line
0120-790-073 タップして電話できます

受任から2ヶ月ほどで約245万円増額して示談成立した事例

後遺障害等級:
併合9級
被害者の状況(症状):
前額部、側頭部、顔面部の傷痕
右下肢の瘢痕
 
争点:
賠償金額
対応事務所:
東京法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約495万 約740万 約245万円の増額

事案の概要

ご依頼者様は、道路を徒歩で横断していた際に相手方車両に轢かれる事故に遭い、約4年半もの治療の終了後にも顔や体に傷が残ってしまいました。
事前認定により顔面部の傷痕や右下肢の瘢痕等について併合9級が認定され、相手方保険会社から提示された賠償金額が妥当なのか確認したいとのことで、当法人に相談に見えました。

弁護士法人ALG&Associates

東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

当法人の受任後は、速やかに必要資料を収集し、相手方保険会社に対して賠償提示を行いました。

賠償交渉では、醜状障害だと逸失利益が否定されることが少なくないところ、本件でも逸失利益が争点となりましたが、粘り強く交渉を行った結果、相当な金額が認定されました。その他、裁判基準での慰謝料なども認められ、当初の提示額より約245万円増額の約740万円で示談が成立し、受任後から約2か月で資料収集、損害賠償額の算定、示談交渉が完了しました。

当法人にご依頼いただいたことで、短期間で賠償金の大幅な増額ができ、ご依頼者様に満足いただけた事案でした。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る