メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

骨挫傷は後遺障害に認定される?

弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治
監修 弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates執行役員
監修 弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates執行役員

交通事故により骨折や脱臼といった怪我を負ってしまい、関節の機能に障害が残ってしまうことはよくあります。 骨挫傷という言葉が耳慣れないと思いますが、骨挫傷と診断された場合、後遺症が残ることはあるのでしょうか。 後遺障害等級認定の可否に着目しながら、説明していきます。

骨挫傷と診断された場合の対処

骨挫傷というと骨折と混同しがちですが、骨折が骨の連続性が断たれた状態を指すのに対し、骨挫傷は骨の連続性がある点で異なります。 骨挫傷とは、骨が交通事故等による強い衝撃を受けたために、連続性を保ちつつも内部の組織が損傷し出血してしまった状態をいいます。つまり、骨折に至らない程度で骨の内部が傷ついている状態を骨挫傷と考えていただければよいと思います。特に、膝関節や足関節、手指の中手骨でみられることが多いです。 骨挫傷と診断されたら、病院で適切な治療を受けましょう。骨挫傷は、程度によって完治までの期間が大きく異なります。軽症ならば1週間程度で完治する場合もありますが、骨折に近い骨挫傷だと、完治まで2~3ヶ月近くかかる場合もあります。ある程度治療を続けても完治しない場合には、後遺症が残る可能性があるため、後遺障害等級認定の申請の準備をしましょう。

骨挫傷の治療法

骨挫傷の基本的な治療法は、安静にすることです。 受傷してから初期段階(24~72時間)の治療としては、RICE療法がとられることが多いです。RICE療法とは、氷嚢等を患部に密着させ冷やしながら、患部を心臓より高い位置に上げ、血流の滞りによる鬱血を防ぎ安静にする治療法です。 他には、安静にすることと並行して、患部に超音波を照射する超音波治療や、標準より気圧と酸素濃度を上げたカプセル内で全身を加圧する酸素カプセルといった、骨に対して外部から働きかける治療法が選択されるようにもなっています。 さらに、こうした治療に加えて、骨内部の炎症を鎮めるために消炎剤等の投与が行われることもあります。

骨挫傷の症状

骨挫傷は、膝関節や足関節、手指の中手骨といった、屈曲する(関節を曲げた)際に動く部位に生じることが多いため、屈曲時に痛みがみられることが多いです。 また、安静時にも、骨内部の出血や炎症に伴う腫脹(腫れ)や熱感覚があります。

骨挫傷で認定される可能性のある後遺障害等級と慰謝料

骨挫傷では、骨内部の損傷により炎症や出血が起こり、痛みが発生します。 なお、膝関節や足関節といった関節部分に生じることが多いものの、可動域制限のような機能障害が認定されることはほぼありません。そのような症状がみられる場合には、他の障害が合併して生じている可能性があります。 骨挫傷で認められる可能性のある後遺障害の症状は、12級13号「局部に頑固な神経症状を残すもの」もしくは、14級9号「局部に神経症状を残すもの」という神経症状のみです。

神経症状

神経症状とは、神経の圧迫や損傷によって生じる、痛みやしびれ、麻痺等の症状をいい、他覚所見がある等、医学的に症状を証明できる場合には12級13号が認定され、医学的説明に留まる場合には14級9号が認定される可能性があります。 骨挫傷は、MRI画像検査により、器質的損傷が確認できることが多いです。しかし、交通事故との因果関係が認められる場合でも、2~3ヶ月という比較的短期間で快方に向かうことが多い軽度の怪我とみなされがちなことに加え、症状固定時には骨が修復されて器質的損傷がみられないことが多いため、14級9号の認定に留まることが多いです。

請求できる後遺障害慰謝料

骨挫傷の場合に認められる可能性のある後遺障害等級と慰謝料の金額の表です。

等級 自賠責基準 弁護士基準
12級13号 93万円 290万円
14級9号 32万円 110万円

まずは交通事故専門の受付スタッフが
丁寧にお話しをお伺いいたします

骨挫傷で後遺障害等級を認定されるためのポイント

骨挫傷は骨内部の損傷のため、骨折とは異なり、通常のX線検査では確認できず、骨の異常を確認することに向いているCTでもなかなか確認できません。そのため、骨内部のように、水分の多い組織を確認することに向いているMRIによって診断する必要があります。 神経症状として後遺障害等級認定を受けるためには、まずは痛みの原因が現に存在していることを、MRI等の画像検査で証明できるように準備することが重要です。 加えて、受傷直後から一貫して痛みがあると訴えていることも重要です。 事故が重くない限り、MRI検査が早期に実施されることは少なく、痛みが継続することから、医師の指示でMRI検査を行い、事故からしばらくたった後、骨挫傷が発見されることがほとんどです。 ただ、適切な後遺障害等級認定を受けるためにも、痛みがなかなかひかない場合には、ご自身の症状をきちんと医師に伝えMRI検査をできる限り早期に実施できるようにしてください。また、医師から症状固定と診断されるまでは、3日に1回程度は、通院するようにしましょう。

