メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

外貌醜状の後遺障害について

弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治
監修 弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates執行役員
監修 弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates執行役員

交通事故により身体に大きな傷跡が残ってしまうとショックですよね。交通事故の分野では、目立つ傷跡のことを外貌醜状(がいぼうしゅうじょう)と呼んでいます。外貌醜状は部位と傷跡の程度によって後遺障害と扱われることがあります。 本記事では、後遺障害に認定される外貌醜状は何か、なぜ外貌醜状が後遺障害に認定されたときに逸失利益がよく争われるのか、といった問題に焦点を当て、外貌醜状の後遺障害等級認定を受けるために役立つ情報をお伝えします。

外貌醜状とは

外貌醜状の意味は、まず「外貌」と「醜状」に分けて、それぞれ理解していきましょう。 外貌とは、頭部や顔面、頚部等の日常的に露出する部分のうち、上肢及び下肢以外の部分を指します。醜状とは、人目につく程度以上の瘢痕、線状痕等の傷痕をいいます。 ただし、上肢と下肢は原則として外貌に当たらないものの、人目につきやすい露出面(一般的に肘から先と膝から下)に傷が残った場合には、外貌醜状として認められることがあります。 したがって、外貌醜状とは、日常的に人目に触れる部分に、人目につく程度以上の傷が残ってしまったことをいう、と考えておくと良いでしょう。 交通事故事案では、例えば、事故の怪我の傷跡や怪我の治療のために受けた手術痕が残ったときに診断されます。 外貌醜状の診断を受けたら、後遺障害等級申請を検討しましょう。

病院で検査を受けましょう

治療後、人目に触れる場所に人目につく傷が残ってしまったら、外貌醜状として後遺障害等級が認定される可能性があります。 外貌醜状として等級認定されるには、ある程度の大きさの傷痕や瘢痕であることが求められます。したがって、傷跡等の大きさの測定が必要不可欠となるため、病院で医師に傷跡等を測定してもらい、後遺障害診断書を記入してもらいましょう。 後述しますが、外貌醜状の場合には、損害保険料率算出機構の自賠責調査事務所による審査があり、改めて傷跡等の大きさが測定されたり、人目につく度合いをチェックされます。そこで測定された傷痕の大きさ等が後遺障害診断書の記載と大きく異なると、等級認定で不利になりかねませんので、しっかりと測定してもらいましょう。

外貌醜状の後遺障害等級と慰謝料

外貌醜状は交通事故による後遺障害に認定される可能性があります。 外貌醜状の後遺障害等級は、傷痕が残った部位と傷痕の大きさで等級が決まってきます。 後で詳しく説明しますが、傷痕の残った場所が、いわゆる「外貌」であるときに認定される可能性のある等級は7級、9級又は12級であるのに対し、「それ以外(上肢又は下肢)」のときには14級というように違いがあります。 また、「外貌」も、頭部、顔面部又は首(頸部)に区別され、部位ごとに該当する障害の程度も異なることに注意が必要です。 以下、外貌醜状が認められる可能性のある等級について詳しく説明します。

外貌醜状が認められる要件

「外貌」について、外貌醜状が認められる可能性のある等級と、等級別の後遺障害の内容を表にまとめました。 外貌醜状が認められるためには、障害の程度が下記のいずれかに該当することが必要です。

等級 後遺障害の内容
7級12号 外貌に著しい醜状を残すもの
9級16号 外貌に相当程度の醜状を残すもの
12級14号 外貌に醜状を残すもの

外貌醜状として後遺障害等級認定する際には、まず、傷痕のある部位(頭部、顔面部、頚部)に着目し、次に傷痕の種類・程度に着目します。 以下、外貌醜状が認められる部位別に、等級が認定される障害の程度とその詳細について表にまとめましたのでご覧ください。

頭部

等級 障害の程度 詳細
7級12号 外貌に著しい醜状を残すもの 頭部に残ったてのひら大(指の部分は含まない)以上の瘢痕または頭蓋骨の手の平大以上の欠損
12級14号 外貌に醜状を残すもの 頭部に残った鶏卵大以上の瘢痕または頭蓋骨の鶏卵大以上の欠損

顔面部

等級 障害の程度 詳細
7級12号 外貌に著しい醜状を残すもの 顔面部に残った鶏卵大以上の瘢痕または10円硬貨大以上の組織陥没
9級16号 外貌に相当程度の醜状を残すもの 顔面部に残った長さ5センチメートル以上の線状痕
12級14号 外貌に醜状を残すもの 顔面部に残った10円硬貨以上の瘢痕または長さ3センチメートル以上の線状痕

