メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

通勤中・勤務中に交通事故に遭った場合の労災と慰謝料について

弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治
監修 弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates執行役員
監修 弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates執行役員
愛知県弁護士会所属。私たちは、弁護士名、スタッフを擁し()、東京、を構え、全国のお客様のリーガルニーズに迅速に応対することを可能としております。

通勤中や勤務中に交通事故に遭った場合、適用条件に該当していれば、労災保険という通常の事故とは異なる補償を受けられます。労災保険を使ううえで、適切な補償を受けるためには、どのような注意点があるのでしょうか?本記事で詳しく解説していきます。

労災の場合、慰謝料を受け取れる?

通勤中、勤務中の交通事故は他人事ではありません。仕事をしている方は、ご自身にも起こり得ることであり、危機管理が必要です。タクシー・トラック・配達の運転中、営業や交通整備等の外勤中、家と会社の往復通勤の最中等、交通事故被害に遭う可能性を挙げればキリがないほどです。

通勤中、勤務中に交通事故に遭った場合、労災申請を行うことができます。ただし、労災には適用できる条件や範囲が定まっていることを心得ておきましょう。

労災申請した場合は慰謝料をもらえないのか

通勤中や勤務中に交通事故に遭い、労災保険を使用したとしても、労災保険の補償内容には慰謝料が含まれていないため、慰謝料はもらえません。しかし、労災保険にない補償項目であっても、交通事故であれば、相手方自賠責保険や任意保険から受け取ることができます。

労災と自賠責は併用できる

交通事故の損害補償は、労災保険と自賠責保険を併用することができます。

ただし、注意が必要です。それぞれにおいて重複する補償内容は、二重取りすることができません。重複する部分は片方に請求し、損害額が大きく片方の限度額を超過する場合には、超過分をもう片方に請求することができます。また、もう片方でも補えない場合は、加入が確認できれば相手方の任意保険に請求することも可能です。

つまり、労災保険と自賠責保険の補償内容を把握することできれば、プラスαの補償を受けられる可能性があります。

そもそも労災が使える事故なのか確認が必要

通勤中・勤務中に交通事故に遭った場合、労災保険を申請することができます。所属する会社が労災保険に加入していれば、正社員、契約社員、アルバイトといった雇用形態に関係なく、補償を受けることが可能です。

労働中の交通事故という定義には、「通勤災害」と「業務災害」があります。具体的にどのようなケースが該当するのか、以降詳しくみていきましょう。

通勤災害

通勤災害とは、労働者が通勤により被った負傷、疾病、障害または死亡のことをいいます。通勤とは、以下のような場合を指します。

・住居と就業場所との往復
・就業場所から他の就業場所への移動
・単身赴任先から帰省先への移動

例えば、終業後の帰宅途中に外食やショッピングをして事故に遭った場合には、通勤を逸脱・中断したとみなされ、労災が認められない可能性があります。ただし、通勤の逸脱・中断にも例外があり、日用品等の最小限度の買い物等は「通勤」と認められる場合もあります。

業務災害

業務災害とは、労働者の業務上の負傷、疾病、障害または死亡のことをいいます。業務上とは、以下のような場合を指します。

・業務時間内
・業務時間内の休憩中
・出張中

いずれも、業務遂行性(事業主の支配・管理下に置かれている状態であること)と業務起因性(怪我と仕事の間に関連性があること)が認められる必要があります。仕事中に、仕事が原因で交通事故に遭ったということが、業務災害として認められる条件となります。

労災と自賠責の補償内容一覧

労災の補償内容

ここで、交通事故に関する労災保険の補償内容を列挙していきます。

傷害部分 療養(補償)給付、休業(補償)給付、傷病(補償)給付または年金
後遺傷害部分 障害(補償)給付、介護(補償)給付
死亡部分 遺族(補償)給付、葬祭料(葬祭給付)
その他 各特別支給金

※通勤災害と業務災害で項目名が異なります。(補償)が該当するのは、業務災害の場合です。

自賠責の補償内容

自賠責保険の補償内容を列挙していきます。

傷害部分 治療費、通院交通費、休業損害、入通院慰謝料、
付添看護費、入院雑費、診断書発行手数料、文書料
後遺傷害部分 後遺障害慰謝料、後遺障害逸失利益
死亡部分 葬儀費、死亡慰謝料、死亡逸失利益

下記の記事では、自賠責保険の補償の中でも慰謝料について詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

