メール相談受付

お電話でのご相談受付全国対応

今すぐ電話相談

0120-790-073

24時間受付・年中無休・通話無料

相談受付全国対応

24時間受付・年中無休・通話無料

0120-790-073

自律神経失調症と後遺障害認定

弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治
監修 弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates執行役員
監修 弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates執行役員

交通事故により、自律神経失調症になることはあるのでしょうか。また、なってしまったとして、後遺障害は認定されるのでしょうか。 本記事では、交通事故の後遺症としての自律神経失調症に焦点を当てて、後遺障害等級認定について解説していきます。

こんな症状が続いていたら自律神経失調症の可能性あり

自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経から成る自律神経のバランスが崩れた際に起こる症状の総称です。 交感神経は活動時に、副交感神経は休息時に、それぞれ優位になり、12時間交代で優位が入れ替わることで身体のバランスを保っています。ところが、ストレスを受けると、脳から交感神経を活発化させるホルモンの分泌命令が出されてしまい、交感神経が優位になり続けてしまいます。 自律神経は、血管、リンパ腺、内臓等といった全身の器官をコントロールしているため、交感神経と副交感神経のバランスが崩れると、全身の機能に支障をきたし、様々な症状が出てしまいます。自律神経失調症の症状としては、次のようなものがあります。

身体症状

  • めまい、ふらつき
  • 冷や汗
  • 震え
  • 動悸
  • 立ち眩み
  • 耳鳴り
  • 吐き気
  • 頭痛
  • 微熱
  • 倦怠感
  • 不眠等

精神症状

  • 不安感
  • イライラ感
  • 気分の落ち込み
  • 意欲・集中力の低下等

交通事故で自律神経失調症になる原因

自律神経失調症は、前述のとおり、ストレス等により、交感神経・副交感神経から成る自律神経のバランスが崩れることで発症します。交通事故で自律神経失調症を発症する最大の原因は、むちうちだといわれています。 むちうちとは、交通事故による衝撃により、首が鞭のようにしなり、首の筋肉や靭帯、神経等を損傷することです。首には交感神経が通っており、むちうちにより、交感神経が圧迫されたり損傷されたりすることがあります。これにより、交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、自律神経失調症を発症してしまう場合があります。 また、むちうちになると、首の痛みやこり、めまい、吐き気、手足のしびれ、倦怠感等が生じることが多く、これらの症状がストレスとなり、自律神経失調症を発症・増悪させる場合があります。 なお、むちうちの分類の一つである、バレリュー症候群は、頚部の自律神経症状のことです。詳しく知りたい方は下記の記事をご参照ください。

むちうちの慰謝料相場と後遺障害等級の認定基準

バレリュー症候群の治療法と後遺障害

自律神経失調症で認定される可能性のある後遺障害等級と慰謝料

自律神経失調症が後遺障害として認められる場合、認定され得る後遺障害等級は、12級13号と14級9号です。 12級13号は、他覚所見があり、交通事故と因果関係のある後遺症の存在を医学的に証明できる場合に認定されるのに対し、14級9号は医学的説明に留まる場合に認定されます。 自律神経失調症の場合でも、医学的な証明があれば、12級13号を認定されることが可能です。

請求できる後遺障害慰謝料

等級 自賠責基準 弁護士基準
12級13号 93万円 290万円
14級9号 32万円 110万円

まずは交通事故専門の受付スタッフが
丁寧にお話しをお伺いいたします

慰謝料の計算例-自律神経失調症の後遺障害等級が認定された場合

自律神経失調症が後遺障害等級認定された場合、実際に請求できる慰謝料はどれくらいなのでしょうか。入院なし、通院期間8ヶ月(240日/継続中)、実通院日数196日、後遺障害等級14級9号の場合を例に計算します。 なお、例の場合に請求できるのは、入通院慰謝料と後遺障害慰謝料の2種類です。

自賠責基準

入通院慰謝料
自賠責基準では、日額4200円に
①通院期間
②実通院日数×2
のいずれか少ない方をかけて、入通院慰謝料を算出します。

また、通院継続中の場合には、通院日数に7日をプラスして考えるので、
①247日(240日+7日)<406日{(196日+7日)×2}
したがって
「入通院慰謝料=4200円×247日=103万7400円
となります。

後遺障害慰謝料
自賠責基準では、後遺障害等級14級9号の後遺障害慰謝料は、32万円となります。

総額
よって、請求できる慰謝料の総額は、
「103万7400円+32万円=135万7400円
となります。

弁護士基準

入通院慰謝料
弁護士基準では、赤い本(民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準)の入通院慰謝料表を用いて計算します。基本的には別表Ⅰを用いますが、例のように他覚所見のない傷害の場合には、別表Ⅱを用います。 別表Ⅱの、入院なし・通院期間8ヶ月が重なる部分を参照すると、
「入通院慰謝料=132万円
となります。

