メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

車椅子が必要になった時の費用は相手に請求できる?

弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治
監修 弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates執行役員
監修 弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates執行役員
愛知県弁護士会所属。私たちは、弁護士名、スタッフを擁し()、東京、を構え、全国のお客様のリーガルニーズに迅速に応対することを可能としております。

交通事故による後遺障害で、生活を送る上で車椅子が必要になってしまった等、それまでの生活が一変してしまうことがあります。このような場合、加害者にどのような賠償を請求できるのでしょうか。交通事故によって車椅子になってしまったときにかかる費用と請求できるものについて、説明していきます。

交通事故で車椅子になってしまった場合、相手に必要な費用は請求できるのか?

交通事故で車椅子が必要になってしまった場合には、いろいろと必要な費用が出てきますが、加害者に対してどこまで請求できるのでしょうか。 基本的には、交通事故による損害として認められる範囲で、損害の賠償を請求できます。 例えば、後遺障害が残ったときには、失われた身体機能を補うために装具や器具(車椅子、義手、義足、盲導犬等)が必要になりますが、装具や器具の購入費用といった損害が交通事故による損害といえるかは、受傷の部位、程度、後遺障害の状態等を考慮して、必要かつ相当な範囲であるかどうかで判断されます。 後遺障害の状態上、希望する車椅子等の品質や機能が必要とは認められず、価格が相当額を超えると判断される場合には、相当額を超える額については支払われません。 このように、価格の相当性は、車椅子等が必要になる後遺障害との関係で、どのような品質や機能が必要なのかで判断されます。

相手に請求できる費用

車椅子の必要性と価格の相当性が認められれば、交通事故により、車椅子が必要になってしまった場合、加害者に対して車椅子の購入費用等を請求することができます。 車椅子の購入費用を請求するにあたり、もしかしたら、「高額な費用を請求すると慰謝料の金額が減ってしまうのでは…」と心配されている方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、慰謝料は、事故により生じた肉体的・精神的苦痛に対する賠償をいいますから、事故により出費を余儀なくされた、いわゆる積極損害に対する賠償としての車椅子購入費用の請求とは性質が異なります。どちらかを多く請求したからといって、もう一方が減るといったことはありません。 では、具体的に、加害者には車椅子に関するどのような費用を請求できるのでしょうか。

車椅子購入費用

交通事故による怪我や後遺障害のために車椅子を購入したとき、交通事故の損害賠償として購入費用を受け取るためには、怪我や後遺障害の状態等を考慮し、車椅子の費用や機能が必要かつ相当な範囲であることが必要となります。 この点、車椅子には機能や価格に様々な種類のものがありますので、必要性と相当性が争いになることがあります。 なお、日本では基本的に屋内外の生活を区別しているため、室内用と屋外用の車椅子2台分についての購入費用請求が認められることがあります。

自宅改造費用(住宅リフォーム)

身体機能の一部を喪失する等、後遺障害が残った場合に、喪失した機能を補助する装具や器具(車椅子、義手、義足、盲導犬等)を使用してもそれまで住んでいた自宅での生活に不便が残る、あるいは使用することにより逆に不便が生じてしまうような場合には、必要性・相当性があれば、自宅の改造費用も加害者に請求することができます。改造にかかる費用は、後遺障害の程度や内容を具体的に検討して、必要な範囲で認められます。 ただし、被害者に同居人がいる場合、加害者に交通事故の損害賠償として請求できるのは、あくまで被害者の不便を解消し、生活を補助するという目的の範囲内の改造費用に限られます。 例えば、エレベーターの設置や浴室の拡張等は、同居人の利益にもなるため、認められる賠償は、被害者に関連した部分だけとなります。 バリアフリー化に伴い転居を余儀なくされた場合には、転居に関連した費用等も認められます。また、改造設置した器具や設備のうち耐用年数が明らかなものは、将来の買替え費用も併せて請求することも検討するのが良いでしょう。

車椅子買替費用

耐用年数があり、定期的に買替えが必要になることが明らかなものについては、将来の買換費用の請求が認められます。例えば、車椅子の耐用年数はおおよそ4、5年とされているので、平均余命まで、4、5年ごとの買替費用が認められます。 ただし、将来の買替費用については、原則として中間利息が控除されることに注意が必要です。 *中間利息…将来の利息による増額分