*ただし、外貌醜状として認められるためには、人目につく程度以上の傷であることが必要なので、眉毛や頭髪等で隠れる部分については、醜状として扱われません。

首(頚部)

等級 障害の程度 詳細
7級12号 外貌に著しい醜状を残すもの 頚部に残ったてのひら大以上の瘢痕
12級14号 外貌に醜状を残すもの 頚部に残った鶏卵大以上の瘢痕

請求できる慰謝料

外貌醜状が認められるときに受け取ることのできる慰謝料の額を、等級別にまとめた表です。

等級 自賠責基準 弁護士基準
7級12号 409万円 1000万円
9級16号 245万円 690万円
12級14号 93万円 290万円

その他(上肢・下肢)

「外貌」以外に醜状が認められる可能性がある部位は、上肢と下肢(の露出面)です。 醜状が認められるためには、障害の程度が下記のいずれかに該当することが必要です。

等級 後遺障害の内容
14級4号 上肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの
14級5号 下肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの

請求できる慰謝料

等級 自賠責基準 弁護士基準
14級4号
14級5号
32万円 110万円

外貌醜状の後遺障害等級認定や損害賠償について

外貌醜状の後遺障害等級認定や損害賠償請求においては、傷痕の大きさの認定や、逸失利益の有無等がよく争われます。 傷痕の大きさや長さの測定は、人による作業であるため、どうしても測定者の主観が入ってしまうからです。人によって測定される値が異なる可能性があるゆえに、傷痕の大きさ等の認定が問題となることがあります。 また、外貌醜状のみでは日常生活上の動作に影響が出ないと考えられがちなため(※仮に影響がある場合には別の後遺障害として認定されます)、労働能力の喪失があるといえるのか、あるとしてどの程度かが問題となり、逸失利益の算定で争いとなりやすいのです。

自賠責調査事務所での面接

外貌醜状の後遺障害等級認定の手続きでは、他の障害と異なり、実際に傷痕の大きさの測定等をする、損害保険料率算出機構の自賠責調査事務所での審査面接があります。 面接では、後遺障害診断書に加え、添付して提出した受傷時の診断書や画像等の資料を基に、傷痕の大きさや長さ、形状や色の確認を行います。この際、傷痕の起点や終点、「人目につく程度」の判断には、どうしても面接を行う人の主観が入ってしまいます。 主観によって、後遺障害等級の該当性を左右されてしまうことを避けるためにも、外貌醜状の後遺障害等級認定手続きには、法律の専門家である弁護士に相談し、事前準備をしておくと良いでしょう。

まずは交通事故専門の受付スタッフが
丁寧にお話しをお伺いいたします

外貌醜状と逸失利益

逸失利益(事故がなければ労働により本来得られたはずの利益)は、主に労働能力の喪失率と労働能力喪失期間を基に計算されます。そのため、外貌醜状のように、労働能力の喪失との関係が認められにくい後遺障害では、逸失利益も認められにくくなります。 しかし、例えば、接客業、モデル、芸能人等、見た目が重視され、外貌醜状が直接的に仕事の有無、ひいては労働能力に影響を及ぼす職業が存在します。また、その他の職業でも、多かれ少なかれ他人との交流を図る必要があるため、顔面部等の人目につくような部位に外貌醜状があれば、円滑なコミュニケーションや良好な対人関係の維持が妨げられる可能性があります。また、未就労の方でも、外貌醜状によって将来の就労に影響が及ぶ可能性があるため、こうした事情を考慮する必要があります。 この点、裁判例では、外貌醜状の内容及び程度や被害者の職業、性別、年齢等を考慮し、労働能力に直接的な影響を及ぼす恐れがあるか否かによって、逸失利益の有無が判断されています。 また、逸失利益を認めない場合でも、対人関係に消極的になる等して間接的に労働能力に影響を及ぼす恐れがある場合や、日常生活に支障が出るような場合等、特に考慮すべき事情があるときには、後遺慰謝料を増額することで、事実上逸失利益との調整が図られるケースがあります。

男女の違いはあるのか

外貌醜状の後遺障害は、平成23年5月以前には、下記の表のように男女で異なる基準が設けられていました。

等級 男性 女性
7級 女子の外貌に著しい醜状を残すもの
12級 男子の外貌に著しい醜状を残すもの 女子の外貌に醜状を残すもの
14級 男子の外貌に醜状を残すもの

しかし、平成22年5月27日に京都地方裁判所で下された、「男女間の等級に差を設けたこと」を違憲とする判決によって、外貌醜状の基準が男女の区別がないよう改定されることになりました。 本判決について簡単にまとめました。

