line
0120-790-073 タップして電話できます

治療中からサポートした結果、併合14級が認定され、約398万円で示談成立した事例

後遺障害等級:
併合14級
被害者の状況(症状):
頚椎捻挫
腰椎捻挫
争点:
過失割合
休業損害
逸失利益
対応事務所:
東京法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 なし 約398万円 適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 なし 併合14級 認定をサポート

事案の概要

ご依頼者様は、路肩に停車して休憩中のところを、後方から追突されて受傷されました。
事故から2か月程度が経過し、ご通院中でしたが、相手方保険会社が休業損害の内払いを渋ってきたことから、ご相談にこられました。
さっそく弁護士が介入したところ、相手方保険会社は、治療の一括対応の打切りを主張し、さらに過失割合についても全面的に争う姿勢をみせてきました。

弁護士法人ALG&Associates

東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

まずは、治療の一括対応の継続のため、医師面談を行い、医師の意見をもとに治療継続について相手方保険会社と粘り強く交渉し、一括対応の延長について了承を得ました。
また、治療中に他の理由で休業をせざるを得なくなりましたので、休業損害の請求方法についてご相談に乗らせていただきました。
さらに、症状が残存したため、後遺障害申請のサポートをさせていただきました。治療中からサポートさせていただいた甲斐あって、頚部痛や腰痛等の症状につき、無事、併合14級が認定されました。

示談交渉の際は、過失割合、休業損害、逸失利益の金額が争点となりました。
過失割合については、刑事記録を取り寄せ、状況を詳細に検討した上で交渉に臨み、こちらの主張どおりの認定となりました。ご依頼者様の状況を丁寧に聴き取り、交渉を行った結果、休業損害、逸失利益についても適切な認定がなされ、総額約398万円で示談となりました。

等級認定及び賠償金額の双方ともに、ご依頼者様に満足いただけた事案でした。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る