介護費用

介護費用の計算方法は、 「日額×365日×介護費用が認められる期間の年数に対応するライプニッツ係数」 です。 赤い本(民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準)によれば、近親者の場合に認められる日額は原則として8000円です。ただし、具体的な事情により増減されます。 これに対し、介護士等の職業付添人に介護を依頼した場合には、原則として報酬等の実費全額が認められます。 ただし、介護費用は長期間にわたる問題のため、将来的に費用が増減する可能性もあり、費用の見積もりが難しいといわれています。

車両改造費

住宅だけでなく、車両のバリアフリー化の改造費用を請求できる可能性があります。なお、改造にかかった実費相当額が、交通事故による損害として、賠償の対象となります。 車両の改造費用が損害として認められるためには、 ・交通事故による怪我や後遺障害に対応した改造となっていること ・過度に高級な仕様になっていないこと 上記の条件を満たすことが必要です。 そのため、高額なカーナビやドライブレコーダー等は、損害として認められない可能性が高いです。

まずは交通事故専門の受付スタッフが
丁寧にお話しをお伺いいたします

車椅子に関する費用で気を付けること

車椅子に関する費用を請求する上で注意する点がいくつかあります。 以下にまとめたのでご確認ください。

高額な車椅子の必要性

交通事故による怪我や後遺障害のために購入する車椅子の費用は、怪我や後遺障害の状態等を考慮し、必要かつ相当な範囲であることが必要となります。裁判例では1台50万円程度までの賠償請求を認めているケースが散見されます。 高額になるほど、購入の必要性や費用の相当性が厳しく判断されることになり、購入の必要がない、あるいは費用の相当性を欠くと判断された場合には、相当額を超える部分は支払われないことになります。 ですから、必要以上に高性能だったり高額だったりする車椅子の購入は控えましょう。 どのような車椅子を購入したら良いか悩まれる方は、一度弁護士に相談してみると良いでしょう。

こんな時はどうなる? 車椅子生活費用のあれこれ

具体的にどのような場合に何が請求できるのでしょうか。 よくある疑問をQ&A形式でまとめてみました。

Q1:【男性・56歳・会社員】 自宅で母を介護していたのですが、交通事故に遭って半身不随になってしまいました。車椅子を使わなければ生活できないため、母の介護ができません。母を介護施設に入居させたいのですが、初期費用や月額料金は請求できるのでしょうか?
A1:回答 お母様の介護施設の入居費用(初期費用や月額料金)は請求できる可能性があります。 半身不随の状態で介護を行うのは非常に困難だと思います。他に介護者を見つける必要があり、要介護のお母様と車椅子での同居は難しいでしょうから、お母様を介護施設に入居させる相当性もあります。

Q2:【女性・19歳・専門学生】 美容師を目指して専門学校に通っており、今年度卒業予定でしたが、交通事故で全身麻痺になってしまったため、中退しなければならなくなりました。これまでの学費(授業料・教材費・定期代等)は請求できますか?
A2:回答
支払い済みの学費(授業料・教材費・定期代等)は請求できます。 裁判例でも、学生の方が交通事故により通学を継続できなくなった場合に、それまで支払った学費を損害として認めている事案があります。ただし、損害が認められるためには、被害者の被害の程度、年齢、家庭状況等といった具体的な事情から、学習の必要性があると判断される必要があります。 また、妥当な範囲の学費のみが賠償の対象として認められるため、全額が損害とされるわけではないことに注意が必要です。

Q3:【女性・26歳・派遣社員】 アパートで一人暮らしをしていましたが、交通事故に遭い、車椅子で生活することになりました。けれど、アパートのエレベーターの入り口が車椅子より狭く、引っ越さなくてはいけません。バリアフリー物件に住みたいのですが、引っ越し費用や家賃等は請求できるのでしょうか?
A3:回答 怪我や後遺障害の程度・内容等から、転居の必要性があると判断されれば、相当な範囲で交通事故による損害と認められるので、賠償として転居費用や転居前の家賃との差額を受け取ることができます。 なお、転居費用や家賃の差額等の請求が認められるためには、 ・自宅が賃貸物件であること
・車椅子による移動が物理的に不可能であること
上記のような、転居の必要性や相当性を主張立証する必要があります。 その上で、転居先に家賃の差額が発生する場合には、その差額を数年間分請求することができる可能性があります。

