line
0120-790-073 タップして電話できます

通院中からサポートを行った結果、併合14級が認定され、約290万円で示談が成立した事例

後遺障害等級:
併合14級
被害者の状況(症状):
頚部痛
左前腕の痺れ
背部痛等
争点:
賠償金額
対応事務所:
東京法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約290万円
(自賠責保険金を含む)
後遺障害等級 併合14級

事案の概要

ご依頼者は20代の男性で、後続車両に追突される事故に遭われ、頚椎捻挫や背部打撲等の傷害を負われました。
一度、保険会社から紹介された法律事務所に相談した際に不安を感じたとのことで、ご自身で当法人を探され、相談に見えました。

弁護士法人ALG&Associates

東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

ご依頼者は、当法人に相談に見えるまで、整形外科と整骨院を併用して通院していましたが、当初から症状が残存してしまった場合は後遺障害申請に進むことを希望されていました。
そのため、ご依頼者には、当法人からのアドバイスにより、通院先を整形外科のみに絞って通院していただくこととしました。
しかし、事故から4か月が経過した時点で、相手方保険会社より治療費の一括対応が一方的に打ち切られてしまいました。そのため、健康保険を利用して自費で通院を続け、事故後約7か月となる時点で医師に症状固定と判断されたことから、当法人にて必要な資料を収集し、後遺障害申請を行いました。
その結果、頚部痛や背部痛等の症状について、併合14級が認定されました。

相手方保険会社との示談交渉では、裁判基準に基づく傷害慰謝料、後遺障害慰謝料、逸失利益を請求した結果、訴外交渉における適切な金額が認定され、最終金額約290万円(自賠責保険金を含む)にて示談が成立しました。

当法人において通院中から後遺障害申請、示談交渉までサポートした結果、適切な等級と賠償金額が獲得でき、ご依頼者に大変満足いただけた事案でした。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る