メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

交通事故で聴力障害が発症した場合の後遺障害と慰謝料について

弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治
監修 弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates執行役員
監修 弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates執行役員

交通事故に遭ってから耳が聞こえづらくなったという方は、事故が原因で聴力障害を発症している可能性があります。難聴になってしまうと将来にわたって日常生活で大きな不便を強いられてしまうため、その精神的苦痛に見合った慰謝料や、後遺障害がなければ得られるはずであった収入分の逸失利益をきちんと請求することが大切です。

交通事故後の聴力低下は後遺障害等級認定の可能性あり

交通事故と聴力障害には、一見直接的な関係はないように思えますが、そのようなことはありません。事故による怪我が原因で聴力が低下した、ひどい場合は難聴を発症したという被害者の方は多くいらっしゃいます。 治療をしても聴力障害が後遺症として残ってしまった場合、後遺障害等級の認定を受けられる可能性は大いにあります。

聴力障害の後遺障害等級認定に必要な検査

後遺障害等級の申請をするためには、難聴の治療をして、症状が固定(これ以上治療をしても改善が見込めない状態になること)してから、検査をしなければなりません。必要な検査は純音聴力検査と語音聴力検査の2種類で、これらの結果を基礎として等級が認定されます。 治療・検査の受診先としては、交通事故患者を積極的に受け入れている病院が良いでしょう。近くて通いやすいという点から町医者にかかる方もいらっしゃいますが、その場合は検査機器や環境が整っていない可能性もあり、他の医療機関を併用することになります。また、後遺障害等級認定の申請時に必要な医師が作成する後遺障害診断書は、等級認定を左右する重要な書類のひとつです。後遺障害診断書を書き慣れた医師がいる、できるだけ交通事故患者の診療経験が豊富な病院を選択すると良いでしょう。

後遺障害診断書の重要性

純音聴力検査(オージオメーター・オージオグラム)

聴力検査のうち最も一般的なものです。防音室でヘッドフォンを装着し、オージオメーターという機械から発せられる125Hz(ヘルツ)から8000Hzまでの7種類の高さの音を聞き取ります。それぞれの音の高さごとに音の大きさを変えて、聞こえる最も小さな音を調べ、その結果をオージオグラム(聴力図)に記入します。このとき、空気を伝わってくる音を耳から聞く「気導聴力」と骨から伝わってくる音を聞く「骨導聴力」の両方を測定します。検査は日を変えて3回行い、2回目と3回目の数値の平均より「平均純音聴力レベル」を算出します。

語音聴力検査

日常会話で使われる言葉を、どの程度聞き取れるか調べるための検査です。ヘッドフォンからランダムに流れる「ア・コ・ニ・タ…」といった語音や「1・6・7・2…」といった1桁の数字を聞き取り、用紙に記入します。被験者の様子をみながら流れる音声の大きさを変化させ、どのくらい聞き取れたか正解率を出します。この検査でわかる「言葉を聞き取る能力」のことを「語音明瞭度」といいます。

難聴や聴力障害の原因

聴力障害を引き起こす原因には、どのような病気や怪我があるのでしょうか。以下で代表的なものを紹介します。

内耳振盪(しんとう)症

耳は、外側から外耳・中耳・内耳と大きく3つの部分に分けられます。そのうち内耳には聴力や平衡感覚をつかさどる器官があり、内耳全体はリンパ液で満たされています。 頭部打撲等で強い衝撃が加わると、リンパ液に振動が伝わります。それが内耳の器官に障害を及ぼし、難聴やめまい等を引き起こします。これを内耳振盪症といい、交通事故における聴力障害の原因のうち、最も多いものとなります。

側頭部骨折

側頭部、つまり頭の両側は、ちょうど耳が位置している部分になります。そのため、側頭部を骨折するほどの衝撃を受けると、耳の器官も大きな影響を受けてしまい、難聴やめまい等を発症することがあります。

外リンパ瘻(ろう)

