メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

交通事故で腰部脊柱管狭窄症になった時の後遺障害

弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治
監修 弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates執行役員
監修 弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates執行役員
愛知県弁護士会所属。私たちは、弁護士名、スタッフを擁し()、東京、を構え、全国のお客様のリーガルニーズに迅速に応対することを可能としております。

「腰部脊柱管狭窄症」という傷病名をご存知でしょうか。交通事故後、歩いていると足の痛みが増してきて歩けなくなってしまうような場合、もしかしたら腰部脊柱管狭窄症かもしれません。

腰部脊柱管狭窄症とはどのような傷病なのか、詳しく解説していきます。

腰部脊柱管狭窄症とは? 交通事故で腰部脊柱管狭窄症になってしまったら?

脊柱管狭窄症とは、脊椎の椎孔が連なってできた脊柱管の一部が狭くなってしまい、中を通る脊髄や神経根が圧迫されることにより腰や足の痛みが出る傷病です。 日本人の脊柱管の平均の大きさは、前後径約15mmです。症状が出るまでの脊柱管の狭まりの度合いには個人差がありますが、脊柱管が12mm以下になると、絶対的に狭窄しているとみなされます。 脊柱管の狭窄は、腰椎(腰の骨)で起こることが多いため、ここでは「腰部脊柱管狭窄症」に焦点を当てて説明していきます。 脊柱管狭窄症の発症原因の1つとして、交通事故があげられます。交通事故の強い衝撃により、

  • 脊椎(背骨)が変形
  • 脊椎間の椎間板が変形
  • 脊椎と脊椎とを繋いでいる靭帯が肥厚

してしまうと、脊柱管狭窄症を発症する可能性があります。 脊柱管狭窄症は生命維持には影響を及ぼさない傷病ですが、放置せず、適切な治療を受けましょう。

腰部脊柱管狭窄症の症状

腰部脊柱管狭窄症の症状は、次のようなものです。

  • 足のしびれや感覚の異常
  • 腰痛
  • 歩行時に増す足の痛み

⇒ この症状により、間欠性(かんけつせい)跛行(はこう)の症状が現れることがあります。 間欠性跛行とは、歩くと足に痛みやしびれが生じてきて歩けなくなるものの、姿勢を変えて少し休むとまた歩けるようになる現象をいいます。 こうした足の痛みやしびれは、前かがみになったり座ったりすると、腰が曲がることにより狭くなった脊柱管が広がるため、楽になります。

病院で治療を受ける

腰部脊柱管狭窄症が疑われる場合、病院では、脊柱管の狭まりの度合いや脊髄の圧迫の度合いを検査します。 検査方法は、画像検査が主で、

  • ・CT画像検査、X線検査:主に骨の変形、靭帯の骨化を確認する
  • ・MRI画像検査:脊髄の状態を確認する
  • ・神経根造影・神経根ブロック:局所麻酔やステロイド剤で症状を緩和しつつ、ヨード造影剤を使用して、神経根の状態を確認する
といった検査が行われます。 治療としては、第1に保存療法が行われます。保存療法では、コルセットのようなサポーターを装着し、症状の改善がみられるか経過観察をします。 症状が良くならない場合には、背骨の一部を切り取ることで脊柱管を広げ、脊髄等の圧迫を緩和する手術を行うこともあります。

腰部脊柱管狭窄症と関係のある後遺障害と慰謝料

腰部脊柱管狭窄症の症状は、足のしびれや感覚の異常、腰痛、間欠性跛行等といった、神経症状です。 そのため、一定の条件を満たした場合には、神経症状の後遺障害が認定されます。 認定の条件は、以下のようなものです。

神経症状

神経症状の後遺障害では、12級13号「局部に頑固な神経症状を残すもの」あるいは14級9号「局部に神経症状を残すもの」が認定されます。 どのように等級が区別されるかというと、画像検査等により、脊柱管の狭窄が確認できる等、足のしびれや感覚の異常、腰痛、間欠性跛行等といった神経症状が医学的に証明できる場合には12級13号が認定され、医学的説明に留まる場合には14級9号が認定されます。