自賠責限度額は120万!慰謝料計算方法と被害者請求

労災と自賠責の補償内容比較表

補償内容 労災 自賠責
療養(補償)給付(傷害部分実費) 全額支給 傷害部分計120万円まで
休業(補償)給付(休業損害) 給付基礎日額の60%×休業日数
※待機期間3日分は事業主負担
原則5,700円/日
※立証可能な場合は1万9000円までの実額
※傷害部分計120万円まで
休業特別支給金 給付基礎日額の20%×休業日数 なし
(入通院慰謝料) なし 日額4200円×対象日数
※傷害部分計120万円まで
傷病(補償)給付または年金 傷病等級により異なる
※療養開始後1年6ヶ月を経過しても傷病が治らず、傷病等級1~3級に該当する場合
なし
傷病特別支給金 傷病等級により異なる
100万円~114万円の一時金
なし
傷病特別年金 傷病等級により異なる
算定基礎日額の245日分~313日分
なし
障害(補償)給付(後遺障害慰謝料) 障害等級により異なる
<年金>障害等級1~7級の場合
給付基礎日額の313日~131日分
<一時金>障害等級8~14級の場合
給付基礎日額の503日~56日分
等級により異なる
※3000万円まで
(介護を要する後遺障害ではない場合)
障害特別支給金 障害等級により異なる
<障害(補償)年金の受給対象者>
159万円~342万円の一時金
<障害(補償)一時金の受給対象者>
8万円~65万円の一時金
なし
障害特別年金 障害等級により異なる
<障害(補償)年金の受給対象者>
算定基礎日額の131日~313日分
なし
障害特別一時金 障害等級により異なる
<障害(補償)一時金の受給対象者>
算定基礎日額の56日~503日分
なし
(後遺障害逸失利益) なし <計算式>
基礎収入×後遺症による労働能力喪失率×労働可能年数に対応するライプニッツ係数
遺族(補償)給付(遺族の慰謝料) <年金>
遺族の人数により異なる
1人の場合:給付基礎日額×153日分
2人の場合:給付基礎日額×201日分
3人の場合:給付基礎日額×223日分
4人以上の場合:給付基礎日額×245日分
<一時金>
受給条件に該当する場合
給付基礎日額×1000日分
遺族の人数により異なる
1人の場合:550万円
2人の場合:650万円
3人以上の場合:750万円
被扶養者がいる場合は別途200万円
※3000万円まで
遺族特別支給金 <遺族(補償)給付の受給対象者>
遺族の人数にかかわらず、一律300万円
なし
遺族特別年金 <遺族(補償)年金の受給対象者>
遺族の人数等に応じ、算定基礎日額の153~245日分
なし
遺族特別一時金 <遺族(補償)一時金の受給対象者>
算定基礎日額×1000日分
なし
(死亡慰謝料) なし 本人分350万円
(死亡逸失利益) なし (年収または年相当額-生活費)×死亡時の年齢における就労可能年数のライプニッツ係数
葬祭料 「31万5000円+給付基礎日額×30日分」と「給付基礎日額×60日分」の多いほう 60万円
※立証可能な場合100万円まで
介護(補償)給付 ・被害者が常時または随時要介護の状態に該当する
・その他条件による
なし
特別受給金 <二次健康診断等給付>
条件に該当する者
なし

※通勤災害と業務災害で項目名が異なります。(補償)が該当するのは、業務災害の場合です。

労災を使う場合の注意点

労災を使う場合は健康保険が使えない

通勤中・勤務中に怪我をした場合は、健康保険を使用することができません。このことは法律で決められていることであり、必ず労災申請をする必要があります。

労働中の怪我は、健康保険が適用される「労働者の業務に起因しない怪我(私傷病)」とは扱いが異なります。そのため、交通事故が通勤災害や業務災害として認められる場合は、「健康保険が使えない」「労災申請を行う」ことを覚えておきましょう。

治療先が労災保険指定医療機関である場合とそうでない場合

通勤中・勤務中の交通事故による怪我の治療は、できるだけ厚生労働省が指定した労災保険指定医療機関を受診するようにしましょう。

労災保険を使用する場合、その補償請求は所属する会社を管轄する労働基準監督署に対して行います。労災保険指定医療機関がその請求手続を行うため、被害者は、窓口で費用を負担することなく治療を受けることができます。また、労災保険は、自賠責保険のような補償上限額の設定がないため、納得がいくまで治療を継続することが可能です。

労災保険指定医療機関ではないけれども、労災を取り扱う病院に通った場合には、被害者は一旦窓口で費用を全額負担した後、自身で管轄の労働基準監督署に労災申請を行い、補償を受けることになります。

病院側に労働災害である旨を伝える

通勤中・勤務中の交通事故で怪我を負った場合は、治療を受ける医療機関に対して、必ず受傷背景を説明し、労災保険での診療を希望する旨を伝えましょう。

受診先の医療機関が、労災保険指定医療機関であってもそうでなくても、補償を受けるうえで提出書類の記載等に協力していただく必要があるからです。手続関係をスムーズに行うためにも、受傷した怪我が「労働災害による」ことを予め伝えておくことが重要です。

労災の交通事故を弁護士に相談するメリット

労災保険は、その仕組みを理解しておくことで、損害補償において得することが多いです。

例えば、労災保険は治療費の上限がなく全額を補償してくれるので、過失割合が大きい場合や治療費が高額になるような場合等、納得のいくまで治療を継続することができます。また、自賠責保険との組み合わせによってプラスαの補償を受けられる可能性があります。他にも、後遺障害等級の審査においては、自賠責保険は原則、書類審査であることに対して、労災保険は面談を行ってくれるため、より後遺症の症状を伝えやすいといったメリットがあります。

