メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

感染症対策のため来所不要の電話相談実施中

後縦靭帯骨化症(OPLL)とは? 交通事故との関係について

弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治
監修 弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates執行役員
監修 弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates執行役員

後縦靭帯骨化症(OPLL)という傷病名を聞いたことはあるでしょうか?ご存知でない方もいらっしゃるかと思いますが、後縦靭帯骨化症は、交通事故と相まって重い後遺障害を残す可能性のある疾患です。 このページでは 、後縦靭帯骨化症の後遺障害等級認定のポイントに焦点を当てて、解説していきます。

後縦靭帯骨化症(OPLL)とは

後縦靭帯骨化症(OPLL :ossification of posterior longitudinal ligament)とは、後縦靭帯が骨化してしまう疾患です。後縦靭帯は、脊椎(背骨)を構成する骨である椎骨と椎骨間のクッションである椎間板の後ろ側に沿って、脊柱管の前壁を縦に伸びている靭帯です。後縦靭帯が骨化する範囲が広がると、脊柱管が狭窄して、脊髄や神経根が圧迫されるため、脊髄症状や神経症状が生じます。頚椎、胸椎、腰椎いずれの部分にも生じますが、頚椎に生じることが最も多いです。 発症の原因は明らかではありませんが、40 代以降の男性、特に糖尿病患者の方の発症が多いといわれています。また、それまで無症状だったものの、交通事故による傷害をきっかけに症状が発現することもあります。 厚生労働省により、特定疾患治療研究対象疾患(難病指定)とされており、治療費は公費負担とされています。

交通事故による後縦靭帯骨化症(OPLL)

後縦靭帯骨化症の原因は未だ解明されていませんが、交通事故による傷害が直接的な原因となって 発症することはないとされています。 しかし、後縦靭帯骨化症は、脊柱管を狭め脊髄や神経根を圧迫するため、少しの衝撃でも脊髄の損傷を引き起こし、後遺症の残存の原因となるおそれがあります。また、それまで無症状であっても、交通事故による衝撃で急激に悪化して症状が発現したり、事故後の検査で初めて診断されることもあります。 本来であれば脊髄損傷を生じることのない少しの衝撃によって、後遺症が残ってしまう場合があるため、後遺症の発生との因果関係が問題となりやすい疾患です。

後縦靭帯骨化症(OPLL)の症状

後縦靭帯骨化症では、後縦靭帯が骨化して脊柱管内の脊髄を圧迫し、脊髄症状や神経症状といった様々な症状を引き起こします。
引き起こされる症状は、主に①感覚神経、②運動神経、③自律神経に関連したものに分けられます。

①感覚神経
・手足のしびれ
・手足の痛み
・肩回りや指先の感覚障害

②運動神経
・運動障害
・歩行障害
・巧緻障害
例:箸をうまく使えない、字がうまく書けない、ボタンのかけ外しがうまくできない等

③自律神経
・膀胱直腸障害
例:尿失禁、便失禁、便秘、腎機能障害等

後遺障害等級と慰謝料

後縦靭帯骨化症は、交通事故により生じることはないとされています。そのため、そもそも交通事故との因果関係はないとして、交通事故による後遺障害の対象とはなりません。 ただし、交通事故により、手指のしびれや頚部の痛み、歩行障害といった脊髄症状や神経症状が生じた場合には、脊髄症状および 神経症状の後遺障害の対象となり得ます。

脊髄症状・神経症状

脊髄症状および 神経症状とは、脊髄や神経が圧迫・損傷して生じる、様々な症状をいいます。
主な脊髄症状としては、歩行障害や巧緻障害、膀胱直腸障害等があり、主な神経症状としては、手足のしびれや痛み、感覚障害等があります。

請求できる後遺障害慰謝料

脊髄症状および神経症状で、認められる可能性のある後遺障害等級と後遺障害慰謝料については、以下のとおりです。

等級 自賠責基準 弁護士基準
1級1号(別表第1) 1650万円 2800万円
2級1号(別表第1) 1203万円 2370万円
3級3号 861万円 1990万円
5級2号 618万円 1400万円
7級4号 419万円 1000万円
9級10号 249万円 690万円
12級13号 94 万円 290万円
14級9号 32万円 110万円