Q4:【男性・38歳・会社員】 家族で海外旅行に行く直前だったのに、交通事故で車椅子生活になり、行けなくなってしまいました。ホテルや飛行機等はすべて手配済みだったのですが、キャンセル料は請求できますか?
A4:回答
請求できます。 交通事故による怪我や後遺障害が原因で、被害者や近親者の方が予定していた旅行をキャンセルせざるを得なかった場合、かかったキャンセル料は、交通事故と相当因果関係がある損害と認められ、賠償を請求することができます。

Q5:【男性・28歳・会社員】 オートバイでのツーリングが趣味で、かなりお金をかけていましたが、ある日ツーリング中に交通事故に遭い、下半身不随になってしまいました。でも、やはりオートバイが好きなので、車椅子でも乗れるオートバイを購入したいと考えています。趣味のための改造オートバイの購入費用は請求できますか?
A5:回答 これまでオートバイにかけてきた費用と、今後そのオートバイに乗れなくなってしまったという事情が、慰謝料計算の際に多少考慮される可能性はありますが、趣味である以上、購入の必要性はないとして請求が認められない可能性が高いです。快適さや便利さを求めた改造車の購入費用は、交通事故による損害としては認められないのが通常です。 ただし、日常生活においても移動のためにオートバイが必要であり、かつ、自動車ではなくオートバイでなければならない理由がある、もしくはオートバイの費用の方が少額であることを証明できるような場合には、趣味用かどうかは関係なく、購入費用の請求が認められる可能性があります。

Q6:【男性・65歳・会社員】 来年娘が結婚します。会場はゲストハウスタイプになる予定ですが、交通事故で下半身不随になってしまったため、出席には手伝いが必要です。その際のヘルパー代等は請求できるのでしょうか?
A6:回答
認められる可能性は十分にあります。 結婚式に父親が出席したいと望むのは当然の気持ちであり、子供の結婚式に両親が出席することは、多くの場合当然に求められるものですから、お父様が結婚式に出席する必要性と重要性が認められます。 また、結婚式が単発のイベントであることを踏まえると、式の予定が具体的に決まっていること、ヘルパー代が具体的に計算できることといった条件を満たせば、必要な範囲のヘルパー代を加害者に請求できるものと思います。

車椅子が必要になる可能性のある怪我や後遺障害

車椅子が必要になる可能性のある怪我や後遺障害はいくつかあります。 以下、簡単に説明します。

麻痺 麻痺とは、身体を自分の意思で動かせなくなったり、知覚が鈍る等、神経の障害により身体機能が損なわれることです。麻痺の範囲によって、四肢麻痺、対麻痺、片麻痺、単麻痺に分類できます。特に両足に麻痺が起こることの多い対麻痺では、足が動かせなくなり、車椅子が必要になることがあります。 詳細については下記の記事で説明しています。

麻痺と後遺障害について

脊髄損傷 脊椎(背骨)の中にあり、脳と手足等の情報伝達を行う中枢神経である脊髄を損傷することです。脊髄を損傷すると、情報伝達がうまくいかなくなり、手足等の運動や知覚に影響が出ます。特に腰椎(腰の骨)以下を損傷した場合に、腰以下を動かすことができなくなり、車椅子が必要になることがあります。 詳細については下記の記事で説明しています。

脊髄損傷の後遺障害と治療法について

骨折 骨折は、折れる箇所や折れ方等により、様々な分類ができます。例えば、不完全骨折や単純骨折、複合骨折、開放骨折等です。 骨折部位がずれて癒合してしまう変形治癒等により、機能障害や神経症状が生じ、車椅子が必要になることがあります。

高次脳機能障害 高次脳機能障害とは、脳損傷により生じる、記憶障害や注意障害、遂行機能障害、社会的行動障害等といった認知機能の障害をいいます。 外傷性脳損傷(外から加わった力により脳を損傷すること)を原因とする障害のため、脳損傷による麻痺等を併発することがあり、車椅子が必要になることがあります。

車椅子にまつわる費用請求は弁護士にお任せください

交通事故により、生活を送る上で車椅子が必要になってしまったとき、加害者に対して請求できる賠償について詳しく説明してきました。車椅子をはじめとする装具や器具等の費用請求は、受傷の部位、程度、後遺障害の状態を考慮して、必要かつ相当な範囲で認められます。 しかし、ご自分で必要性と相当性を判断することは難しいでしょう。そこで、弁護士の出番です。 特に医療に強い弁護士であれば、こうした「必要性」と「相当性」の判断を行うことが可能ですので、法的アドバイスにより、被害者の方の生活のサポートができます。 また、車椅子を必要とする怪我を負った場合、後遺障害が残ってしまう可能性が高いといえます。適正な賠償を受けるためにも、適切な後遺障害等級が認定されることが必要ですが、医療に強い弁護士なら、治療の受け方をアドバイスすることもできますし、後遺障害診断書の作成のサポートもできます。 交通事故でお悩みを抱えられている方は、ぜひ弁護士にご相談ください。