弁護士法人ALGにご相談ください

骨挫傷は、一般に2~3ヶ月で快方に向かうといわれているため、後遺症が残っていても次第に症状は消失するだろうと考えられ、後遺障害等級が認定されないことが多いです。 しかし、実際に症状が残っているならば、後遺障害等級認定の申請を検討されるべきです。 もっとも、被害者の方ご自身で後遺障害等級認定の申請手続きを行ったり、異議申し立てをしたりして適切な等級認定を受けるのは、非常に大変ですし、難しいといわざるを得ません。 骨挫傷は、比較的軽度の怪我とされ軽視されがちですが、実際に被害者の方は日常生活を取り戻すことができず、苦しんでいます。そのため、後遺障害等級認定は容易ではなく、適切な賠償を受けられていない相談事案が多数ありますので、是非弁護士にご相談ください。特に、医療に強い弁護士、後遺障害等級認定申請の経験が豊富な弁護士へのご相談をお勧めいたします。 医療に強く、後遺障害等級認定申請の経験がある弁護士であれば、後遺障害等級認定の可能性を高めるためのアドバイスを差し上げることができます。 適切な後遺障害の認定を受け、適正な賠償を受けるためにも、後遺障害等級認定申請の経験があり、医療問題に強い弁護士が集まる弁護士法人ALGにご相談ください。

骨挫傷に伴う神経症状で後遺障害が認められた裁判例

【名古屋地方裁判所 平成28年(ワ)第3408号 損害賠償請求事件】

<事案の概要>

本事案は、横断歩道上を小走りで横断していた原告に対し、その右手方向から進行してきた被告の運転する普通乗用車が衝突し、原告が受傷したため、被告に対して損害賠償を請求したものです。 原告は、本件事故により、右肩腱板断裂、右上腕骨大結節剥離骨折等の傷害を負ったと主張しましたが、被告が否定したため争いとなりました。

<裁判所の判断>

裁判所は、以下の理由を挙げ、原告が、右上腕骨近位端骨挫傷の傷害を負ったと認められるが、腱板断裂(不全断裂)の傷害を負ったとは認められないと判断しました。 ①当初、原告の傷害について、A医師は腱板不全損傷、B医師は右上腕骨大結節剥離骨折とする診断をしていたものの、CT、MRI、超音波検査及び数種の神経学的検査の結果、「右上腕骨近位端骨挫傷」という診断に両名とも落ち着いたこと ②画像所見上、右上腕骨近位端骨挫傷の所見は陳旧性のもの(時間が経過しているもの)であったと認められるものの、撮影したのは事故から2ヶ月以上後であり、本件事故によって負った傷害であると認めても矛盾しないこと ③原告が本件事故以前に右肩の痛み等の症状を訴えて治療を受けていた事実はなく、本件事故の翌日に受診した際から右肩の痛みを訴えていたこと

次に、原告の右肩関節痛及び筋力低下の後遺障害の程度については、 ①原告の後遺症は、骨挫傷に起因して生じたものと理解できるものの、骨挫傷自体は時間の経過により治癒するものであること ②原告に残存する後遺症について他覚的所見はなく、他に原告の関節痛や筋力低下を他覚的に裏付ける所見があるとは認められないこと といった事情を考慮し、12級13号「局部に頑固な神経症状を残すもの」には至らず、14級9号「局部に神経症状を残すもの」に該当するに留まるとし、骨挫傷に基づく後遺障害として14級9号を認定しました。

