line
0120-790-073 タップして電話できます

比較的短期の通院だったものの14級が認定され、約300万円で示談成立した事例

後遺障害等級:
14級9号
被害者の状況(症状):
右頚部痛
右肘から遠位のしびれ・疼痛等
争点:
賠償金額
対応事務所:
東京法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約300万円
(自賠責保険金を含む。)
後遺障害等級 14級9号

事案の概要

ご依頼者様は、片側2車線の第一車線を走行していたところ、第二車線から突然車線変更してきた相手方車両と衝突し、頚部挫傷等の障害を負われました。
当法人には、相手方保険会社にどのように対応すればよいか不安とのことで、相談に見えました。

弁護士法人ALG&Associates

東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

ご依頼者様は、約5か月半に渡って治療を続けましたが、頚部痛等の症状が残存してしまったため、後遺障害申請を行いましたが。 残念ながら非該当の結果であったことから、異議申立て手続きを行うことにしました。

異議申立ての際は、ご通院が約5か月半と比較的短期であることが不利に考慮されないよう、病院から取り付けたカルテを精査して充実した異議申立書を作成して申請した結果、頚部痛や右肘から遠位の痛み・しびれ等の症状について14級9号が認定されました。

示談交渉では、逸失利益が主な争点となり、相手方保険会社は当初労働能力喪失期間を3年とする回答でしたが、仕事の支障を具体的に説明するなど粘り強く交渉したことで、労働能力喪失期間を5年とする請求額どおりの金額が認定されました。
その他、裁判基準での傷害慰謝料、後遺障害慰謝料なども相当な金額が認定され、最終金額約300万円(自賠責保険金を含む。)で示談となりました。

当法人にご依頼いただいたことで、ご依頼者様の望む等級認定と賠償金が獲得でき、大変満足いただけた事案でした。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る