内耳と中耳の間には、音が入ってくるための前庭窓と、音が出ていくための蝸牛窓という2つの窓があります。この2つの窓は外からの圧力に弱く、何らかの衝撃で穴が開いてしまうと、内耳のリンパ液が中耳に漏れ出てしまいます。この状態を外リンパ瘻といい、難聴や耳鳴り、めまい、吐き気等を引き起こします。

難聴・聴力障害で認定される可能性のある後遺障害等級と認定基準

難聴等の聴力障害で認定される可能性のある後遺障害等級は、以下のとおりです。両耳に障害がある場合と片耳のみの場合に分けて、それぞれの等級と認定基準をまとめました。

両耳の聴力

  • 4級3号:両耳の聴力を全く失ったもの
  • 6級3号:両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
  • 6級4号:1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  • 7級2号:両耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  • 7級3号:1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  • 9級7号:両耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  • 9級8号:1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの
  • 10級5号:両耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの
  • 11級5号:両耳の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができない程度になったもの

片耳の聴力

  • 9級9号:1耳の聴力を全く失ったもの
  • 10級6号:1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
  • 11級6号:1耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  • 14級3号:1耳の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができない程度になったもの

まずは交通事故専門の受付スタッフが
丁寧にお話しをお伺いいたします

難聴・聴力障害で後遺障害等級認定された場合の慰謝料

交通事故の被害者は、後遺障害等級の認定を受けた場合、その精神的な苦痛に対して、後遺障害慰謝料を加害者側に請求することができます。後遺障害慰謝料は、後遺障害等級ごとに金額が定められていますが、適用する基準によってその金額は変わってきます。実際に、後遺障害等級9級7号の場合、どのくらい金額に差があるのか、自賠責基準と弁護士基準で比較してみましょう。

自賠責基準

自賠責基準とは、自賠責保険に対して損害賠償金を請求する際に適用される基準です。自賠責保険は、すべての車やバイクの所有者に加入が義務づけられている強制保険で、交通事故の被害者の人身損害を最低限補償することを目的としています。 後遺障害等級9級7号の場合、後遺障害慰謝料は245万円となります。

弁護士基準

弁護士基準とは、弁護士が示談交渉に介入したり、裁判を起こしたりする際に用いられる基準です。過去の裁判例を参考にしていて、具体的な内容は、通称「赤い本(民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準)」に記載されています。 後遺障害等級9級7号の場合、後遺障害慰謝料の相場は690万円となります。

後遺障害等級認定を受けるためのポイント

難聴等の聴力障害で後遺障害等級認定を受けるためには、医療機関で治療をして、医師から症状固定と診断された後、純音聴力検査や語音聴力検査といった検査を行う必要があります。それらの検査の結果を踏まえたうえで、後遺障害等級の判断は下されます。 後遺障害等級を取得すると、後遺障害慰謝料の他に後遺障害逸失利益(後遺障害によって労働能力を喪失したことにより得られなくなった収入)を請求することができます。しかし軽度の聴力障害の場合、そもそも後遺障害等級には該当しないと判定されてしまったり、等級を得られても労働能力を喪失していると認められなかったりしてしまうことがあります。 弁護士であれば、後遺障害等級認定に向けたサポートをしたり、後遺障害慰謝料や後遺障害逸失利益が適正な金額になるよう交渉したりすることができるので、お困りの際はぜひ一度ご相談ください。

