交通事故弁護士

メール相談受付 0120-790-073

交通事故で脳出血を起こした場合の慰謝料と後遺症について

交通事故のご相談はこちら

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

交通事故で脳出血になってしまった場合の慰謝料の解説

交通事故で負傷し、「外傷性脳出血」と診断される方がいらっしゃいます。日常生活では聞き慣れない言葉ですが、「外傷性脳出血」と診断された場合は、「高次脳機能障害」や「麻痺」等といった後遺症が残る可能性がある非常に危険な状態にあります。ここでは、交通事故による「外傷性脳出血」にスポットを当てて、慰謝料や後遺症についてご説明いたします。 そもそも「脳出血」とは、脳内の血管がなんらかの要因で破裂し、出血した状態のことをいいます。なんらかの要因とは、高血圧症等で血管がむくんだり詰まったりする場合と、外部からの強い衝撃による頭部損傷の場合(=外傷性)があります。つまり「外傷性脳出血」とは、強い衝撃を受けやすい交通事故において散見される症状といえるでしょう。 では、「外傷性脳出血」と診断された場合の慰謝料はどのくらい請求できるのでしょうか?「外傷性脳出血」の治療は、緊急を要すると手術に至るケースもありますが、投薬とリハビリ、高血圧による再発防止が主なものです。「外傷性脳出血」と診断された場合、治癒または後遺障害等級認定までにかかった治療費や入通院することの肉体的・精神的苦痛を入通院慰謝料(傷害慰謝料)として加害者側に請求することができます。加えて、「高次脳機能障害」や「麻痺」等といった後遺症が残り、後遺障害等級認定を獲得できた折には、入通院慰謝料とは別に後遺障害慰謝料が請求可能です。

外傷性脳出血の症状

外傷性脳出血は脳内に起こるため、外側から異常に気づくことが困難です。また、発生直後は事故に遭った興奮状態や他覚所見が少ないことから見逃されやすいです。しかし、頭を強く打った、強い衝撃を受けた、日常生活における違和感がある等といった場合は、頭部CTやレントゲン、脳内MRI検査の受診をお勧めします。ここで、外傷性脳出血の症状をご紹介いたします。

<主な症状>

  • 頭痛
  • 吐き気・嘔吐
  • 片方の手足の麻痺
  • 片方の手足の痺れ(感覚障害)
  • しゃべりづらさ(構音障害・言語障害・失語症)
  • 歩きづらさ
  • めまい

受傷箇所や範囲等によって症状が異なりますが、重症の場合は、意識障害や死に至ることも多く、呼吸障害やてんかん等といった二次的被害を発症する懸念もあります。上記のような異常を感じた場合は、直ちに脳外科・脳神経外科へ出向き、必要検査を受けた方が良いでしょう。

脳出血の後遺症

外傷性脳出血と診断され、懸命な治療やリハビリを行っても治癒に至らないケースも少なくありません。その場合、担当主治医より「高次脳機能障害」や「麻痺」といった症状固定の診断を受けます。主治医の診断書をもって専門機関に申請を行うと、症状の程度によって後遺障害等級の認定がなされます。この結果が後遺障害慰謝料額にも影響を及ぼすため、非常に慎重なやりとりが必要です。

高次脳機能障害について詳しく見る

交通事故で脳出血になった場合の慰謝料の計算例

では、慰謝料はどのように算出されるのでしょうか? 慰謝料の算定には、3つの基準があります。被害者救済のための最低限の補償を目的とした「自賠責基準」、保険会社ごとに基準が異なる「任意保険基準」、過去の裁判例を基に基準が設けられた「弁護士基準」です。どの基準を用いるかによって、慰謝料の算定結果が異なります。いずれも請求できる慰謝料は、①入通院慰謝料と②後遺障害慰謝料です。 ここでは、脳出血により高次脳機能障害の後遺障害等級第7級4号が認定されたと想定し、【入院期間4ヶ月(120日)・通院期間365日・実通院日数90日】の場合の計算方法を基準ごとにご紹介いたします。

自賠責基準の計算例

①自賠責基準の入通院慰謝料を求める計算式は下記の通りです。

入通院慰謝料=4200円×総治療日数or(入院期間+実通院日数×2)

入通院慰謝料は、日額4200円で、治療費やその他の費用を含め120万円までが限度額とされています。 対象期間は、「入院期間と実際にかかった治療期間を足した総治療日数」と「入院期間と実際に通院した実通院日数の合計の二乗」のどちらか少ない方を適用して算出していきます。今回の条件に当てはめると下記のとおりです。

【入院期間4ヶ月(120日)・通院期間365日・実通院日数90日】

  • <対象期間>
  • 総治療日数=120日+365日=485日
  • 入院期間+実通院日数×2=(120日+90日)×2=420日
  • ※少ない方の420日が適用されます。
  • <入通院慰謝料>
  • 4200円×420日=176万4000円>120万円
  • ※限度額の120万円を超過しているため、受給できるのは120万円となります。
  • また、本件の場合、入院を4ヶ月していることから治療費で120万円を超過している可能性が高く、自賠責基準では、慰謝料を受け取ることができない場合も考えられます。
  • ②後遺障害慰謝料は、後遺障害等級第7級の409万円です。

