line
0120-790-073 タップして電話できます

過失割合5対5から過失0対10に修正した事例

被害者の状況(症状):
頸部痛
腰部痛
争点:
過失割合
対応事務所:
名古屋法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
過失割合 5対5(相手方の主張) 0対10 有利になるよう修正

事案の概要

自動車の走行中に、後方から走行してきた自動車に接触されたとの事案。相手方は、依頼者に大きな過失があり最低でも5対5であると主張。

弁護士法人ALG&Associates

名古屋法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

依頼者のドライブレコーダーを確認し、依頼者の主張に正当性があると判断。相手方のドライブレコーダーも確認し、依頼者の主張と矛盾がないことも確認した上で、0対10の過失割合を主張。ドライブレコーダーに走行速度の記録もされており、記録されているそれぞれの走行態様らから見ても、依頼者の主張は客観的な証拠に沿っている一方で、相手方の主張は客観的な証拠と矛盾することを説明。 結果として0対10の過失割合を相手方も受け入れる。

弁護士に依頼するメリット

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る