※自賠責基準は新基準を反映しています。令和2年4月1日より前に発生した事故の場合は、旧基準が適用されます。詳しくは、こちらをご覧ください。

自賠責保険の支払基準が変わりました

まずは交通事故の受付スタッフが
丁寧にお話しをお伺いいたします

後縦靭帯骨化症(OPLL)と素因減額

後縦靭帯骨化症を発症していた場合、通常より、脊髄を損傷するおそれが大きいといえます。そのため、交通事故前から後縦靭帯骨化症の症状があった場合や、後縦靭帯の骨化の度合いが年齢相応の状態より悪かった場合には、後縦靭帯骨化症が後遺症の残存に影響したとして、素因減額がされることがあります。 素因減額とは、交通事故前から被害者に存在していた既往症や身体的特徴、心因的な要因等の「素因」が、事故による損害の発生に寄与したり、損害を拡大させて しまったりした場合に、損害賠償額を減額することをいいます。 後縦靭帯骨化症を発症すると、脊柱管が狭まることで脊髄が圧迫され、少しの衝撃でも脊髄が傷つきやすい状態になるため、後縦靭帯骨化症は素因とみられることがあります。

素因減額の割合を少しでも減らすためには

後縦靭帯骨化症を発症しているすべての場合に素因減額が認められるわけではありません。 例えば、後縦靭帯の骨化の程度が年齢相応で、退行変性の限度を超えない場合や、そもそも脊髄を圧迫していた程度が大きくない場合には、素因減額が否定される、あるいは減額の程度が小さくなります。 したがって、後縦靭帯の骨化の程度が年齢相応であることや脊髄の圧迫度合いが小さいこと等を証明することで、素因減額の割合を少しでも減らすことができます。

お困りの方は弁護士への 相談がおすすめ

後縦靭帯骨化症は、素因減額により慰謝料等の減額が認められやすい疾患です。素因減額の割合を少しでも減らすためには、後縦靭帯の骨化が退行変性の限度を超えないことや脊髄の圧迫の程度が小さいこと等を証明する必要があります。しかし、証明には医療知識も要するため、被害者の方だけで行うのは難しいでしょう。 そこで、後縦靭帯骨化症での素因減額でお困りの方は、ぜひ医療に強い弁護士にご相談ください。素因減額の割合を減らす ための事実の証明には、医療知識と法的知識の両方が必要になりますが、医療に強い弁護士であれば、その両方を兼ね備えています。 素因減額の割合を減らし、適正な額の賠償金を受け取るためにも、医療問題に強い弁護士が集まる弁護士法人ALGにご相談、ご依頼ください。

後縦靭帯骨化症(OPLL)による素因減額を最小限に抑えた裁判例

第一事件・第二事件 大阪地方裁判所 平成26年4月10日判決

<事案の概要>

路外駐車場から本件道路に侵入した第一事件の原告(以下、本記事では「原告」と記載します。)車が、本件道路を走行中の第一事件被告(以下、本記事では「被告」と記載します。)車と衝突し、原告が外傷性頚部症候群や頸部挫傷等の傷害を負ったため、被告に対して損害賠償を請求した事案です。(なお、第二事件は、被告が乗っていた車両の所有者が原告に対し修理費の支払いを請求した事件です。) 原告は後遺障害の残存を主張しましたが、被告が、 ①頚椎の症状に関して他覚的所見がないこと
②原告が主張する椎間板の膨隆は、本件事故前に遭った事故(前件事故)で発症した後縦靭帯骨化症によるものと考えるのが合理的であること
を理由に後遺障害を否定したため、争いとなりました。

<裁判所の判断>

裁判所は、原告が、頸部痛や腰部痛、右手のしびれ等を訴え、医療機関の受診を継続していたこと、頚部CT検査で頚椎後縦靭帯骨化症と思われる石灰化像等が確認でき、頚椎後縦靭帯骨化症および頚椎骨製椎間孔狭窄症が診断されたことを踏まえ、原告が頚椎捻挫等の傷害を負い、残存した頸部痛や腰痛、右手のしびれ等の症状は後遺障害等級14級9号に当たると判断ました。 そして、素因減額の可能性および程度について、 ①前件事故後の検査にて、後縦靭帯骨化症の確定診断がされたとは認められないこと
②画像上脊柱管狭窄の所見はあるものの、脊髄や神経根への明らかな圧迫が認められるとの所見はないこと
といった理由を挙げ、後縦靭帯骨化症が原告の症状の経過や後遺障害の程度に影響を及ぼしたとは認められないと判断しました。 ただし、前件事故による後遺障害が影響したことは認められるとして、2割の素因減額を認める結果と なりました。 後縦靭帯骨化症による素因減額を回避し、素因減額による損害賠償金の減額を最小限に抑えた裁判例です。

