メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

感染症対策のため来所不要の電話相談実施中

交通事故慰謝料が支払われるまでの期間と早期支払いの事例

弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治
監修 弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates執行役員
監修 弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates執行役員

交通事故被害における慰謝料請求は、「いつ」「どこで」「誰から」「どのように」「どれくらい 」受け取れるのか、といった様々な疑問があるかと思います。このページでは、その中でも「いつ」という「慰謝料がもらえるまでの期間」に着目し、詳しく解説していきます。

交通事故の慰謝料がもらえるまでの期間

交通事故に遭っても、すぐに慰謝料を請求できるわけではありません。通常、慰謝料がもらえるのは示談が成立した後になります。通院が終了していない場合は慰謝料の算定もできないため、仮に4ヶ月間通院をした場合には、慰謝料を受け取ることができるのは事故から4ヶ月より後になります。また、慰謝料の金額に争いがあれば 示談が成立しないため、なかなか慰謝料をもらうことができません。
ただ、交渉次第では、示談が成立する前に内払いとして慰謝料の前払いを受けられることもあります。

通院期間の目安

慰謝料がもらえる時期は、怪我の治療のための通院期間によって異なります。そして通院期間は、受傷した怪我の程度によって異なります。

暗黙の認識として「DMK136」というフレーズがあり、通院期間の目安をD(打撲)1ヶ月、M(むちうち)3ヶ月、K(骨折)6ヶ月とする保険会社が多いです。これらを目途に治療費の打ち切りの打診を受けることもありますが、あくまでも目安であり、必ずしも通院を終了しなければならないわけではありません。医師の診断のもと、症状に見合った通院を行うようにしましょう。

示談交渉開始までの期間

示談交渉開始のタイミングは、次の3つが想定できます。

まず1つ目は、通院のみの場合です。後遺症が残ることなく完治した場合は、すぐに示談交渉を始めることが可能です。

2つ目は、後遺障害等級認定の申請を行う場合です。残存する症状が後遺障害として認定されるか否かという結果によって、慰謝料を含む損害賠償金額が変動します。そのため、認定結果が手元に届いた段階で示談交渉を始めることになります。

3つ目は、死亡事故の場合です。葬儀費用も損害賠償項目に含まれることに加えて、個人や遺族への配慮から、四十九日を迎えてから示談交渉を開始することが多いです。
ただし、それぞれのタイミングにおいて注意点があります。

慰謝料の請求ができる期間

慰謝料の請求ができる期間には、期限があることに注意しましょう。つまり「時効」とされるもので、原則、民法の初日不算入の概念のもと翌日起算となり、物損事故は3年、人身事故は5年で時効となります。物損のみまたは完治した場合は事故発生日、後遺障害が残った場合は症状固定日、死亡事故の場合は死亡日等、態様によって起算日が異なるのが特徴です。

また、治療が長引く等の事情から時効を迎えてしまいそうな場合には、「時効の完成猶予」「時効の更新」 という手続を行うことで時効延長が可能となります。

※:民法改正後の内容を反映しています。令和2年4月1日より前に改正前の消滅時効の期間(3年間)が経過している場合は、適用されません。

弁護士が適正な期間で慰謝料を請求できるようアドバイスします

交通事故は多種多様であり、ひとつとして同じものはありません。ご自身の事故態様において、示談交渉を開始する「ベストなタイミング」を見極めることは、素人にとって非常に難しいこと です。
その点、交通事故事案に精通した弁護士は、時効といった期限管理への配慮や、適切な通院期間のアドバイス等を提供できます。弁護士は、お一人お一人に最適なタイミングで示談交渉を開始できるように努めますので、少しでも不安を感じた際には、ぜひ一度ご相談ください。

まずは交通事故の受付スタッフが
丁寧にお話しをお伺いいたします

早く慰謝料が欲しい場合の注意点

治療期間が長くなり、治療費がかさんでくると、急いで示談交渉を進めたくなる気持ちになる方もいらっしゃるでしょう。しかし、示談成立後に新たな請求をするのは難しいことから、急いで示談を進めてしまうと本来受け取ることができた適正な慰謝料等を受け取れないことがあります。適正な金額を受け取るには、適切 な治療を受け、示談交渉を開始するタイミングを見極めることが重要です。
また、交渉次第で、示談成立前に慰謝料の前払い・仮払いを受けられる場合があります。

