メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

交通事故による運動障害と請求可能な慰謝料

弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治
監修 弁護士 谷川 聖治 弁護士法人ALG&Associates執行役員
監修 弁護士 谷川 聖治
弁護士法人ALG&Associates執行役員
愛知県弁護士会所属。私たちは、弁護士91名、スタッフ159名を擁し(2019年1月末現在)、東京、宇都宮、埼玉、千葉、横浜、名古屋、大阪、神戸、姫路、福岡の10拠点を構え、全国のお客様のリーガルニーズに迅速に応対することを可能としております。

交通事故による怪我が原因で、後遺障害が残ってしまうことがあります。後遺障害には様々なものがあり、どのような症状がどの後遺障害に該当するのか、わかりにくいですよね。 この記事では、後遺障害のひとつである「運動障害」について詳しく説明します。

運動障害が残ってしまった場合の対処

交通事故による怪我が原因で、神経や筋肉が傷つく、あるいは骨が変形すること等によって、身体を思うように動かせなくなり、運動障害の後遺障害が残ることがあります。 病院等で適切なリハビリ治療を行うとともに、治療終了後に運動障害が診断されたら、後遺障害等級認定を申請すべきです。

病院で受けるべき検査

交通事故による怪我を治療し、症状固定した後、なお運動障害の症状が残る場合には、病院で検査を受けます。 行われる検査は、運動障害が疑われる部位によって異なりますが、 ・X線による画像検査(骨折等の有無を確認)
・可動域検査
等が主なものとなります。
これらの検査により、運動障害が診断されたら、後遺障害等級認定を申請しましょう。

運動障害になる可能性がある部位と原因

運動障害が残る可能性のある部位には、脊柱と目(眼球、まぶた)の2つがあります。 それぞれどのような場合に運動障害が後遺障害として認定されるのか、詳しく見ていきます。 なお、関節が曲がりにくくなり運動能力が低下した場合は、「可動域制限」といいます。

脊柱

等級 障害の程度
6級5号 脊柱に著しい運動障害を残すもの
8級2号 脊柱に運動障害を残すもの

脊柱の運動障害が後遺障害として認められるためには、表にまとめたような傷害が認められる必要があります。 ・脊柱に著しい運動障害を残すもの(6級5号)
「脊柱に著しい運動障害を残すもの」とは、次のいずれかが原因で、頸部及び胸腰部が強直したものをいいます(*)。
①頸椎及び胸腰椎のそれぞれに脊椎圧迫骨折等が存しており、そのことがX線写真等により確認できるもの ②頸椎及び胸腰椎のそれぞれに脊椎固定術が行われたもの ③項背腰部軟部組織に明らかな器質的変化が認められるもの *頸部及び胸腰部の強直…関節の完全強直又はこれに近い状態にあるもの(可動域が完全に消失又は主要運動のすべてが参考可動域角度との比較で10%程度以下に制限されているもの)

・脊柱に運動障害を残すもの(8級2号)
「脊柱に運動障害を残すもの」とは、次のいずれかに該当するものをいいます。

(1)次のいずれかが原因で、頸部及び胸腰部の可動域が参考可動域角度の1/2以下に制限されたもの ①頸椎及び胸腰椎のそれぞれに脊椎圧迫骨折等が存しており、そのことがX線写真等により確認できるもの ②頸椎又は胸腰椎に脊椎固定術が行われたもの ③項背腰部軟部組織に明らかな器質的変化が認められるもの (2)頭蓋・上位頸椎間に著しい異常可動性が生じたもの 脊柱の運動障害は、脊柱の骨折等が原因で起こります。また、神経症状を併発することもよくあります。

請求できる後遺障害慰謝料

脊柱の運動障害として認定される可能性のある等級と後遺障害慰謝料の額について表にしました。(なお、任意保険会社ごとに差異があるため、任意保険基準における後遺障害慰謝料の金額は、省略しています。)

等級 自賠責基準 弁護士基準
6級5号 498万円 1180万円
8級2号 324万円 830万円

目(眼球)

等級 障害の程度
11級1号 両眼の眼球に著しい運動障害を残すもの
12級1号 1眼の眼球に著しい運動障害を残すもの

眼球の運動障害が認められるためには、表にまとめたような傷害が認められる必要があります。 「眼球に著しい運動障害を残すもの」とは、眼球の注視野(*)の広さが1/2以下となったものをいいます。 *注視野…頭を固定した状態で、眼球の運動のみで見える範囲(健常者の場合、単眼視で各方面約50度、両眼視で各方面約45度) 眼球の運動障害とは、いわゆる斜視のことをいいます。