交通事故弁護士 TOPページへ

まずは交通事故の受付スタッフが
丁寧にお話しをお伺いいたします

増額しなければ成功報酬は頂きません

交通事故事件の経験豊富な
弁護士が全面サポート

増額しなければ成功報酬は頂きません

弁護士費用特約を使う場合
本人原則負担なし※保険会社の条件によっては
本人負担が生じることがあります。

弁護士報酬:成功報酬制

  • 着手金0円
  • 相談料0円
  • 弁護士費用後払い

※死亡・後遺障害等級認定済みまたは認定が見込まれる場合

※事案によっては対応できないこともあります。

※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

交通事故弁護士 TOPページへ

その他後遺障害に関する記事

後遺障害後遺障害診断書の作成時に必ず自覚症状を正確に伝えましょう労災と自賠責の両方に後遺障害の申請をすることはできるのか後遺障害の基準となる手のひら大について解説いたします後遺障害等級の認定率について交通事故で腎臓に後遺障害が残ったら交通事故によるうつ病と後遺障害認定交通事故による脾臓損傷の後遺障害交通事故後の足のしびれと後遺障害交通事故による肋間神経痛と後遺障害交通事故で神経痛の後遺障害が残ることはあるのか後遺障害等級10級の症状と認定要件交通事故で足切断した場合の慰謝料交通事故による動揺関節と後遺障害自律神経失調症と後遺障害認定交通事故で内臓破裂した時の後遺障害について交通事故で外傷性くも膜下出血になってしまったら後遺障害等級14級の症状と慰謝料人工関節置換の後遺障害について後遺障害等級12級の症状と慰謝料末梢神経障害を後遺障害として認めてもらうには交通事故で骨折した場合の後遺障害足の痛みの原因と後遺障害外貌醜状の後遺障害についてRSD、CRPSによる疼痛の種類と後遺障害等級全身打撲は後遺障害になるのか?緑内障における後遺障害と視野障害・視力障害の慰謝料骨挫傷は後遺障害に認定される?交通事故で聴力障害が発症した場合の後遺障害と慰謝料について後遺障害の併合とは|慰謝料への影響ふらつきが続く場合の原因と後遺障害交通事故で腰部脊柱管狭窄症になった時の後遺障害腱板損傷と後遺障害パニック障害は後遺障害になるのかTFCC(三角繊維軟骨複合体)損傷と後遺障害しびれの原因と後遺障害股関節唇損傷と後遺障害についてPTSDは後遺障害として認定されるのか?遷延性意識障害になってしまったら胸郭出口症候群と後遺障害偽関節と後遺障害について後遺障害の【可動域制限】とは?意識不明の状態が続いてしまった場合肺挫傷と後遺障害について耳鳴りは後遺障害等級認定される可能性あり運動障害になる原因と後遺障害等級車椅子が必要になった時の費用は相手に請求できる?交通事故後、吐き気が続いて気持ち悪い…後遺障害として認められるのか交通事故で腕が上がらなくなったら後遺障害等級認定されるのか?交通事故による握力低下と後遺障害の解説びまん性軸索損傷の解説│症状や後遺障害など交通事故による【麻痺】と後遺障害について交通事故後の腰痛の原因と後遺障害交通事故後の眼振と併発する傷病の後遺障害と慰謝料について半月板損傷の症状と後遺障害手のしびれで疑うべき後遺障害バレリュー症候群の治療法と後遺障害について脊髄損傷の後遺障害 | 認定に必要な検査交通事故の後遺症が残りそうだと診断された場合の対処法膝の痛みは後遺障害認定される?認定要件と慰謝料椎間板ヘルニアの後遺障害と認定に必要な因果関係嗅覚障害の後遺障害と慰謝料交通事故後に認知症を発症した場合の因果関係交通事故による後遺症の種類後遺障害診断書の書き方で等級認定が変わる! | 医師が書いてくれないときの対応後遺障害が認定されない理由と非該当だった場合の対応咀嚼の機能障害と慰謝料後遺障害逸失利益を計算する方法後遺症が残り慰謝料請求したい時は | 後遺障害等級認定申請方法ストレートネックの症状と後遺障害・むちうちとの違い交通事故と頚椎ヘルニア|後遺障害認定のポイント腰椎捻挫の後遺障害|しびれが残る場合の慰謝料顎関節症の後遺障害と慰謝料|神経症状・開口障害片頭痛の原因は「むちうち」の可能性あり|認定される等級と慰謝料高次脳機能障害の症状|後遺障害認定のポイント後遺障害の異議申し立てにかかる期間や方法複視になる原因と後遺障害と慰謝料交通事故後の頭痛と関係する後遺障害と慰謝料交通事故で脳挫傷になってしまったら脳損傷の後遺障害|交通事故による症状について交通事故で、てんかんの後遺障害と慰謝料について交通事故で坐骨神経痛が発症した時の慰謝料と後遺症について交通事故で脳震盪になった場合の症状と慰謝料について交通事故で脳脊髄液減少症になった時の慰謝料と治療法、原因についてむちうちの後遺症 | 種類と症状交通事故で脳出血を起こした場合の慰謝料と後遺症についてめまいの原因はむちうち?!交通事故の影響とは交通事故後に脳梗塞になった場合の慰謝料と因果関係について靭帯を損傷した場合の慰謝料と後遺障害認定のポイント