まずは交通事故専門の受付スタッフが
丁寧にお話しをお伺いいたします

被害者が車椅子になってしまった交通事故の裁判例

ここで、被害者が車椅子になってしまった交通事故の裁判例をご紹介します。

【東京地方裁判所 平成19年(ワ)第11349号 損害賠償請求事件】

<事案の概要>

交差点で、被告の運転する普通乗用自動車が右折しようとしたところ、対向車線を直進してきた原告の運転する大型自動二輪車と衝突し、原告が胸椎脱臼骨折や胸髄損傷、脳挫傷等の傷害を負った事案です。 本件事故により、原告には第4胸椎以下の完全麻痺、知覚喪失、高次脳機能障害等の後遺障害が残ったため、自賠責保険会社から、「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの」に該当するとして自賠等級(別表第1)第1級1号に該当するとの認定を受けました。 原告に残存する後遺障害についての争いはありませんでしたが、生じた損害および額についての原告の主張を被告が否定したため、争いになりました。

<裁判所の判断>

被告は、原告に生じた損害のうち入院雑費以外の損害を争いましたが、裁判所は、車椅子に関連する損害として、以下のものを認めました。

・装具・器具等購入費 260万7725円 日常生活における車椅子や介護ベッド、リハビリ用品等の必要性を認め、装具・器具等購入費を260万7725円としました。

・将来の装具・器具等購入費 1391万6433円 また、上記の装具・器具には耐用年数があり、買い替えの必要があることから、将来の装具・器具等購入費を1391万6433円としました。

・車椅子の買替費用 432万9101円 さらに、車椅子で生活する場合、室内用及び屋外用の2台の車椅子を使用する必要があり、かつ車椅子の耐用年数は5年程度であるから、平均余命まで9回の車椅子の買い換えが必要であるとし、車椅子の買替費用を432万9101円であるとしました。

・車椅子の修理費 145万3496円 1年間に必要な車椅子2台分の修理費用を8万円とした上で、症状固定時からの平均余命約49年を乗じ、そこから中間利息を控除した145万3496円を、車椅子の修理費としました。

・家屋改造費 378万円 車椅子により自宅の中を移動し、車椅子で作業ができるように出入口、トイレ、風呂場、水回りを改修する必要性を認め、その改修に予定する額378万円は相当であるから、予定額全額を家屋改造費をとしました。

・車両購入費 1029万1477円 移動のために必要相当な手段として281万3955円で購入した改造自動車を使用しており、また、自動車は耐用年数(自家用車は6年)ごとに買い替える必要があるから、平均余命まで8回買い替えるものと認め、車両購入費を合計1029万1477円としました。

