交通事故弁護士

メール相談受付 0120-790-073

交通事故による精神的苦痛に対する慰謝料として認められているもの

交通事故のご相談はこちら

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

精神的苦痛に対する慰謝料は払ってもらえる?

交通事故に遭った場合、自動車の修理費や病院の治療費等、様々な出費があります。 被害者であれば、それらの賠償を受けることができますが、それに加えて、精神的苦痛に対する慰謝料を受け取ることができます。 まず、交通事故による損害は人身損害と物的損害に分けられ、さらに人身損害は財産的損害と精神的損害に区別されます。そして、精神的損害とは交通事故により生じた肉体的・精神的苦痛をいい、その精神的苦痛に対する賠償を「慰謝料」と呼びます。 交通事故の慰謝料には、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料が存在し、傷害や後遺症の程度に応じて慰謝料が支払われます。

慰謝料の種類

入通院慰謝料

不運にも交通事故に遭ってしまったため、入院や通院を余儀なくされた被害者のために支払われる慰謝料です。人の心の苦しみを金銭評価することは難しいため、入通院慰謝料の額は、怪我の程度、通院日数、通院期間をもとに算出されます。

後遺障害慰謝料

交通事故の被害者が、治療を尽くしたにもかかわらず、後遺症が残ってしまった場合、その精神的苦痛に対して支払われる慰謝料です。 通常は後遺障害認定を受け、認定を受けた等級に応じた慰謝料が支払われます。

死亡慰謝料

死亡慰謝料は、交通事故で亡くなってしまった方(被害者本人)の精神的苦痛に対して支払われる慰謝料です。被害者本人は亡くなっていますので、被害者の相続人が請求することになります。 被害者自身の死亡慰謝料とは別に、残されたご家族の精神的苦痛について、遺族固有の慰謝料を請求することが可能です。

別途、精神的苦痛に対する慰謝料として認められているもの

慰謝料とは、事故による肉体的・精神的苦痛に対する賠償をいいました。  そして、何をもって精神的苦痛というのかその判断は様々です。  そこで、精神的苦痛があるとして慰謝料請求が認められている次のようなケースをご紹介します。

流産した場合

流産した場合にも、慰謝料は認められます。 ただし、交通事故に遭った妊婦すべてが流産するという法則はありませんので、慰謝料が認められるためには、交通事故により流産となったことが医学的に証明されることが必要となります。 因果関係を判断するためには、母体の受傷部位・受傷直後の子宮からの出血等異常所見の有無・妊娠してからの経過期間・母体の年齢や出産経験等、医師の意見等いろいろな事情を総合します。 新しい家族の誕生を心待ちにしていた家族の流産に対する精神的苦痛は計り知れません。そして、流産した場合の賠償は、通常の入通院慰謝料や後遺障害慰謝料では賄えませんので、慰謝料を増額することで対応します。 増額金額には明確な基準はなく、胎児の月齢や流産が妊婦の身体に与えた影響の程度等を考慮して、入通院慰謝料額に上乗せして決定されます。

流産による精神的苦痛に対する慰謝料を認めた判例

大阪地方裁判所 平成13年(ワ)第338号 損害賠償請求事件

車を運転中の被害者が、自分の走行する車線に飛び出してきた加害者の運転する車と衝突して負傷し、妊娠18週目の胎児を流産したとして、流産に対する慰謝料を含む損害賠償を請求した事案です。

主な争点は、休業損害と胎児死亡慰謝料でした。 被害者は事故時妊娠18週目で、事故の衝撃により着用していたシートベルトが腹部に食い込む状態になりました。被害者は出産の経験がなく、また、妊娠6週目に出血があり入院したものの入院により出血はなくなっていたという健康状態でした。また、被害者と夫は事故後再びの妊娠を待ち望んでおり、産婦人科に通院して月4、5回の排卵誘発剤等のホルモン投与をおよそ1年半受けましたが、妊娠することはできませんでした。 こうした被害者の健康状態や事故の態様等を鑑み、裁判所は事故と流産とに因果関係を認め、350万円の胎児死亡慰謝料を認めました。

婚約が破談になった場合

事故により後遺障害が残った等の理由で婚約が破談になったと思われる場合も、慰謝料請求は認められます。 婚約の破談による精神的苦痛の賠償も、通常の慰謝料ではカバーすることはできませんので、慰謝料の増額で対応することになります。 ただし、慰謝料増額されるためには、婚約の破談と事故との因果関係が認められることが必要となります。 しかし、婚約の破談と事故との因果関係の立証は難しいため、認められるのはなかなか困難だといえるでしょう。また、認められたとしても数十万円~数百万円程度であると考えられます。

物損では慰謝料が認められません

上記のようなケースでは慰謝料請求が認められるのに対し、次のようなケースでは慰謝料請求は認められていません。

愛車が壊れた・傷をつけられた

車に対して愛着を持っている人は少なくありません。しかし、車をどれだけ大切にしていても人間とは違いますから、あくまで物として扱われます。そのため、愛車が傷ついた場合には物損事故という扱いにあります。 物損事故では、人身事故と比べ精神的苦痛が軽微であると考えられるため慰謝料は認められないことがほとんどです。

ペットが怪我をした・亡くなった

ペットは人の愛情の対象です。しかし、法律上ペットは物という扱いですので、愛車のケースと同様に物損事故という扱いになります。そのため、原則的に慰謝料は認められません。 しかし、ペットが亡くなったことによる精神的苦痛に対する慰謝料を認めた、次のような判例があります。

ペットが亡くなったことによる精神的苦痛に対する慰謝料を認めた判例

大阪地方裁判所 平成17年(レ)第244号 損害賠償請求控訴事件

横断歩道上で被害者のペットと被控訴人Bの運転する乗用車が衝突し、ペット2匹(パピヨン犬、シーズー犬)が死傷したため、控訴人AがBに慰謝料を含む損害賠償を請求した事案です。 Aは、ペットらをセラピー犬として飼っていたところ、事故によりぺットらが死傷したことに精神的ショックを受け、病院への通院日数が増えました。Aの精神状態が事故により悪化した事実を受け、裁判所は、Aの受けた精神的苦痛に対する慰謝料としては10万円が相当であると判断し、ペットの死傷に対する慰謝料を認めました。 ただし、飼い主であるAがペットを繋ぎ留めないで外に出していたことについて、Aが飼い犬に対する管理責任を怠っていたと認め、AとBそれぞれに損害賠償を認め、過失相殺の結果、Aに11万8659円の支払いを命じることになりました。

まとめ

慰謝料を請求できるケースはまだまだあります。 実際に事故に遭ったときには、「自分のケースは慰謝料を請求できるかな?」「慰謝料の適正な額ってどれくらい?」等の疑問が出てくると思います。 弁護士に相談すれば、そのような疑問を解決することができます。 また、弁護士は慰謝料の適正な額を引き出す交渉をしてくれます。 事故に遭い不安を感じたら、まずは一度弁護士にご相談ください。きっと力強い味方になってくれるはずです。