請求できる慰謝料

腰部脊柱管狭窄症の場合に認定され得る後遺障害等級と、等級に対応した後遺障害慰謝料を整理した表です。

等級 自賠責基準 弁護士基準
12級13号 93万円 290万円
14級9号 32万円 110万円

まずは交通事故専門の受付スタッフが
丁寧にお話しをお伺いいたします

医療に強い弁護士への依頼をお勧めします

腰部脊柱管狭窄症は、脊柱管を取り囲む組織の老化が原因で生じることが多いです。そのため、交通事故後に腰部脊柱管狭窄症の症状が現れたとしても、交通事故によるものではなく因果関係がないという理由で、腰部脊柱管狭窄症の賠償が否定されがちです。また、仮に腰部脊柱管狭窄症と交通事故との因果関係が認められたとしても、年齢によっては、もともと発症していたのではないか、あるいは、交通事故により発症したのだとしても被害者の素因が発症に影響しているのではないかと疑われ、損害賠償金を減額されてしまうことがあります。 そのため、腰部脊柱管狭窄症で適正な賠償を獲得することは容易ではありません。 こうした損害賠償金の減額を防ぐためにも、ぜひ医療に強い弁護士にご依頼ください。 弁護士、特に医療に強い弁護士に依頼すれば、腰部脊柱管狭窄症の発症と交通事故との因果関係の証明や、被害者の素因が発症に影響していないことの証明に尽力してくれます。 医療に強い弁護士の多数存在する弁護士法人ALGに、是非ご相談ください。

交通事故による腰部脊柱管狭窄症の後遺障害が認められた裁判例

交通事故を原因とする腰部脊柱管狭窄症の後遺障害が認められた裁判例をご紹介します。

【横浜地方裁判所 平成27年(ワ)第3099号 損害賠償請求事件】

<事案の概要>

左折中の原告運転の普通乗用自動車に、被告運転の普通貨物自動車が追突した事故により負傷した原告が、被告に対し損害賠償を請求した事案です。 本件事故により、左下肢痛、しびれといった神経症状の後遺障害が残ったと主張する原告に対し、被告は、原告の主張する症状は、本件事故に基づかない腰部脊柱管狭窄症等により認められる一般的症状にすぎず、本件事故によって後遺障害は生じていないと主張したため、争いとなりました。

<裁判所の判断>

裁判所は、原告の後遺障害の有無について、次の理由から、原告には14級9号「局部に神経症状を残すもの」の後遺障害が残ったと認めるのが相当であると判断しました。 ①被告車に追突された際、原告は、もっぱら左側の歩行者等に注意を集中させ、身体をやや左に捻り、左側をのぞき込むように前かがみになった体制をとっており、原告が衝突直後に痛みを訴える声を挙げていることから、原告の頚部や腰部に相当な衝撃があったと推認できること ②医療記録によれば、原告は、事故当日から頚部及び腰部の痛みを訴え、受傷後3週間が経過したころから左下肢の症状が現れ、症状軽減のため処方薬の変更や増量等の措置が取られていること ③本件事故前に治療を要する疼痛の症状はなかったが、本件事故後に撮影した腰椎MRIの画像診断の結果、椎間板の後下方への脱出・椎間板の軽度の骨棘を伴う膨隆・脊柱管の狭窄が認められたこと ④こうした治療経過や原告の訴える症状の部位・内容は、本件事故の態様や画像診断の結果とも整合していること ⑤原告が症状固定の診断を受けた後も左下肢の症状が残存し、通院を継続していること また、被告は、後遺障害が残存するとしても、原告の素因が寄与したものであるため、損害賠償金の減額をすべきと主張しました。しかし、裁判所は、原告には確かに事故前から加齢性変性があったと考えられるものの、変性が年齢相応の変化を超えるものであると認めるに足りる証拠はなく、本件事故前には、原告の素因を原因とする症状が生じていなかったこと、及び本件事故の損害の内容や程度を考慮すると、素因減額をすることは相当でないとし、損害賠償金の減額を認めませんでした。 老化による脊柱管の狭窄が認められる場合でも、素因減額による損害賠償金の減額がなされなかった事例です。