示談までの期間に慰謝料の前払い・仮払いを受けるには

示談交渉を開始するまでに相当な期間を要し、その間の生活が困窮してしまうような事態を避けるため、自賠責保険に対する被害者請求の一種で「仮渡金請求」や、治療費については任意保険の「一括対応」といった手続が選択できます。

慰謝料等の 前払いについて

スムーズな慰謝料請求のために弁護士へ相談しましょう

突然の交通事故の被害者となり、怪我の治療に加えて示談交渉を行うことは、かなりの苦痛が伴うことでしょう。
慰謝料を含む損害賠償の請求権には時効があり、期限管理にも配慮しなければならないうえ、治療が長引くことで治療費や生活費に困窮してしまう二次的被害が生じか ねません。治療費等の前払い・仮払いも可能ですが、手続が煩雑だったり、メリット・デメリットがあったりします。何を選択するのがご自身にとってベストな対応なのか、素人目には判断が難しいといえるでしょう。

そこで、専門家からのアドバイスが受けられる「弁護士への相談」を選択してみませんか?経験豊富な弁護士は、被害者の方にとってベストな選択ができ、スムーズな慰謝料請求のために尽力します。お困りの際は、ぜひ気軽にご相談ください 。

交通事故の慰謝料を決めるために必要なことと注意点

入通院慰謝料の算定

入通院慰謝料とは、事故による怪我の痛みや入通院による精神的な苦痛に対して支払われるもので、怪我が完治または症状固定するまでの治療期間をもとに算定します。そのため、早く受け取るために治療を終えてしまうと、治療期間も短くなるため、受け取れる金額が減額されてしまいます。また、3つの算定基準ごとに 、症状の程度等によって金額が異なるのが特徴です。

通院期間・日数が慰謝料に与える影響とは

後遺障害慰謝料の請求

後遺障害慰謝料を確実に受け取るには、これ以上治療を続けても完治することはない状態であることを証明する、後遺障害等級認定を受けましょう。認定の有無や等級で慰謝料の金額は変わるため、受取りを早めるために適正でない等級で交渉を進めてしまうと、損をしてしまうおそれがあります。

後遺障害等級を認定されたい人がすぐに確認すべき4つのこと

死亡慰謝料の請求

死亡慰謝料は、事故により死亡した被害者とそのご遺族のそれぞれが受けた精神的な苦痛に対するものであり、被害者が死亡した時点で算定することができます。ただし、葬儀費用や死亡逸失利益等も併せて請求することができるため、焦って受取り期間を早めてしまわないように注意しましょう。

死亡事故の慰謝料相場

慰謝料には3つの算定 基準があります

慰謝料には、①自賠責基準、②任意保険基準、③弁護士基準の3つの算定基準があります。なかでも、最低限の補償である①と、過去の裁判例に基づいて定められた③では、請求できる金額に 大きな差が出ることが多くあり ます。

算定基準による慰謝料額の違い

ALGへの依頼で早期解決に至った解決事例

ご依頼から約1ヶ月で約125万円の増額に至った事例

ご依頼者様は、後遺障害等級14級9号の認定を受けていて、保険会社から提示を受けた過失割合に疑問を持ちつつ、早期解決を望まれてご相談にいらっしゃいました。
事案を精査したところ、提示を受けた過失割合も、慰謝料を弁護士基準 の9割とする回答額も、ご依頼者様にとって不利に働くおそれがありました。早期解決を望まれていたことから、保険会社からの回答額にて示談となり、ご依頼いただいてから1ヶ月程度で解決に至りました。

約5日で賠償金を増額し早期解決に至った事例

ご依頼者様は、むちうちを受傷され、主に接骨院の施術を受けていました。人損の交渉について早期解決を望まれてご依頼いただきました。
保険会社からの入通院 慰謝料の提示額は、弁護士基準と比較して非常に低額である約70万円で、弊所との主な争点となりました。接骨院への通院という点が治療の必要性に疑問が生じるとして、調査を要する関係で時間がかかることの主張を受けました。
ご依頼者様は早期解決を望まれていたため、物損の示談過程での保険会社の問題も含めて交渉し、約5日で95万円に増額させ、解決に至りました。

できるだけ早く慰謝料を受け取るには弁護士への依頼が必要不可欠!