交通事故弁護士 TOPページへ

まずは交通事故専門の受付スタッフが
丁寧にお話しをお伺いいたします

増額しなければ成功報酬は頂きません

交通事故事件の経験豊富な
弁護士が全面サポート

増額しなければ成功報酬は頂きません

弁護士費用特約を使う場合
本人原則負担なし※保険会社の条件によっては
本人負担が生じることがあります。

弁護士報酬:成功報酬制

  • 着手金0円
  • 相談料0円
  • 弁護士費用後払い

※死亡・後遺障害等級認定済みまたは認定が見込まれる場合

※事案によっては対応できないこともあります。

※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

交通事故弁護士 TOPページへ

その他後遺障害に関する記事

後遺障害後遺障害等級10級の症状と認定要件交通事故で足を切断した場合の後遺障害交通事故による下顎骨骨折と後遺障害交通事故による動揺関節と後遺障害自律神経失調症と後遺障害認定交通事故で内臓破裂した時の後遺障害について交通事故で外傷性くも膜下出血になってしまったら後遺障害等級14級の症状と慰謝料人工関節置換の後遺障害について後遺障害等級12級の症状と慰謝料末梢神経障害を後遺障害として認めてもらうには交通事故で骨折した場合の後遺障害足の痛みの原因と後遺障害外貌醜状の後遺障害についてCRPS , RSD(疼痛性感覚異常)の後遺障害全身打撲は後遺障害になるのか?緑内障における後遺障害と視野障害・視力障害の慰謝料交通事故で聴力障害が発症した場合の後遺障害と慰謝料について後遺障害の併合とは|慰謝料への影響ふらつきが続く場合の原因と後遺障害交通事故で腰部脊柱管狭窄症になった時の後遺障害腱板損傷と後遺障害パニック障害は後遺障害になるのかTFCC(三角繊維軟骨複合体)損傷と後遺障害しびれの原因と後遺障害股関節唇損傷と後遺障害についてPTSDは後遺障害として認定されるのか?遷延性意識障害になってしまったら胸郭出口症候群と後遺障害偽関節と後遺障害について後縦靭帯骨化症(OPLL)とは? 交通事故との関係について後遺障害の【可動域制限】とは?意識不明の状態が続いてしまった場合肺挫傷と後遺障害について耳鳴りは後遺障害等級認定される可能性あり運動障害になる原因と後遺障害等級車椅子が必要になった時の費用は相手に請求できる?交通事故後の吐き気は後遺障害として認められる?交通事故で腕が上がらなくなったら後遺障害等級認定されるのか?交通事故による握力低下と後遺障害の解説びまん性軸索損傷の解説│症状や後遺障害など交通事故による【麻痺】と後遺障害について交通事故後の腰痛の原因と後遺障害交通事故後の眼振と併発する傷病の後遺障害と慰謝料について半月板損傷の症状と後遺障害手のしびれで疑うべき後遺障害バレリュー症候群の治療法と後遺障害について脊髄損傷の後遺障害と治療法について交通事故の後遺症が残りそうだと診断された場合の対処法膝の痛みは後遺障害認定される?認定要件と慰謝料椎間板ヘルニアの後遺障害と認定に必要な因果関係嗅覚障害の後遺障害と慰謝料交通事故後に認知症が発症した場合の因果関係後遺症の種類 | 部位別の症状一覧後遺障害診断書 | 医師が書いてくれない時の3つの対処法後遺障害等級が非該当で認定されない時にやるべきこと咀嚼による機能障害の後遺障害と慰謝料後遺障害逸失利益とは|職種別の計算方法と増額ポイント後遺症が残り慰謝料請求したい時は | 後遺障害等級認定申請方法ストレートネックの症状と後遺障害・むちうちとの違い交通事故による頚椎椎間板ヘルニアの後遺障害について腰椎捻挫の慰謝料と請求できるもの顎関節症の後遺障害と慰謝料|神経症状・開口障害片頭痛の原因は「むちうち」の可能性あり|認定される等級と慰謝料高次脳機能障害|記憶障害をはじめとする8つの症状異議申し立てのやり方と弁護士依頼のメリット複視になる原因と後遺障害と慰謝料交通事故後の頭痛と関係する後遺障害と慰謝料交通事故で脳挫傷になってしまったら脳損傷の後遺障害|交通事故による症状について交通事故で、てんかんの後遺障害と慰謝料について交通事故で坐骨神経痛が発症した時の慰謝料と後遺症について交通事故で脳震盪になった場合の症状と慰謝料について交通事故で脳脊髄液減少症になった時の慰謝料と治療法、原因についてむちうち(頚椎捻挫)の症状が残ったら|後遺症の認定基準と慰謝料相場交通事故で脳出血を起こした場合の慰謝料と後遺症についてめまいの原因はむちうち?!交通事故の影響とは交通事故後に脳梗塞になった場合の慰謝料と因果関係について靭帯を損傷した場合の慰謝料と後遺障害認定のポイント