労災保険のデメリットとしては、手続が煩雑で、自賠責保険や任意保険との補償の組み合わせの判断が難しいことが挙げられます。また、通勤中・勤務中の交通事故の場合、労災保険を先行させるか自賠責保険を先行させるかは、給付される金額・期間・後遺障害等級認定の難易度が労災保険と自賠責保険とで異なるため、弁護士でも悩むところです。

煩雑な手続や専門的な見解が必要な場合、交通事故案件に特化した弁護士は、豊富な経験を生かして対応していくことが可能です。労働中の交通事故でお悩みの方は、一度弁護士への相談を検討してみてはいかがでしょうか。

交通事故事件の経験豊富な
弁護士が全面サポート

増額しなければ成功報酬は頂きません

弁護士費用特約を使う場合
本人原則負担なし※保険会社の条件によっては
本人負担が生じることがあります。

弁護士報酬:成功報酬制

  • 着手金0円
  • 相談料0円
  • 弁護士費用後払い

※死亡・後遺障害認定済みまたは認定が見込まれる場合

※事案によっては対応できないこともあります。

※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

まずは交通事故専門の受付スタッフが
丁寧にお話しをお伺いいたします

関連記事はこちら

無職の逸失利益主婦の逸失利益について休業損害を請求するのに重要な休業損害証明書について休業損害について詳しく説明します交通事故における逸失利益とは交通事故の慰謝料を家族が請求する2つのケースについて交通事故で5ヶ月通院した場合の慰謝料と相場について同乗者の過失責任。慰謝料請求と過失による減額通院日数が少ない場合でも適正な慰謝料を請求できる?交通事故の慰謝料に不服があるとき、最終手段は『裁判』交通事故の治療費を請求する方法と治療費打ち切りへの対応交通事故で主婦が被害者だった場合の慰謝料と休業損害についてもらい事故の慰謝料治療費打ち切り後の通院、交通費は払ってもらえる?交通事故の慰謝料、コレで妥当なの?慰謝料の正しい相場をご紹介します!一目でわかる!慰謝料相場の早見表子供が交通事故に遭った場合の慰謝料相場被害者請求ってなに?!最低限の賠償金は自分で確保できる | 交通事故 慰謝料第三者行為による傷病届のメリットと治療の継続について通院4ヶ月の慰謝料はどれくらい?慰謝料の支払い時期と振り込まれるまでの流れ自賠責限度額は120万!慰謝料計算方法と被害者請求保険会社の言うままに症状固定にすると慰謝料が減る可能性あり治療中に転院する方法と整骨院に転院したい場合の注意点交通事故が原因で退職した場合の慰謝料妊婦が交通事故にあい、中絶・流産した場合の慰謝料交通事故の付き添い費も請求可能!認定要件と相場を解説有給休暇で休んだ場合の休業損害は支払われるか交通事故の被害者が自営業者だった場合の慰謝料について交通事故被害者が公務員だった場合の慰謝料とは症状固定|賠償額への大きな影響と後悔しないためのポイント交通事故の慰謝料が1日8400円のケース交通事故の慰謝料で1日4200円は最低提示額!増額の可能性あり交通事故の被害に遭いカットされたボーナスを請求する方法交通事故の被害時にアルバイトだった場合の慰謝料と休業損害についてバイク事故のケース別過失割合と慰謝料交通事故の被害時にパートだった場合の慰謝料と休業損害について交通事故で通院期間6ヶ月だった場合の慰謝料について弁護士基準の慰謝料比較と高額請求のポイント交通事故の通院費と請求方法慰謝料算定表でみる自賠責と弁護士基準の金額比較交通事故による精神的苦痛に対する慰謝料として認められているもの3つの算定基準と計算例 | 算定で使用する赤本・青本の違い慰謝料を損しないために示談で注意すべきこと弁護士への依頼で慰謝料が増額する理由 | 弁護士選びのポイント交通事故の慰謝料が少ない理由と適正な慰謝料を知る方法リハビリでの通院と慰謝料請求時の注意点交通事故の慰謝料を自分で計算できる?慰謝料の計算方法を分かりやすく解説します!交通事故の被害者が高齢者の場合の慰謝料について交通事故で無職、失業中に被害に遭った場合の慰謝料と休業損害について交通事故の被害者が会社役員だった場合の慰謝料と休業損害交通事故の慰謝料で歩行者に過失があった場合交通事故の治療費請求が認められない場合の注意点自転車で交通事故に遭った場合の慰謝料について交通事故に遭い通院することに…慰謝料への影響は?通院に関する疑問を解決!交通事故の被害者が中学生だった場合の慰謝料について交通事故で対車の被害に遭った場合の慰謝料について残業代も請求できる?休業損害として請求するために必要なもの高校生の交通事故|慰謝料の特徴と裁判例交通事故の怪我で後遺症が残ってしまった場合の慰謝料について慰謝料がもらえるまでの期間と早く欲しい場合の注意点交通事故に学生が被害にあった場合の慰謝料について会社員だった場合の交通事故の慰謝料と休業損害整骨院の通院で慰謝料と治療費を請求するポイント