後遺障害慰謝料
弁護士基準では、後遺障害慰謝料14級9号の後遺障害慰謝料は、110万円となります。

総額
よって、請求できる慰謝料の総額は、
「132万円+110万円=242万円
となります。

自律神経失調症の診断と後遺障害等級認定は非常に難しい

自律神経失調症は、診断が難しく、そのため、後遺障害等級認定も非常に難しい症状です。 なぜ診断が難しいかというと、 ・他覚症状がないことが多いため、自覚症状によるところが大きく、症状の証明が困難 ・症状が似ているため、むちうちと診断されがち といった理由があるからです。 そして、そもそも自律神経失調症の診断が難しいことに加え、 ①事故から時間が経過してから症状が出ることが多い等、事故との因果関係が証明しにくい ②治療期間が短くなりがち といった要因により、後遺障害等級認定も非常に難しいのが現状です。

後遺障害等級認定のポイント

自律神経失調症で後遺障害等級認定を受けるためには、 ・自律神経失調症の存在を医学的に証明・説明すること ・交通事故が原因の自律神経失調症であるという因果関係を証明・説明すること 上記の2点が必要になります。

自賠責保険の後遺障害等級の認定は書類審査中となるので、通院した病院の診断書や診療録がチェックされます。事故に遭われた直後から治療を継続し、医師に自律神経失調症と考えられる症状を伝えて記録を残してもらったり、各種検査を受けることが重要となります。治療の内容も見られますので、適切な治療を受けることも重要です。

後遺障害等級認定は弁護士への相談がオススメ

交通事故による自律神経失調症について、後遺障害等級認定を受けることは難しいことをご理解いただけたかと思います。しかし、いくら難しいといっても、自律神経失調症で悩まれている被害者の方々は確かにいらっしゃいます。 そのような、交通事故による自律神経失調症でお悩みの方は、ぜひ医療に強い弁護士にご相談ください。

自賠責保険による後遺障害等級認定で、過不足なく自身の後遺症について主張するためには、法的知識だけでなく、医学的知識も必要です。後遺障害等級申請の経験があり、医療に強い弁護士に相談すれば、後遺障害等級認定のポイントを踏まえたアドバイスや、適切な治療の受け方を受けることができるので、自律神経失調症の存在や、交通事故との因果関係について正しく認められ、後遺障害等級が認定される可能性が高まります。 また、弁護士に依頼すれば、煩雑な申請手続きや、申請に必要な資料の収集等に煩わされることはありません。 治療に専念し、適正な賠償金を受け取るためにも、後遺障害等級認定申請の経験があり、医療問題に強い弁護士が集まる弁護士法人ALG&Associatesにご相談、ご依頼ください。

交通事故と自律神経失調症の因果関係が立証された裁判例

実際に、交通事故と、自律神経失調症の一種であるバレ・リュー症候群の因果関係が立証された裁判例をご紹介します。

【旭川地方裁判所 平成10年(ワ)第256号 損害賠償請求事件】

<事案の概要>

原告の運転する普通乗用車が交差点手前で停止していたところ、後続車である被告の運転するトラックが他車両に衝突した後、ブレーキをかけずに追突してきたため、原告が頚椎捻挫、腹部圧迫絞創、右膝部打撲傷等の傷害を負った事案です。 原告に残った後遺障害の内容について、主要な争点になりました。

<裁判所の判断>

裁判所は、凍結した道路上でブレーキをかけずに追突されたことにより、原告が頚椎捻挫等を受傷し、治療を受けたものの、症状固定日において、 ・自覚症状:頭痛、顔面疼痛、両僧帽筋疼痛、耳鳴り、吐き気及び視力低下、調節衰弱、眼痛等の眼症状等 ・他覚的所見:交感神経の過敏症状、第後頭神経三叉神経症候群の頑固な神経症状 が残った事実を認めました。 そして、これらの症状は、本件事故を誘因として生じた、バレ・リュー症候群とそれによく伴う眼症状としての調節障害が後遺障害であると認定しました。

被告は、調節障害は一年程度で自然治癒するのが通常であるところ、本事案では増悪していることからすると、調節障害は原告の心因的要素に起因するものであるとして、事故との因果関係を否定する主張をしていました。 しかし、裁判所は、原告の眼症状が本件事故を契機として発現したことは明らかであり、バレ・リュー症候群と心因的要因が影響して症状が発現することは稀ではないと経験則上認めることができるから、原告の症状は、交通事故による受傷と心因的要素が競合して発症したものと認めるのが相当であるとしました。 また、医師の回答書より、①疼痛以外に自律神経症状を伴うことで労働能力は一般人と比較し、相当程度喪失している状態と考えられること、②視覚正常者を前提とした労働は難しいと思われる旨の記載があること、③現在においても、原告には神経症状と調節障害が残存していること等を考慮し、原告の後遺障害は後遺障害等級9級10号「神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの」に該当すると判断しました。 もっとも、原告の後遺障害には、心因的要素が関係していることから、損害の公平な分担という損害賠償の理念に照らし、後遺障害逸失利益・後遺障害慰謝料について、40%が減額されました。 心因的要因が寄与する自律神経症状について、減額しつつも、後遺障害として認めた裁判例として参考になります。

