メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

交通事故で外傷性くも膜下出血になってしまったら

弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治

監修弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates 執行役員

「くも膜下出血」と耳にすると、漠然と、恐ろしい病気である、重症である、後遺症が残ると感じ、なかには死を連想される方もいらっしゃるのではないでしょうか。
「脳」という生きるうえで最も重要な器官に起こる疾患であるため、発症されたご本人やご家族に抱えるご不安は、とても大きなものだと思います。
くも膜下出血には、脳動脈瘤の破裂等による「器質性」と、頭を強く打ちつけた場合に発症する「外傷性」があり、それぞれ治療法が異なります。
ここでは、後者の交通事故による「外傷性くも膜下出血」に着目し、傷病の特徴、納得できる解決のためのポイント等を紹介していきます。

交通事故による外傷性くも膜下出血とは

脳には、生きていくうえで非常に重要な中枢神経が集まっています。
そのため、髪の毛や頭皮、頭蓋骨のほか、外側から「硬膜」、「くも膜」、「軟膜」という3層の膜で守られています。
くも膜下出血とは、くも膜の内側で出血が広がってしまっている状態のことをいいます。
交通事故で頭を強く打ちつけたりして発症した場合は「外傷性」であるため、頭部のどこかに傷や打撲痕があることが通常です。
衝撃が強いと、頭蓋骨骨折や脳挫傷、急性硬膜下下血腫、びまん性軸索損傷等を併発するおそれもあります。
また、受傷した部位、範囲、程度によって症状や治療法が異なり、重い傷病を併発すると後遺症が残ってしまうこともあります。
いずれにせよ、交通事故に遭って頭を強く打ってしまった場合は、早急に病院で検査を受けることが重要です。
受診先は、脳外科、脳神経外科、救急科で、「交通事故に遭い頭を打った」と伝えましょう。

くも膜下出血の検査と治療

くも膜下出血は、発症の原因が「外傷性」であるか「器質性」であるかによって、また、ほかの傷病の有無によって治療法が異なります。
そのため、まずは発症した原因を特定するための検査を行います。
受傷直後は、主に頭部CT検査でくも膜下出血の発症の有無や程度、併発している傷病の確認をします。
また、脳内MRI検査で、脳挫傷、脳動脈瘤、脳血管奇形の有無を確認したり、時間を置いて造影剤を使用し脳動脈瘤の有無を確認したりします。
くも膜下出血が軽度でかつ外傷性に起因している場合には、基本的に手術は行わず、自然治癒を待ちます。症状に応じて、鎮痛薬や利尿薬、抗けいれん薬を用いた対症療法が行われるケースもあります。
一方、ほかの傷病を併発し、命の危険があるような重症の場合には、手術が行われることがあります。
程度によっては後遺症が残ったり、長期のリハビリを要したりするケースもあります。
そのようなケースではリハビリ専門病院に転院することが多く、症状に応じて作業療法や心理療法、理学療法等が行われます。

外傷性くも膜下出血の症状

交通事故で頭を打ち、これまでに感じたことのないような「頭痛」、「吐き気」、「嘔吐」を経験した場合、外傷性くも膜下出血を発症しているおそれがあります。
頭痛については、痛さのあまり意識を失ってしまうこともあるため、特異なものであるとおわかりになると思います。
また、脳挫傷を併発している場合は、けいれんや手足の麻痺、感覚障害、意識障害といった症状が現れることがあります。
事故で頭を打った場合は、症状の有無にかかわらず、すぐに病院に行きましょう。

外傷性くも膜下出血の後遺障害

外傷性くも膜下出血を発症した場合、さまざまな機能を司っている脳を損傷しているおそれがあります。今日の医療では、一度損傷した脳を再生する技術はまだ確立されていません。
そのため、脳の損傷により後遺症が残ってしまうことがあります。代表的なものとしては、遷延性意識障害、高次脳機能障害、麻痺、視力障害、外傷性てんかん等が挙げられます。
それぞれの特徴と、該当する後遺障害等級ごとの慰謝料の相場をご紹介します。

遷延性意識障害

遷延性意識障害とは、しばしば「植物状態」と称される後遺障害です。
持続的な昏睡状態が続き、常時介護が必要となります。予後の自由を奪われてしまった被害者ご本人だけではなく、介護をしなければならないご家族の負担も非常に大きいといえるでしょう。
遷延性意識障害に関しては以下のページで詳しく解説していますので、ご参照ください。

