line
0120-790-073 タップして電話できます

通院のアドバイスや治療の延長交渉を行った結果、約520万円獲得した事例

後遺障害等級:
14級9号
被害者の状況(症状):
頸部痛
争点:
後遺障害等級
賠償額
対応事務所:
東京法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 なし 約520万円
(自賠責保険金を含む)
適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 なし 14級9号 認定をサポート
過失割合 不明 100対0(ご依頼者様)

事案の概要

本件事故は、ご依頼者様運転の車両が交差点を直進していたところ、右手側交差路より進入してきた相手方車両と衝突し、ご依頼者様が頚部を負傷したというものです。
ご依頼者様は、初めて事故に遭い、今後のことを考えると交渉は専門家に任せた方が良いと判断され、当所が受任することになりました。

弁護士法人ALG&Associates

東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

ご相談時、ご依頼者様に対して、整形外科に通院されるメリットを説明したところ、お仕事の忙しい方でしたが、合間を見つけて整形外科に通院することを選択されました。
その後、ご依頼者様は警察署で、ご依頼者様が侵入した際の信号は黄色信号であったと説明され、過失がついてしまうことが予想されました。ところが、その後の交渉でも相手方保険会社とは100対0で話を進めることができたため、早期に物損を示談し、過失割合をかためることにしました。
治療に関しては、相手方保険会社からは4か月で治療打ち切りの打診がありました。そこで、医師に確認したうえで、少なくとも半年は必要であると説得したところ、約半年間の一括対応が認められることになりました。
その後、自賠責保険に対し後遺障害を申請した結果、頚部痛に関し14級9号が認定され、相手方保険会社との賠償交渉に移行しました。
賠償交渉では、ご依頼者様は事故の翌年に大幅に増収していることから、逸失利益が大きく争われることが予想されました。
そこで、相手方保険会社には業務への支障を詳細に伝えるとともに、早期交渉で終了する意向がある旨伝えたところ、慰謝料は100%、逸失利益の期間も4年を認定させることができました。
自賠責保険金を含め約520万円での解決となり、ご依頼者様にも満足いただけた案件となりました。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る