交通事故事件の経験豊富な
弁護士が全面サポート

増額しなければ成功報酬は頂きません

弁護士費用特約を使う場合
本人原則負担なし※保険会社の条件によっては
本人負担が生じることがあります。

弁護士報酬:成功報酬制

  • 着手金0円
  • 相談料0円
  • 弁護士費用後払い

※死亡・後遺障害等級認定済みまたは認定が見込まれる場合

※事案によっては対応できないこともあります。

※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

まずは交通事故専門の受付スタッフが
丁寧にお話しをお伺いいたします

関連記事はこちら

末梢神経障害を後遺障害として認めてもらうには腰椎圧迫骨折で残る可能性のある後遺障害破裂骨折してしまった時の後遺障害交通事故で骨折した場合の後遺障害足の痛みの原因と後遺障害外貌醜状の後遺障害についてCRPS , RSD(疼痛性感覚異常)の後遺障害全身打撲は後遺障害になるのか?緑内障における後遺障害と視野障害・視力障害の慰謝料骨挫傷は後遺障害に認定される?交通事故で聴力障害が発症した場合の後遺障害と慰謝料について後遺障害の併合とは|慰謝料への影響ふらつきが続く場合の原因と後遺障害腱板損傷と後遺障害パニック障害は後遺障害になるのかTFCC(三角繊維軟骨複合体)損傷と後遺障害しびれの原因と後遺障害股関節唇損傷と後遺障害についてPTSDは後遺障害として認定されるのか?遷延性意識障害になってしまったら胸郭出口症候群と後遺障害偽関節と後遺障害について後縦靭帯骨化症(OPLL)とは? 交通事故との関係について交通事故による恥骨骨折と後遺障害について後遺障害の【可動域制限】とは?意識不明の状態が続いてしまった場合肺挫傷と後遺障害について耳鳴りは後遺障害等級認定される可能性あり上半身の麻痺について運動障害になる原因と後遺障害等級車椅子が必要になった時の費用は相手に請求できる?交通事故後の吐き気は後遺障害として認められる?手首骨折の種類と認定される可能性のある後遺障害交通事故で腕が上がらなくなったら後遺障害等級認定されるのか?交通事故によるむちうちで請求できる慰謝料と相場、計算方法交通事故による握力低下と後遺障害の解説びまん性軸索損傷の解説│症状や後遺障害など交通事故による【麻痺】と後遺障害について交通事故後の腰痛の原因と後遺障害交通事故後の眼振と併発する傷病の後遺障害と慰謝料について半月板損傷の症状と後遺障害手のしびれで疑うべき後遺障害肋骨骨折の後遺障害と慰謝料バレリュー症候群の治療法と後遺障害について脊髄損傷の後遺障害と治療法について交通事故の後遺症が残りそうだと診断された場合の対処法膝の痛みは後遺障害認定される?認定要件と慰謝料下半身麻痺の後遺障害等級と必要な検査椎間板ヘルニアの後遺障害と認定に必要な因果関係嗅覚障害の後遺障害と慰謝料交通事故後に認知症が発症した場合の因果関係骨盤骨折の後遺障害と慰謝料について後遺症の種類と症状の一覧後遺障害診断書とは?医師が書いてくれない場合の対処法後遺障害等級が非該当で認定されない時にやるべきこと咀嚼による機能障害の後遺障害と慰謝料逸失利益とは|職種別の計算方法と増額ポイント後遺症が残り慰謝料請求したい時は | 後遺障害等級認定申請方法ストレートネックの症状と後遺障害・むちうちとの違い交通事故による頚椎椎間板ヘルニアの後遺障害について子供のむちうち|慰謝料と交通事故の対処法について腰椎捻挫の慰謝料と請求できるものびまん性軸索損傷とは?早期のMRI検査が重要びまん性軸索損傷で請求できる慰謝料とは顎関節症の後遺障害と慰謝料|神経症状・開口障害片頭痛の原因は「むちうち」の可能性あり|認定される等級と慰謝料鎖骨骨折による3つの後遺障害と慰謝料について高次脳機能障害で後遺障害9級認定の3つのポイントと慰謝料高次脳機能障害で後遺障害7級認定の4つのポイントと慰謝料高次脳機能障害で後遺障害5級認定の4つのポイントと慰謝料高次脳機能障害|記憶障害をはじめとする8つの症状異議申し立てのやり方と弁護士依頼のメリット幼児が交通事故でむちうちになってしまったら複視になる原因と後遺障害と慰謝料交通事故後の頭痛と関係する後遺障害と慰謝料交通事故で脳挫傷になってしまったらむちうちの症状固定時期はいつ?慰謝料に大きな影響あり!脳損傷の後遺障害|交通事故による症状について交通事故で、てんかんの後遺障害と慰謝料について通院頻度に注意が必要、むちうちで3ヶ月通院した場合の慰謝料額交通事故の被害で妊娠中にむちうちになった場合の慰謝料についてむちうち治療に整形外科を使わないと損をする理由交通事故のむちうちで主婦が受け取れる慰謝料の相場と休業損害について交通事故で坐骨神経痛が発症した時の慰謝料と後遺症について交通事故で脳震盪になった場合の症状と慰謝料について交通事故で脳脊髄液減少症になった時の慰謝料と治療法、原因について頭蓋骨骨折の後遺症と慰謝料の計算についてむちうちの症状が残ったら|後遺症の認定基準と慰謝料相場交通事故で脳出血を起こした場合の慰謝料と後遺症についてめまいの原因はむちうち?!交通事故の影響とは首が痛いのはむちうちかも?症状と関連する後遺障害等級認定について交通事故後に脳梗塞になった場合の慰謝料と因果関係について靭帯を損傷した場合の慰謝料と後遺障害認定のポイント