目(まぶた)

等級 障害の程度
11級2号 両眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
12級2号 1眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの

まぶたの運動障害が後遺障害として認められるためには、表にまとめたような傷害が認められる必要があります。

「まぶたに著しい運動障害を残すもの」とは、 ①まぶたを開けたとき(開瞼)に、瞳孔領を完全に覆うもの
②まぶたを閉じたとき(閉瞼)に、角膜を完全に覆うことができないもの
をいいます。

まぶたの運動障害は、交通事故で顔や頭を強打した衝撃で視神経や外眼筋を損傷して発症します。
ホルナー(horner)症候群、動眼神経麻痺、眼瞼外傷、外転神経麻痺等が代表的な傷病名です。

請求できる後遺障害慰謝料

目(眼球、まぶた)の運動障害として認定される可能性のある等級と後遺障害慰謝料の額について、表にしました。

等級 自賠責基準 弁護士基準
11級1号
11級2号
135万円 420万円
12級1号
12級2号
93万円 290万円

運動障害の後遺障害が残ってしまったら

運動障害は、日常生活に大きな影響を及ぼします。お金で解決できることではありませんが、交通事故によって被った苦痛を少しでも和らげるためには、適正な賠償金を受け取ることが大切です。 賠償金の中でも特に多くを占めるのは、後遺障害慰謝料です。そのため、適正な賠償金を受け取るためには、適切な後遺障害等級を認定されることが必要といえます。 後遺障害等級は、後遺症の程度や後遺障害診断書の内容はもちろん、治療の受け方等も認定材料となります。そこで、医療に強い弁護士によって、治療の受け方から後遺障害診断書の書き方までアドバイスを受けることで、適切な等級認定が受けられる可能性を高めることができます。 後遺障害でお悩みの方は、特に医療に強い弁護士にご相談されると良いでしょう。

運動障害が後遺障害として認められた裁判例

東京地方裁判所 平成15年(ワ)第7525号 損害賠償請求事件

<事故概要>

被告が運転する普通乗用車がT字路交差点の突き当たりを右折したところ、突き当たり路を直進していた原告の運転する自転車と衝突した事案です。
頸椎の運動障害や変形障害、頑固な神経症状等の後遺障害の残存を主張する原告に対し、被告が反論したため、争いになりました。

<裁判所の判断>

本件事故により、原告は、両脚の打撲や両手擦過傷、変形と膨隆を伴う頸椎及び腰椎の捻挫、外傷性頸椎椎間板ヘルニア、左肩と左股関節の捻挫、外傷性ストレス障害等の傷害を負い、入院治療を受けました。 入通院治療中、原告は、頸椎の後屈に制限があることや、後屈時に激しい疼痛があること等を訴え、また、外傷性頸椎椎間板ヘルニアの発症も認められました。 こうした原告の治療経過等、諸般の事情を総合して、裁判所は、脊柱の運動障害(8級2号)及び採骨による骨盤骨の奇形(12級5号)のほか、少なくとも14級10号に相当する非器質性精神障害の併合7級に相当する後遺障害の残存を認定し、後遺障害慰謝料として1000万、後遺障害逸失利益として1702万2070円を認めました。