・駐車場代 274万7107円 改造自動車の保管場所である駐車場確保のため、平均余命までの駐車場代を、274万7107円としました。

結果として、被告の主張はほぼ退けられ、最終的に、過失相殺や損益相殺前の損害額として2億4719万4124円が認められました。

交通事故事件の経験豊富な
弁護士が全面サポート

増額しなければ成功報酬は頂きません

弁護士費用特約を使う場合
本人原則負担なし※保険会社の条件によっては
本人負担が生じることがあります。

弁護士報酬:成功報酬制

  • 着手金0円
  • 相談料0円
  • 弁護士費用後払い

※死亡・後遺障害認定済みまたは認定が見込まれる場合

※事案によっては対応できないこともあります。

※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

まずは交通事故専門の受付スタッフが
丁寧にお話しをお伺いいたします

関連記事はこちら

緑内障における後遺障害と視野障害・視力障害の慰謝料骨挫傷は後遺障害に認定される?交通事故で聴力障害が発症した場合の後遺障害と慰謝料について交通事故における後遺障害の併合とはふらつきの症状は後遺障害になるのか交通事故で腰部脊柱管狭窄症になった時の後遺障害腱板損傷と後遺障害パニック障害は後遺障害になるのかTFCC(三角繊維軟骨複合体)損傷と後遺障害しびれの原因と後遺障害股関節唇損傷と後遺障害についてPTSDは後遺障害として認定されるのか?遷延性意識障害になってしまったら胸郭出口症候群と後遺障害偽関節と後遺障害について後縦靭帯骨化症(OPLL)とは? 交通事故との関係について交通事故による恥骨骨折と後遺障害について後遺障害の【可動域制限】とは?意識不明の状態が続いてしまった場合肺挫傷と後遺障害について耳鳴りは後遺障害等級認定される可能性あり上半身の麻痺について交通事故による運動障害と請求可能な慰謝料交通事故後の吐き気は後遺障害として認められる?交通事故による手首骨折と後遺障害について交通事故で腕が上がらなくなったら後遺障害等級認定されるのか?交通事故によるむちうちで請求できる慰謝料と相場、計算方法交通事故による握力低下と後遺障害の解説びまん性軸索損傷の解説│症状や後遺障害など交通事故による【麻痺】と後遺障害について交通事故後の腰痛の原因と後遺障害交通事故後の眼振と併発する傷病の後遺障害と慰謝料について半月板損傷の症状と後遺障害手のしびれで疑うべき後遺障害肋骨骨折の後遺障害と慰謝料バレリュー症候群の治療法と後遺障害について脊髄損傷の後遺障害と治療法について交通事故の後遺症が残りそうだと診断された場合の対処法膝の痛みは後遺障害認定される?認定要件と慰謝料下半身麻痺の後遺障害等級と必要な検査椎間板ヘルニアの後遺障害と認定に必要な因果関係嗅覚障害の後遺障害と慰謝料交通事故後に認知症が発症した場合の因果関係骨盤骨折の後遺障害と慰謝料について後遺症の種類と症状の一覧後遺障害診断書とは?医師が書いてくれない場合の対処法後遺障害等級が非該当で認定されない時にやるべきこと咀嚼による機能障害の後遺障害と慰謝料後遺障害による逸失利益の計算方法後遺症が残り慰謝料請求したい時は | 後遺障害等級認定申請方法ストレートネックの症状と後遺障害・むちうちとの違い交通事故による頚椎椎間板ヘルニアの後遺障害について子供のむちうち|慰謝料と交通事故の対処法について腰椎捻挫の後遺障害と認定獲得に必要なことびまん性軸索損傷とは?早期のMRI検査が重要びまん性軸索損傷で請求できる慰謝料とは顎関節症の後遺障害と慰謝料|神経症状・開口障害片頭痛の原因は「むちうち」の可能性あり|認定される等級と慰謝料鎖骨骨折による3つの後遺障害と慰謝料について高次脳機能障害で後遺障害9級認定の3つのポイントと慰謝料高次脳機能障害で後遺障害7級認定の4つのポイントと慰謝料高次脳機能障害で後遺障害5級認定の4つのポイントと慰謝料高次脳機能障害|記憶障害をはじめとする8つの症状異議申し立てのやり方と弁護士依頼のメリット幼児が交通事故でむちうちになってしまったら複視になる原因と後遺障害と慰謝料交通事故後の頭痛と関係する後遺障害と慰謝料交通事故で脳挫傷になってしまったらむちうちの症状固定時期はいつ?慰謝料に大きな影響あり!脳損傷の後遺障害|交通事故による症状について交通事故で、てんかんの後遺障害と慰謝料について通院頻度に注意が必要、むちうちで3ヶ月通院した場合の慰謝料額交通事故の被害で妊娠中にむちうちになった場合の慰謝料についてむちうち治療に整形外科を使わないと損をする理由交通事故のむちうちで主婦が受け取れる慰謝料の相場と休業損害について交通事故で坐骨神経痛が発症した時の慰謝料と後遺症について交通事故で脳震盪になった場合の症状と慰謝料について交通事故で脳脊髄液減少症になった時の慰謝料と治療法、原因について交通事故で頭蓋骨骨折になった場合の慰謝料と後遺症についてむちうちで認定される後遺障害等級の基準と慰謝料相場交通事故で骨折した場合の慰謝料の相場と後遺障害について交通事故で脳出血を起こした場合の慰謝料と後遺症についてめまいの原因はむちうち?!交通事故の影響とは首が痛いのはむちうちかも?症状と関連する後遺障害等級認定について交通事故後に脳梗塞になった場合の慰謝料と因果関係について靭帯を損傷した場合の慰謝料と後遺障害認定のポイント