交通事故による遷延性意識障害

請求できる慰謝料

等級 自賠責基準※1 弁護士基準
別表第1 第1級 1650万円 2800万円

※1:自賠責基準は新基準を反映しています。令和2年4月1日より前に発生した事故の場合は、旧基準が適用されます。

高次脳機能障害

高次脳機能とは、人間の認知機能・知的機能のことをいいます。
脳が損傷を受けたことによって、意思疎通能力、社会行動能力などが低下してしまったり、異常をきたしたりしてしまう障害が残るのが高次脳機能障害です。
「目に見えない障害」として、周囲からの理解を得ることや、症状の立証が難しい後遺症といわれています。
高次脳機能障害に関しては以下のページで詳しく解説していますので、ご参照ください。

高次脳機能障害について

請求できる慰謝料

等級 自賠責基準※2 弁護士基準
別表第2 第1級 1150万円 2800万円
別表第2 第2級 998万円 2370万円
第3級 861万円 1990万円
第5級 618万円 1400万円
第7級 419万円 1000万円
第9級 249万円 690万円

※2:新基準を反映しています。令和2年4月1日より前に発生した事故の場合は、旧基準が適用されます。

麻痺

脳の損傷により、体(四肢や顔面など)に麻痺が残ってしまうことがあります。
損傷した場所や損傷の程度によって、麻痺が起こる場所や重さも異なり、それにより後遺障害等級の何級に認定されるかも異なります。
詳しくは以下のページで解説していますので、ご参照ください。

交通事故による麻痺

請求できる慰謝料

等級 自賠責基準※3 弁護士基準
別表第1 第1級 1650万円 2800万円
別表第1 第2級 1203万円 2370万円
第3級 861万円 1990万円
第5級 618万円 1400万円
第7級 419万円 1000万円
第9級 249万円 690万円
第12級 94万円 290万円

※3:新基準を反映しています。令和2年4月1日より前に発生した事故の場合は、旧基準が適用されます。

視力障害

脳は、視力を司っている器官でもあります。脳の損傷部位が視力を司る部分(主に後頭部)だった場合、失明または視力低下の後遺症が残ることがあります。視力障害の程度によって、認定される後遺障害等級が変動します。

請求できる慰謝料

等級 自賠責基準※4 弁護士基準
別表第2 第1級 1150万円 2800万円
別表第2 第2級 998万円 2370万円
第3級 861万円 1990万円
第4級 737万円 1670万円
第5級 618万円 1400万円
第6級 512万円 1180万円
第7級 419万円 1000万円
第8級 331万円 830万円
第9級 249万円 690万円
第10級 190万円 550万円
13級 57万円 180万円

※4:新基準を反映しています。令和2年4月1日より前に発生した事故の場合は、旧基準が適用されます。

外傷性てんかん

交通事故によって脳が損傷したことにより、意識消失やけいれん、身体のこわばりといった症状が発生するケースがあり、これらの症状が出ることを総じて外傷性てんかんといいます。
一度発症してしまうと完治するのは困難といわれており、後遺症として残ってしまうおそれが非常に高い疾病でもあります。
詳しくは以下のページで解説していますので、ご参照ください。

交通事故によるてんかんと後遺障害

請求できる慰謝料

等級 自賠責基準※5 弁護士基準
第5級 618万円 1400万円
第7級 419万円 1000万円
第9級 249万円 690万円
第12級 94万円 290万円

※5:新基準で算出しています。令和2年4月1日より前に発生した事故の場合は、旧基準が適用されます。

交通事故による外傷性くも膜下出血の慰謝料の計算例

ここで、例を用いて自賠責基準と弁護士基準で慰謝料を計算してみましょう。ぜひ、その算出結果にもご着目ください。条件は、以下のとおりです。 【入院期間6ヶ月(180日)、通院期間8ヶ月(240日)、実通院日数210日、後遺障害等級5級2号(高次脳機能障害)】

自賠責基準

通院慰謝料 計算式は、「日額4300円※6×対象日数」です。対象日数は、「入院期間+通院期間」または「(入院期間+実通院日数)×2」のいずれか数字が小さいほうを採用します。そのため、例題の対象日数は、180日+240日=420日<(180日+210日)×2=780日なので、前者を採用します。

4300円×420日=180万6000円 >120万円

※自賠責基準の特徴として、「傷害による損害」に対する賠償額は120万円までという上限が設けられていることが挙げられます。そのため、今回は限度額の120万円にしています。

◆後遺障害慰謝料 618万円※7
◆慰謝料計 120万円+618万円=738万円

※6:令和2年4月1日より前に発生した事故の場合は、旧基準の日額4200円が適用されます。
※7:新基準で算出しています。令和2年4月1日より前に発生した事故の場合は、旧基準が適用されます。