交通事故事件の経験豊富な
弁護士が全面サポート

増額しなければ、
成功報酬は頂きません!※諸経費20,000円(消費税別)がかかります。

弁護士費用特約を使う場合
本人原則負担なし※保険会社の条件によっては
本人負担が生じることがあります。

弁護士報酬:成功報酬制

  • 着手金0円
  • 相談料0円
  • 弁護士費用後払い

※死亡・後遺障害認定済みまたは認定が見込まれる場合

※事案によっては対応できないこともあります。

※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

まずは交通事故専門の受付スタッフが
丁寧にお話しをお伺いいたします

関連記事はこちら

股関節唇損傷と後遺障害についてPTSDは後遺障害として認定されるのか?遷延性意識障害になってしまったら胸郭出口症候群と後遺障害偽関節と後遺障害について後縦靭帯骨化症(OPLL)とは? 交通事故との関係について交通事故による恥骨骨折と後遺障害について後遺障害の【可動域制限】とは?意識不明の状態が続いてしまった場合肺挫傷と後遺障害について耳鳴りは後遺障害等級認定される可能性あり上半身の麻痺について車椅子が必要になった時の費用は相手に請求できる?交通事故後の吐き気は後遺障害として認められる?交通事故による手首骨折と後遺障害について交通事故で腕が上がらなくなったら後遺障害等級認定されるのか?交通事故によるむちうちで請求できる慰謝料と相場、計算方法交通事故による握力低下と後遺障害の解説びまん性軸索損傷の解説│症状や後遺障害など交通事故による【麻痺】と後遺障害について交通事故後の腰痛の原因と後遺障害交通事故後の眼振と併発する傷病の後遺障害と慰謝料について半月板損傷の症状と後遺障害手のしびれで疑うべき後遺障害肋骨骨折の後遺障害と慰謝料バレリュー症候群の治療法と後遺障害について脊髄損傷の後遺障害と治療法について交通事故の後遺症が残りそうだと診断された場合の対処法交通事故における後遺障害の併合とは膝の痛みの原因と、認定される後遺障害ご家族が下半身麻痺になったら | 原因と請求できる慰謝料首が痛いときの傷病と後遺障害椎間板ヘルニアの後遺障害と認定に必要な因果関係嗅覚障害の後遺障害と慰謝料交通事故後に認知症が発症した場合の因果関係骨盤骨折の後遺障害と慰謝料について後遺症の種類と認定される後遺障害部位別一覧交通事故の後遺症が残ったら後遺障害診断書をかいてもらうべき理由後遺障害等級が非該当で認定されない時にやるべきこと咀嚼による機能障害の後遺障害と慰謝料後遺障害逸失利益 | 計算方法を職業別に細かく解説後遺症が残り慰謝料請求したい時は | 後遺障害等級認定申請方法ストレートネックの症状と後遺障害・むちうちとの違い緑内障における後遺障害と視野障害・視力障害の慰謝料交通事故による頚椎椎間板ヘルニアの後遺障害について子供のむちうち|慰謝料と交通事故の対処法について腰椎捻挫とは | 症状と請求できる慰謝料びまん性軸索損傷の後遺障害とMRIの重要性についてびまん性軸索損傷で請求できる慰謝料とは顎関節症の後遺障害と慰謝料|神経症状・開口障害むちうちなどが原因の片頭痛 | 慰謝料や後遺障害等級はどうなる?鎖骨骨折による3つの後遺障害と慰謝料について高次脳機能障害で後遺障害9級認定の3つのポイントと慰謝料高次脳機能障害で後遺障害7級認定の4つのポイントと慰謝料高次脳機能障害で後遺障害5級認定の4つのポイントと慰謝料高次脳機能障害|記憶障害をはじめとする8つの症状異議申し立ての難しさと弁護士依頼の重要性幼児が交通事故でむちうちになってしまったら複視になる原因と後遺障害と慰謝料交通事故後に頭痛が続くときに疑うべき後遺障害と治療交通事故で脳挫傷になってしまったら交通事故の同乗者がむちうちになった場合の慰謝料についてむちうち慰謝料に症状固定が大きく影響する理由と注意すべきこと脳損傷の後遺障害|交通事故による症状について交通事故で、てんかんの後遺障害と慰謝料について通院頻度に注意が必要、むちうちで3ヶ月通院した場合の慰謝料額交通事故の被害で妊娠中にむちうちになった場合の慰謝料についてむちうち治療は必ず病院の整形外科へ | 理由と注意点交通事故のむちうちで主婦が受け取れる慰謝料の相場と休業損害について交通事故が原因で難聴が発症した場合の後遺障害と慰謝料について交通事故で坐骨神経痛が発症した時の慰謝料と後遺症について交通事故で脳震盪になった場合の症状と慰謝料について交通事故で脳脊髄液減少症になった時の慰謝料と治療法、原因について交通事故で頭蓋骨骨折になった場合の慰謝料と後遺症についてむちうちの慰謝料相場と後遺障害等級の認定基準交通事故で骨折した場合の慰謝料の相場と後遺障害について交通事故で脳出血を起こした場合の慰謝料と後遺症について交通事故で聴力障害が発症した場合の後遺障害と慰謝料についてめまいの原因はむちうち?!交通事故の影響とはむちうちの症状と関連する後遺障害等級認定について交通事故後に脳梗塞になった場合の慰謝料と因果関係について交通事故で靭帯損傷になってしまった時の慰謝料はどれくらいか?