○憲法14条1項(平等権)違反とされた部分 労働者災害補償保険法施行規則別表第1(障害等級表)に定められた「著しい外貌醜状」に男女で5等級もの差が設定されていること

・理由
等級に設けた差が著しく不合理

・ポイント
判決の理由は、差を設けたことではなく差の大きさ

・自賠責基準との関係
自賠責基準は労災の障害等級認定の基準に準じているため、本判決を踏まえた労災の障害等級基準の改定が自賠責基準の改定に繋がった

本判決の注意点は、本判決は、外貌醜状の等級に男女間で差を設けること自体は、「根拠がないとはいえない」として一定の理解を示している点です。 つまり、平等に反するとした理由は、差を設けたことではなく、差を設けすぎたことなのです。 この判決によって、現在では、外貌醜状の後遺障害等級認定における男女間の差異はなくなりました。

傷が残ってしまったら弁護士にご相談ください

外貌醜状が後遺障害等級に該当するか否かの判断には、医学的かつ法律的な専門知識が必要です。 また、後遺障害として認められたとしても、外貌醜状を理由とする逸失利益が自動的に認められるわけではありません。逸失利益は、外貌醜状の内容及び程度や被害者の職業、性別、年齢等を考慮し、労働能力に直接的な影響を及ぼす恐れがあるか否かといった、様々な要素を総合的に考慮して判断されます。 その判断には主観が大きく影響しますので、後遺障害等級の申請や逸失利益の算定に際し、どれだけ「後遺障害」「逸失利益」を認めるのかといった、弁護士の裁量が非常に重要になります。 ですから、適正な損害賠償を獲得するためにも、特に医療問題に強く、交通事故に関する知識が豊富な弁護士に相談しましょう。

外貌醜状が認められた裁判例

【東京地方裁判所 平成23年3月29日判決】

<事案の概要>

本件は、丁字路交差点で、青信号で直線路から突き当り路に右折しようとした被告車が、同じく青信号で直線路の対向車線を進行してきた原告車に衝突し、原告が顔面多発骨折及び右肋骨骨折等の傷害を負った事案です。 原告が、本件事故により後遺障害等級7級12号(外貌に著しい醜状を残すもの)及び12級相当の嗅覚障害が残り、併合6級の後遺障害が残存したと主張したところ、被告が顔面醜状に関する後遺障害の残存を否定したため、争いになりました。

<裁判所の判断>

裁判所は、本件事故により原告は顔面部の怪我の治療のため複数回の外科的手術を受けたが、顔面部に多数の瘢痕、右下眼瞼に陥凹変形及び右頬部に知覚麻痺が残ったとの主張について、自賠責保険の事前認定にて、右下眼瞼、鼻孔下部及び鼻背を中心とする線状痕は、人目に付く程度以上のもので、鼻背を中心とする線状痕の長さは5センチメートル以上と認められていたことから、後遺障害等級7級12号に該当すると認定されていました。 この事実を踏まえ、裁判所も自賠責保険と同様、外貌醜状として7級12号、嗅覚障害として12級相当の後遺障害の残存を認め、併合6級の後遺障害を認定しました。 そして、1180万円の後遺障害慰謝料を認めるとともに、次のとおりに逸失利益を認めました。

原告の後遺障害の程度は併合6級であり、その内容は、著しい外貌醜状及び嗅覚障害で、家事労働や社会生活上の支障となり、また職業生活において不可欠なコミュニケーションの上で外貌が果たす役割も無視できないことから外貌醜状が労働能力に影響を与えることは否定できないと評価されました。また、原告は事故当時、貴金属の通信販売を請け負う会社の営業担当社員であったところ、不動産管理会社(原告及び原告親族の不動産を管理する会社)の代表取締役への転職を余儀なくされていることからすると、労働能力喪失の程度は相当深刻なものと解されるとして、療養経過も転職に影響したことを認めつつも、30%の労働能力喪失率があると認定しました。 このような調整の結果、原告には2957万2682円の逸失利益が認められました。 外貌醜状が認められるとともに、外貌醜状に伴う逸失利益も認められた裁判例です。