交通事故弁護士 TOPページへ

まずは交通事故専門の受付スタッフが
丁寧にお話しをお伺いいたします

増額しなければ成功報酬は頂きません

交通事故事件の経験豊富な
弁護士が全面サポート

増額しなければ成功報酬は頂きません

弁護士費用特約を使う場合
本人原則負担なし※保険会社の条件によっては
本人負担が生じることがあります。

弁護士報酬:成功報酬制

  • 着手金0円
  • 相談料0円
  • 弁護士費用後払い

※死亡・後遺障害等級認定済みまたは認定が見込まれる場合

※事案によっては対応できないこともあります。

※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

交通事故弁護士 TOPページへ

その他後遺障害に関する記事

後遺障害後遺障害等級10級の症状と認定要件交通事故で足を切断した場合の後遺障害交通事故による下顎骨骨折と後遺障害交通事故による動揺関節と後遺障害自律神経失調症と後遺障害認定交通事故で内臓破裂した時の後遺障害について交通事故で外傷性くも膜下出血になってしまったら後遺障害等級14級の症状と慰謝料人工関節置換の後遺障害について後遺障害等級12級の症状と慰謝料末梢神経障害を後遺障害として認めてもらうには交通事故で骨折した場合の後遺障害足の痛みの原因と後遺障害外貌醜状の後遺障害についてCRPS , RSD(疼痛性感覚異常)の後遺障害全身打撲は後遺障害になるのか?緑内障における後遺障害と視野障害・視力障害の慰謝料骨挫傷は後遺障害に認定される?後遺障害の併合とは|慰謝料への影響ふらつきが続く場合の原因と後遺障害交通事故で腰部脊柱管狭窄症になった時の後遺障害腱板損傷と後遺障害パニック障害は後遺障害になるのかTFCC(三角繊維軟骨複合体)損傷と後遺障害しびれの原因と後遺障害股関節唇損傷と後遺障害についてPTSDは後遺障害として認定されるのか?遷延性意識障害になってしまったら胸郭出口症候群と後遺障害偽関節と後遺障害について後縦靭帯骨化症(OPLL)とは? 交通事故との関係について後遺障害の【可動域制限】とは?意識不明の状態が続いてしまった場合肺挫傷と後遺障害について耳鳴りは後遺障害等級認定される可能性あり運動障害になる原因と後遺障害等級車椅子が必要になった時の費用は相手に請求できる?交通事故後の吐き気は後遺障害として認められる?交通事故で腕が上がらなくなったら後遺障害等級認定されるのか?交通事故による握力低下と後遺障害の解説びまん性軸索損傷の解説│症状や後遺障害など交通事故による【麻痺】と後遺障害について交通事故後の腰痛の原因と後遺障害交通事故後の眼振と併発する傷病の後遺障害と慰謝料について半月板損傷の症状と後遺障害手のしびれで疑うべき後遺障害バレリュー症候群の治療法と後遺障害について脊髄損傷の後遺障害と治療法について交通事故の後遺症が残りそうだと診断された場合の対処法膝の痛みは後遺障害認定される?認定要件と慰謝料椎間板ヘルニアの後遺障害と認定に必要な因果関係嗅覚障害の後遺障害と慰謝料交通事故後に認知症が発症した場合の因果関係後遺症の種類 | 部位別の症状一覧後遺障害診断書 | 医師が書いてくれない時の3つの対処法後遺障害等級が非該当で認定されない時にやるべきこと咀嚼による機能障害の後遺障害と慰謝料後遺障害逸失利益とは|職種別の計算方法と増額ポイント後遺症が残り慰謝料請求したい時は | 後遺障害等級認定申請方法ストレートネックの症状と後遺障害・むちうちとの違い交通事故による頚椎椎間板ヘルニアの後遺障害について腰椎捻挫の慰謝料と請求できるもの顎関節症の後遺障害と慰謝料|神経症状・開口障害片頭痛の原因は「むちうち」の可能性あり|認定される等級と慰謝料高次脳機能障害|記憶障害をはじめとする8つの症状異議申し立てのやり方と弁護士依頼のメリット複視になる原因と後遺障害と慰謝料交通事故後の頭痛と関係する後遺障害と慰謝料交通事故で脳挫傷になってしまったら脳損傷の後遺障害|交通事故による症状について交通事故で、てんかんの後遺障害と慰謝料について交通事故で坐骨神経痛が発症した時の慰謝料と後遺症について交通事故で脳震盪になった場合の症状と慰謝料について交通事故で脳脊髄液減少症になった時の慰謝料と治療法、原因についてむちうち(頚椎捻挫)の症状が残ったら|後遺症の認定基準と慰謝料相場交通事故で脳出血を起こした場合の慰謝料と後遺症についてめまいの原因はむちうち?!交通事故の影響とは交通事故後に脳梗塞になった場合の慰謝料と因果関係について靭帯を損傷した場合の慰謝料と後遺障害認定のポイント