line
0120-790-073 タップして電話できます

後遺障害等級12級13号を獲得し、治療費以外の損害額約920万円を回収した事例

後遺障害等級:
12級13号
被害者の状況(症状):
脳挫傷
争点:
後遺障害等級
賠償金額
対応事務所:
東京法律事務所
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約920万円
(治療費を除く賠償金)
後遺障害等級 申請前 12級13号 認定をサポート

事案の概要

事故態様は、ご依頼者様が自転車を運転して横断歩道を横断していたところ、同じ方向から進行していた相手方運転の自動車が交差点で左折し、そのまま横断歩道上でご依頼者様の自転車に衝突したという事案です。
事故の衝撃によりご依頼者様は転倒し、意識を失って救急搬送されました。
搬送先の病院で行った検査により脳挫傷の傷害を負ったことが確認され、そのま一か月以上入院となりました。
退院後も、事故による怪我の影響でお仕事に復帰できない状態のまま通院での治療が続いていましたが、事故からおよそ1年間治療を続けた段階で、その後の相手方保険会社との交渉について弁護士を通して交渉したいという点につき当法人にご相談いただきました。

弁護士法人ALG&Associates

東京法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動および解決結果

当職が事故態様や怪我の内容、その後の治療経過等を検討し、相手方との交渉についてご依頼を受けました。
その後は弊所を通して休業損害等を請求しつつ通院を続けていただき、事故から2年半程度通院した段階で症状固定となりました。
そこで当法人において資料を収集し、被害者請求の方法により後遺障害申請を行ったところ、後遺障害等級12級13号と認定されました。

自賠責保険から認定された等級に基づいて賠償交渉を開始したものの、相手方保険会社からは当初、慰謝料、逸失利益等各損害項目について争われ、当方の請求額を大きく下回る金額しか提示されませんでした。
その後相手方保険会社との交渉を重ね、争点となった各損害項目について増額に成功し、最終的には訴訟の場合と比較しても遜色の無い金額で合意に至ることが出来ました。

適切な後遺障害等級を獲得できたことに加え、交渉の結果として訴訟の場合と大きな差が無い賠償額が認定され、最終的には治療費以外の損害額として約920万円を回収することができたため、ご依頼者様にも満足いただける結果となりました。

解決事例をポイント別に見る

解決事例を部位・症状別に見る

解決事例を等級別に見る

解決事例を事務所別に見る