交通事故弁護士 TOPページへ

まずは交通事故専門の受付スタッフが
丁寧にお話しをお伺いいたします

増額しなければ成功報酬は頂きません

交通事故事件の経験豊富な
弁護士が全面サポート

増額しなければ成功報酬は頂きません

弁護士費用特約を使う場合
本人原則負担なし※保険会社の条件によっては
本人負担が生じることがあります。

弁護士報酬:成功報酬制

  • 着手金0円
  • 相談料0円
  • 弁護士費用後払い

※死亡・後遺障害等級認定済みまたは認定が見込まれる場合

※事案によっては対応できないこともあります。

※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

交通事故弁護士 TOPページへ

その他後遺障害に関する記事

後遺障害後遺障害等級10級の症状と認定要件交通事故で足を切断した場合の後遺障害交通事故による下顎骨骨折と後遺障害交通事故による動揺関節と後遺障害自律神経失調症と後遺障害認定交通事故で内臓破裂した時の後遺障害について交通事故で外傷性くも膜下出血になってしまったら後遺障害等級14級の症状と慰謝料人工関節置換の後遺障害について後遺障害等級12級の症状と慰謝料末梢神経障害を後遺障害として認めてもらうには交通事故で骨折した場合の後遺障害足の痛みの原因と後遺障害CRPS , RSD(疼痛性感覚異常)の後遺障害全身打撲は後遺障害になるのか?緑内障における後遺障害と視野障害・視力障害の慰謝料骨挫傷は後遺障害に認定される?交通事故で聴力障害が発症した場合の後遺障害と慰謝料について後遺障害の併合とは|慰謝料への影響ふらつきが続く場合の原因と後遺障害交通事故で腰部脊柱管狭窄症になった時の後遺障害腱板損傷と後遺障害パニック障害は後遺障害になるのかTFCC(三角繊維軟骨複合体)損傷と後遺障害しびれの原因と後遺障害股関節唇損傷と後遺障害についてPTSDは後遺障害として認定されるのか?遷延性意識障害になってしまったら胸郭出口症候群と後遺障害偽関節と後遺障害について後縦靭帯骨化症(OPLL)とは? 交通事故との関係について後遺障害の【可動域制限】とは?意識不明の状態が続いてしまった場合肺挫傷と後遺障害について耳鳴りは後遺障害等級認定される可能性あり運動障害になる原因と後遺障害等級車椅子が必要になった時の費用は相手に請求できる?交通事故後の吐き気は後遺障害として認められる?交通事故で腕が上がらなくなったら後遺障害等級認定されるのか?交通事故による握力低下と後遺障害の解説びまん性軸索損傷の解説│症状や後遺障害など交通事故による【麻痺】と後遺障害について交通事故後の腰痛の原因と後遺障害交通事故後の眼振と併発する傷病の後遺障害と慰謝料について半月板損傷の症状と後遺障害手のしびれで疑うべき後遺障害バレリュー症候群の治療法と後遺障害について脊髄損傷の後遺障害と治療法について交通事故の後遺症が残りそうだと診断された場合の対処法膝の痛みは後遺障害認定される?認定要件と慰謝料椎間板ヘルニアの後遺障害と認定に必要な因果関係嗅覚障害の後遺障害と慰謝料交通事故後に認知症が発症した場合の因果関係後遺症の種類 | 部位別の症状一覧後遺障害診断書 | 医師が書いてくれない時の3つの対処法後遺障害等級が非該当で認定されない時にやるべきこと咀嚼による機能障害の後遺障害と慰謝料後遺障害逸失利益とは|職種別の計算方法と増額ポイント後遺症が残り慰謝料請求したい時は | 後遺障害等級認定申請方法ストレートネックの症状と後遺障害・むちうちとの違い交通事故による頚椎椎間板ヘルニアの後遺障害について腰椎捻挫の慰謝料と請求できるもの顎関節症の後遺障害と慰謝料|神経症状・開口障害片頭痛の原因は「むちうち」の可能性あり|認定される等級と慰謝料高次脳機能障害|記憶障害をはじめとする8つの症状異議申し立てのやり方と弁護士依頼のメリット複視になる原因と後遺障害と慰謝料交通事故後の頭痛と関係する後遺障害と慰謝料交通事故で脳挫傷になってしまったら脳損傷の後遺障害|交通事故による症状について交通事故で、てんかんの後遺障害と慰謝料について交通事故で坐骨神経痛が発症した時の慰謝料と後遺症について交通事故で脳震盪になった場合の症状と慰謝料について交通事故で脳脊髄液減少症になった時の慰謝料と治療法、原因についてむちうち(頚椎捻挫)の症状が残ったら|後遺症の認定基準と慰謝料相場交通事故で脳出血を起こした場合の慰謝料と後遺症についてめまいの原因はむちうち?!交通事故の影響とは交通事故後に脳梗塞になった場合の慰謝料と因果関係について靭帯を損傷した場合の慰謝料と後遺障害認定のポイント