任意保険基準の計算例

任意保険基準は、保険会社ごとに基準が設けられているため、一律したものがありません。ここでは参考までに、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社の人身傷害補償特約の約款 (平成30年1月現在)に沿って算出していきます。 ①任意保険基準の入通院慰謝料は、入院分と通院分を別途算出していきます。 それぞれの日額は入院が8400円、通院が4200円です。 対象期間は入院分が「入院期間」、通院分が実通院日数の二乗を上限に、「入院期間を差し引いた総通院日数」とします。また、期間区分ごとに定める規定割合を入院分、通院分それぞれの対象日数に乗じて計算していきます(事故から3ヶ月までが100%、3ヶ月超6ヶ月までが75%)。今回の条件に当てはめると下記のとおりです。

【入院期間4ヶ月(120日)・通院期間365日・実通院日数90日】

  • <入院慰謝料>
  • 3ヶ月まで:8400円×90日=75万6000円
  • 3ヶ月超6ヶ月まで:8400円×30日×75%=18万9000円
  • 合計:75万6000円+18万9000円=94万5000円
  • <通院慰謝料>365日>90日×2=180日
  • 3ヶ月まで:4200円×90日=37万8000円
  • 3ヶ月超6ヶ月まで:4200円×90×75%=28万3500円
  • 合計:37万8000円+28万3500円=66万1500円
  • 傷害慰謝料合計:94万5000円+66万1500円=160万6500円
  • ②後遺障害慰謝料は、後遺障害等級第7級の500万円です。
  • 任意保険基準の総慰謝料は、①160万6500円+②500万円=660万6500円です。

弁護士基準の計算例

弁護士基準は、公益財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部が発行している「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準(通称)赤い本」によると、入通院慰謝料は入通院慰謝料別表Ⅰを、後遺障害慰謝料は該当等級の慰謝料額をみることで算定することができます。

【入院期間4ヶ月(120日)・通院期間365日・実通院日数90日】

  • ①入通院慰謝料は、260万円です。
  • ②後遺障害慰謝料は、後遺障害等級第7級の1000万円です。
  • 弁護士基準の総慰謝料は、①260万円+②1000万円=1260万円です。

算出した結果から、弁護士基準が最も高額であることは一目瞭然です。これはあくまで「慰謝料」であり、この他にも加害者側に請求できる「損害賠償項目」があることを見落としてはいけません。 例えば、入通院のため休職していた減収分の賠償としての「休業損害」や、後遺症が残ったことで得られなくなったという損害の賠償としての「後遺障害逸失利益」等があります。特に、被害者の方が高齢でなければ、後遺障害等級7級の後遺障害逸失利益は高額になります。また、さらに後遺症が重くなったり、具体的な症状によっては、介護や看護が不可欠となる可能性があります。在宅介護だと、介護用に家を改造したり介護用品が必要になったりするでしょう。そういった将来を見越した「介護費や看護費」、「家屋改造費や介護用品費」等も、損害として加害者側に請求する検討が必要です。

まとめ

交通事故による外傷性脳出血とそれに起因する後遺症、そして慰謝料について触れてきました。脳の損傷を再生する技術が未だ乏しいことから、外傷性脳出血と診断されてから後遺症が発生するケースは少なくありません。まずは早期発見という意味でも、交通事故に遭い強い衝撃を受けた場合には、必要検査を受けることを強くお勧めします。そしてもし、外傷性脳出血と診断されたら、後遺症の懸念があること、そこからはびこる様々な事象が起こり得ることを想定しなくてはいけません。 事故に遭い、外傷性脳出血と診断され「不安」を感じたり、後遺症を患ったのだから損害賠償請求において「損をしたくない」と思われたりした折には、弁護士に相談することを選択してみてください。見落としがちな「損害賠償項目」や外傷性脳出血と後遺症の因果関係を立証するためのあらゆる手法等をご提案します。大きな安心感の獲得、煩雑なやりとりからの解放、適正な損害額の請求まで、ぜひ弁護士にお任せください。

交通事故事件の経験豊富な弁護士が全面サポート

増額しなければ、成功報酬は頂きません!※諸経費20,000円(消費税別)がかかります。

弁護士費用特約を使う場合 本人原則負担なし※保険会社の条件によっては本人負担が生じることがあります。

  • 着手金
    0
  • 相談料
    0
  • 成果
    報酬制
  • 弁護士費用
    後払い

※死亡・後遺障害認定済みまたは認定が見込まれる場合

※事案によっては対応できないこともあります。

※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

弁護士法人ALG&Associates

通話無料・24時間年中無休受付中!

0120-790-073 今すぐ電話で相談受付

メール相談受付はこちら

メール相談受付