されたため、その事実を基に異議申立書を作成し、自賠責保険会社に対する異議申立てを行いました。
この方針が功を奏し、自賠責保険においても左膝痛の症状について無事に14級が認定されました。

相手方保険会社との示談交渉では、逸失利益が適正な金額にて認定されたほか、慰謝料等についても裁判基準に基づく算定額にて認定され、最終金額約345万円(自賠責保険金を含む)で示談が成立しました。

当法人に依頼いただいたことで、適正な等級認定、賠償金が獲得できたため、ご依頼者様にご満足いただけた事案でした。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る