保険会社の提案のままに示談を受けた場合、弁護士基準で慰謝料を受け取ることは困難であり、また適切な請求をすることができません。保険会社の提案をそのまま受け入れるのであれば、すぐに示談が成立しますが、納得できない場合に個人で交渉すると、どこまで主張すべきか、どのようなことを立証すべきかの判断がつかず、交渉が長引いてしまいます。
交通事故を扱っている弁護士に依頼すれば、特殊な事情がなければ1~2ヶ月程度で示談が成立することがほとんどです。

また、弁護士に依頼した場合、後遺障害等級認定を受けるためのサポートの他に、一般の方が慣れない保険会社とのやりとり、必要な書類の収集、提出の後、円滑に慰謝料を受け取ることができる等、適正な金額でスムーズな交渉を行うことが可能です。
示談交渉のタイミングや示談内容にお困りの方は、すぐに弁護士に相談されることをおすすめします 。

交通事故弁護士 TOPページへ

まずは交通事故の受付スタッフが
丁寧にお話しをお伺いいたします

増額しなければ成功報酬は頂きません

交通事故事件の経験豊富な
弁護士が全面サポート

増額しなければ成功報酬は頂きません

弁護士費用特約を使う場合
本人原則負担なし※保険会社の条件によっては
本人負担が生じることがあります。

弁護士報酬:成功報酬制

  • 着手金0円
  • 相談料0円
  • 弁護士費用後払い

※死亡・後遺障害等級認定済みまたは認定が見込まれる場合

※事案によっては対応できないこともあります。

※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

交通事故弁護士 TOPページへ

その他交通事故 慰謝料に関する記事

交通事故 慰謝料交通事故により軽傷を負った場合の慰謝料の相場について交通事故に遭ったときに知っておきたい3つの基準交通事故に遭ったらどうする?3つの解決方法交通事故の遅延損害金について詳しく説明します交通事故慰謝料の税金について8ヶ月通院した場合の交通事故慰謝料について交通事故により7ヶ月通院した場合の慰謝料について交通事故紛争処理センター(ADR)とは?示談交渉がうまくいかないとき活用する方法休業補償とは|労災から支給を受ける方法交通事故の慰謝料を家族が請求する2つのケースについて交通事故で5ヶ月通院した場合の慰謝料と相場について通院日数が少ない場合でも適正な慰謝料を請求できる?交通事故の慰謝料で裁判に至るケースや期間交通事故の治療費を請求する方法と治療費打ち切りへの対応交通事故で労災を使う場合の注意点もらい事故の慰謝料治療費打ち切り後の通院でも交通費を支払ってもらえるか交通事故の慰謝料相場と金額比較子供が交通事故に遭った場合の慰謝料相場被害者請求の方法やメリット・デメリットを解説第三者行為による傷病届のメリットと治療の継続について通院4ヶ月の慰謝料はどれくらい?慰謝料の支払い時期と振り込まれるまでの流れ自賠責保険のしくみ | 限度額120万円に含まれるもの保険会社の言うままに症状固定にすると慰謝料が減る可能性あり治療中に転院する方法と整骨院に転院したい場合の注意点妊婦の交通事故 | 流産や胎児死亡の慰謝料交通事故の付添費も請求可能!認定要件と相場を解説交通事故被害者が公務員だった場合の慰謝料とは症状固定と言われたら | 賠償額への影響について慰謝料が1日8600円(旧基準8400円)になるケース1日4300円(旧基準4200円)の交通事故慰謝料を増額するには6ヶ月の通院で貰える慰謝料とは?慰謝料は弁護士基準で計算を | 比較と請求のポイント交通事故の通院費と請求方法慰謝料算定表の使い方|弁護士基準の表を見る方法交通事故による精神的苦痛に対する慰謝料として認められているもの3つの算定基準と計算例 | 算定で使用する赤本・青本の違い慰謝料を損しないために示談で注意すべきこと弁護士への依頼で慰謝料が増額する理由交通事故の慰謝料が少ない理由と適正な慰謝料を知る方法交通事故でリハビリ通院、慰謝料を増額するには交通事故慰謝料の正しい計算方法交通事故の被害者が高齢者の場合の慰謝料について交通事故の治療費請求が認められない場合の注意点自転車事故の慰謝料|車と自転車などケース別に解説通院日数は交通事故慰謝料に影響する|通院の疑問に回答交通事故の被害者が中学生だった場合の慰謝料について交通事故で対車の被害に遭った場合の慰謝料について高校生の交通事故|慰謝料の特徴と裁判例交通事故の怪我で後遺症が残ってしまった場合の慰謝料について交通事故に学生が被害に遭った場合の慰謝料について整骨院での治療で慰謝料と治療費を請求するポイント