弁護士基準の計算例

弁護士基準では、赤い本と呼ばれる『民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」という書籍に慰謝料の算定表があり、その表に基づき慰謝料を算出します。

◆入通院慰謝料 別表Ⅰに対応した結果、290万円
◆後遺障害慰謝料 1400万円
◆慰謝料計 290万円+1400万円=1690万円

以上のとおり、同じ事例でも自賠責基準では最大738万円であるのに比べて、弁護士基準では大幅な増額がみられます。
適用する基準の選択によって、結果が大きく左右されるとおわかりいただけるでしょう。

外傷性くも膜下出血と診断されたらご相談ください

外傷性くも膜下出血は、受傷した部位、範囲、程度や、併発した傷病によっては、重い後遺症を抱えるおそれがある疾患です。
後遺症が残ってしまった場合、被害者ご本人だけではなく、ご家族にも大きな負担がかかることが懸念されます。
交通事故により奪われてしまった予後の自由や、ご家族が抱えていく負担について、適正に賠償を受けるべきです。
とはいえ、相手方が提示する賠償額が妥当であるのか、認定された後遺障害等級は適正なものであるのか等、さまざまな疑問や不安がおありかと思います。
そのようなとき、交通事故と医療の両分野に精通した弁護士に依頼されることをおすすめします。
脳に関する疾患は、示談交渉において賠償額をめぐり高度な医学論争に発展することも多く、医学的知見が非常に重要となります。
納得のできる解決を目指すためにも、ぜひ弁護士への相談・依頼をご検討ください。

外傷性くも膜下出血が交通事故との因果関係を認められた裁判例

ここで、外傷性くも膜下出血が交通事故との因果関係を認められた裁判例を紹介します。

【大阪地方裁判所 平成29年2月8日判決】

<事案の概要>

本件交通事故は、交通量の多い片側2車線の道路で、被告車(普通乗用車)が原告車(原動機付自転車)の右ハンドルに接触し、原告者を転倒させたというものです。
原告は、右硬膜外血腫、左硬膜下血腫、外傷性くも膜下出血、右鎖骨骨折、骨盤骨折当を受傷し、後遺症が残ったとして、被告に対して損害賠償を請求しました。
事故直後は重篤な意識障害があり、症状固定時(それ以上治療を続けても症状は改善されないと医師に診断された状態)には日常生活において見守りを要する状態であったことから、将来介護費の日額や、近親者固有の慰謝料、その他事故態様を巡り、過失割合等が主な争点となりました。

<裁判所の判断>

裁判所は、本件事故によって外傷性くも膜下出血、左硬膜下血腫、右硬膜外血腫に起因する左側頭葉、前頭葉の脳挫傷等を認め、原告に残った高次脳機能障害および身体性機能障害は、後遺障害等級3級3号と認めるのが相当であると判断しました。
右顔面麻痺については12級14号、右難聴については14級3号に相当するとし、総じて併合2級に該当すると判断を下しました。
加えて、将来介護費は日額6500円、原告の夫や子供2人に対しそれぞれ近親者固有の慰謝料を認めました。
また、目撃者の証言や車両の損傷具合から、原告の過失割合は50%が相当であるとし、その結果、被告に対し原告の損害として5468万145円、夫の損害として110万円、子供2人の損害としてそれぞれ27万円の賠償を命じました。

交通事故弁護士 TOPページへ

まずは交通事故の受付スタッフが
丁寧にお話しをお伺いいたします

交通事故被害者専用ダイヤル全国対応

0120-790-073

24時間予約受付・年中無休・通話無料

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

24時間予約受付・年中無休・通話無料

※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治
監修 弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates執行役員
監修 弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates執行役員
保有資格弁護士(愛知県弁護士会所属・登録番号:41560)
増額しなければ成功報酬は頂きません

