line
0120-790-073 タップして電話できます

500万円以上の休業損害を満額認定させ、約850万円で示談成立した事例

後遺障害等級:
14級9号(肩の痛み)
被害者の状況(症状):
肩の腱板断裂
上腕骨近位端骨折
争点:
後遺障害等級
賠償額
対応事務所:
東京法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 なし 約850万円
(自賠責保険金を含む)
適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 なし 14級9号 認定をサポート

事案の概要

ご依頼者様は、バイクで走行中、車両に追突され、車両の停止中にセンターラインオーバー車に正面衝突され、肩を受傷しました。
ご依頼者様は、肩の痛みがひかないため手術を希望されていましたが、相手方保険会社より腱板断裂と事故との因果関係が不明であると主張されていたことから、今後の交渉は今後は専門家に任せた方が良いと判断され、当所が受任することになりました。

弁護士法人ALG&Associates

東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

腱板断裂と事故との因果関係については、各病院の診療録や医師から取り付けた書類等に基づき相手方保険会社と交渉したところ、認定するとの回答が得られたため、ご依頼者様は無事、手術を受けることができました。術後の経過もよく、ご依頼者様は元の職場に復職することが出来ましたが、肩の痛みが残存していたため、後遺障害の申請を行うことにしました。
申請の結果、肩の痛みに関し14級9号が認定され、相手方保険会社との賠償交渉に移行しましたが、ご依頼者様は長期休業しており、休業損害の請求額は500万円以上となりました。
その後も賠償交渉では、休業損害額について争点となりましたが、粘り強く交渉した結果、休業損害は満額認定させることができ、最終的に約850万円の賠償金を獲得することが出来ました。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る