交通事故弁護士 TOPページへ

まずは交通事故専門の受付スタッフが
丁寧にお話しをお伺いいたします

増額しなければ成功報酬は頂きません

交通事故事件の経験豊富な
弁護士が全面サポート

増額しなければ成功報酬は頂きません

弁護士費用特約を使う場合
本人原則負担なし※保険会社の条件によっては
本人負担が生じることがあります。

弁護士報酬:成功報酬制

  • 着手金0円
  • 相談料0円
  • 弁護士費用後払い

※死亡・後遺障害等級認定済みまたは認定が見込まれる場合

※事案によっては対応できないこともあります。

※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

交通事故弁護士 TOPページへ

その他後遺障害に関する記事

後遺障害後遺障害等級10級の症状と認定要件交通事故で足を切断した場合の後遺障害交通事故による下顎骨骨折と後遺障害交通事故による動揺関節と後遺障害交通事故で内臓破裂した時の後遺障害について交通事故で外傷性くも膜下出血になってしまったら後遺障害等級14級の症状と慰謝料人工関節置換の後遺障害について後遺障害等級12級の症状と慰謝料末梢神経障害を後遺障害として認めてもらうには交通事故で骨折した場合の後遺障害足の痛みの原因と後遺障害外貌醜状の後遺障害についてCRPS , RSD(疼痛性感覚異常)の後遺障害全身打撲は後遺障害になるのか?緑内障における後遺障害と視野障害・視力障害の慰謝料骨挫傷は後遺障害に認定される?交通事故で聴力障害が発症した場合の後遺障害と慰謝料について後遺障害の併合とは|慰謝料への影響ふらつきが続く場合の原因と後遺障害交通事故で腰部脊柱管狭窄症になった時の後遺障害腱板損傷と後遺障害パニック障害は後遺障害になるのかTFCC(三角繊維軟骨複合体)損傷と後遺障害しびれの原因と後遺障害股関節唇損傷と後遺障害についてPTSDは後遺障害として認定されるのか?遷延性意識障害になってしまったら胸郭出口症候群と後遺障害偽関節と後遺障害について後縦靭帯骨化症(OPLL)とは? 交通事故との関係について後遺障害の【可動域制限】とは?意識不明の状態が続いてしまった場合肺挫傷と後遺障害について耳鳴りは後遺障害等級認定される可能性あり運動障害になる原因と後遺障害等級車椅子が必要になった時の費用は相手に請求できる?交通事故後の吐き気は後遺障害として認められる?交通事故で腕が上がらなくなったら後遺障害等級認定されるのか?交通事故による握力低下と後遺障害の解説びまん性軸索損傷の解説│症状や後遺障害など交通事故による【麻痺】と後遺障害について交通事故後の腰痛の原因と後遺障害交通事故後の眼振と併発する傷病の後遺障害と慰謝料について半月板損傷の症状と後遺障害手のしびれで疑うべき後遺障害バレリュー症候群の治療法と後遺障害について脊髄損傷の後遺障害と治療法について交通事故の後遺症が残りそうだと診断された場合の対処法膝の痛みは後遺障害認定される?認定要件と慰謝料椎間板ヘルニアの後遺障害と認定に必要な因果関係嗅覚障害の後遺障害と慰謝料交通事故後に認知症が発症した場合の因果関係後遺症の種類 | 部位別の症状一覧後遺障害診断書 | 医師が書いてくれない時の3つの対処法後遺障害等級が非該当で認定されない時にやるべきこと咀嚼による機能障害の後遺障害と慰謝料後遺障害逸失利益とは|職種別の計算方法と増額ポイント後遺症が残り慰謝料請求したい時は | 後遺障害等級認定申請方法ストレートネックの症状と後遺障害・むちうちとの違い交通事故による頚椎椎間板ヘルニアの後遺障害について腰椎捻挫の慰謝料と請求できるもの顎関節症の後遺障害と慰謝料|神経症状・開口障害片頭痛の原因は「むちうち」の可能性あり|認定される等級と慰謝料高次脳機能障害|記憶障害をはじめとする8つの症状異議申し立てのやり方と弁護士依頼のメリット複視になる原因と後遺障害と慰謝料交通事故後の頭痛と関係する後遺障害と慰謝料交通事故で脳挫傷になってしまったら脳損傷の後遺障害|交通事故による症状について交通事故で、てんかんの後遺障害と慰謝料について交通事故で坐骨神経痛が発症した時の慰謝料と後遺症について交通事故で脳震盪になった場合の症状と慰謝料について交通事故で脳脊髄液減少症になった時の慰謝料と治療法、原因についてむちうち(頚椎捻挫)の症状が残ったら|後遺症の認定基準と慰謝料相場交通事故で脳出血を起こした場合の慰謝料と後遺症についてめまいの原因はむちうち?!交通事故の影響とは交通事故後に脳梗塞になった場合の慰謝料と因果関係について靭帯を損傷した場合の慰謝料と後遺障害認定のポイント