交通事故事件の経験豊富な
弁護士が全面サポート

増額しなければ成功報酬は頂きません

弁護士費用特約を使う場合
本人原則負担なし※保険会社の条件によっては
本人負担が生じることがあります。

弁護士報酬:成功報酬制

  • 着手金0円
  • 相談料0円
  • 弁護士費用後払い

※死亡・後遺障害等級認定済みまたは認定が見込まれる場合

※事案によっては対応できないこともあります。

※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

交通事故弁護士 TOPページへ

その他後遺障害に関する記事

後遺障害後遺障害診断書の作成時に必ず自覚症状を正確に伝えましょう労災と自賠責の両方に後遺障害の申請をすることはできるのか後遺障害の基準となる手のひら大について解説いたします後遺障害等級の認定率について交通事故で腎臓に後遺障害が残ったら交通事故によるうつ病と後遺障害認定交通事故による脾臓損傷の後遺障害交通事故後の足のしびれと後遺障害交通事故による肋間神経痛と後遺障害交通事故で神経痛の後遺障害が残ることはあるのか後遺障害等級10級の症状と慰謝料 | 認定されるためには交通事故で足切断した場合の慰謝料交通事故による動揺関節と後遺障害自律神経失調症と後遺障害認定交通事故で内臓破裂した時の後遺障害について後遺障害等級14級の症状と慰謝料人工関節置換の後遺障害について後遺障害等級12級の症状と慰謝料末梢神経障害を後遺障害として認めてもらうには交通事故で骨折したら | 慰謝料や後遺障害が残った場合について足の痛みの原因と後遺障害外貌醜状|交通事故で傷跡が残った場合の後遺障害RSD、CRPSによる疼痛の種類と後遺障害等級全身打撲は後遺障害になるのか?緑内障における後遺障害と視野障害・視力障害の慰謝料骨挫傷は後遺障害に認定される?交通事故で聴力障害が発症した場合の後遺障害と慰謝料について後遺障害の併合とは|慰謝料への影響ふらつきが続く場合の原因と後遺障害交通事故で腰部脊柱管狭窄症になった時の後遺障害腱板損傷と後遺障害パニック障害は後遺障害になるのかTFCC(三角繊維軟骨複合体)損傷と後遺障害しびれの原因と後遺障害股関節唇損傷と後遺障害についてPTSDは後遺障害として認定されるのか?遷延性意識障害になってしまったら胸郭出口症候群と後遺障害偽関節と後遺障害について後縦靭帯骨化症(OPLL)とは? 交通事故との関係について関節に可動域制限が残った場合の後遺障害 | 可動域検査について意識不明の状態が続いてしまった場合肺挫傷と後遺障害について耳鳴りは後遺障害等級認定される可能性あり運動障害になる原因と後遺障害等級車椅子が必要になった時の費用は相手に請求できる?交通事故後、吐き気が続いて気持ち悪い…後遺障害として認められるのか交通事故で腕が上がらなくなったら後遺障害等級認定されるのか?交通事故による握力低下と後遺障害の解説びまん性軸索損傷の解説│症状や後遺障害など交通事故による【麻痺】と後遺障害について交通事故後の腰痛の原因と後遺障害交通事故後の眼振と併発する傷病の後遺障害と慰謝料について半月板損傷の症状と後遺障害手のしびれで疑うべき後遺障害バレリュー症候群の治療法と後遺障害について脊髄損傷の後遺障害 | 認定に必要な検査交通事故の後遺症が残りそうだと診断された場合の対処法膝の痛みは後遺障害認定される?認定要件と慰謝料椎間板ヘルニアの後遺障害と認定に必要な因果関係嗅覚障害の後遺障害と慰謝料交通事故後に認知症を発症した場合の因果関係交通事故による後遺症の種類後遺障害診断書の書き方で等級認定が変わる! | 医師が書いてくれないときの対応後遺障害が認定されない理由と非該当だった場合の対応咀嚼の機能障害と慰謝料後遺障害逸失利益を計算する方法後遺症が残り慰謝料請求したい時は | 後遺障害等級認定申請方法ストレートネックの症状と後遺障害・むちうちとの違い交通事故と頚椎ヘルニア|後遺障害認定のポイント腰椎捻挫の後遺障害|しびれが残る場合の慰謝料顎関節症の後遺障害と慰謝料|神経症状・開口障害片頭痛の原因は「むちうち」の可能性あり|認定される等級と慰謝料高次脳機能障害の症状|後遺障害認定のポイント後遺障害等級の異議申立て | 等級に納得いかない場合の方法複視になる原因と後遺障害と慰謝料交通事故後の頭痛と関係する後遺障害と慰謝料交通事故で脳挫傷になってしまったら脳損傷の後遺障害|交通事故による症状について交通事故後のてんかんの後遺障害と慰謝料について交通事故で坐骨神経痛が発症した時の慰謝料と後遺症について交通事故で脳震盪になった場合の症状と慰謝料について交通事故で脳脊髄液減少症になった時の慰謝料と治療法、原因について交通事故で脳出血を起こした場合の慰謝料と後遺症についてめまいの原因はむちうち?!交通事故の影響とは交通事故後に脳梗塞になった場合の慰謝料と因果関係について靭帯を損傷した場合の慰謝料と後遺障害認定のポイント