line
0120-790-073 タップして電話できます

粘り強い交渉の結果、約1200万円増額して示談成立した事例

後遺障害等級:
12級相当
被害者の状況(症状):
脳震盪
耳鳴り
肋骨骨折等
争点:
賠償金額
対応事務所:
東京法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約500万円 約1700万円 約1200万円の増額

事案の概要

事故態様は、ご依頼者様が自転車で走行中、道路左端に停車された相手方自動車の横を通過していたところ、相手方自動車の運転席ドアが突然開き、避けられず衝突し、転倒したという事案です。
衝突の際、ご依頼者様は激しく身体を打ち付け、脳震盪や肋骨骨折等の傷害を負い、8か月程度通院したのち、症状固定しました。
ご依頼者様は、相手方保険会社より、残存する耳鳴り症等の症状について後遺障害等級12級相当に該当するとの認定を前提として、約500万円を支払うという賠償案の提示を受けました。
そこで、提示された賠償額が適切なのか、増額交渉することができるかという点につき当法人にご相談いただきました。

弁護士法人ALG&Associates

東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

当職が相手方保険会社提示案、後遺障害診断書等の内容を検討し、慰謝料、逸失利益等の項目において賠償額の増額が見込めることを説明し、ご依頼を受けました。
実際の交渉においては、慰謝料、逸失利益等の金額が争点となったことに加え、ご依頼者様の過失についても改めて主張され、過失割合についても争点となりました。
それぞれの項目について当方主張の損害額が認められべきであることを主張して交渉を重ねた結果、過失割合については事故状況から考えられる基本割合通りとしたものの、損害額としては各損害項目について裁判基準の満額に近い内容が認定され、最終的には当初の相手方提示額と比較して約1200万円増額した金額で示談に至ることができました。

相手方保険会社と粘り強く交渉し、弁護士介入前の提示金額と比較して3倍以上となる金額を獲得することができた点でご依頼者様にも満足いただけた事案でした。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る