メニュー

交通事故弁護士

手のしびれで疑うべく後遺障害

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

交通事故による、しびれの症状にお困りの方は多いと思います。しかし、しびれの原因の医学的な特定が難しいとされる事案がよくあるため、後遺障害の認定で苦労される方が多くいらっしゃいます。 この記事では、後遺障害等級の認定を受けることを念頭に、手のしびれと後遺障害の関係について詳しく説明していきます。

交通事故後、手がしびれている(手のしびれが続く)時にやるべきこと

しびれは、皮膚の感覚受容器から脳へと至る感覚の経路の一部が機能しなくなることにより生じます。 交通事故によって起こる感覚経路の機能不全には、次のようなものがあります。

  • 神経への血液の供給の減少または遮断
  • 感覚経路の一部への圧力(圧迫)
  • 神経の損傷

交通事故による衝撃は大きいため、身体を強く打ち付ける等して、こうした機能不全が生じます。 上記のような手のしびれの原因は、検査によっても見つからないことが多々あります。そのため、交通事故との因果関係が証明できず、適正な賠償を受けることができないおそれがあります。 そこで、医師に正確に症状を申告し、事故直後から一貫して継続する症状があることを証明できるよう努める必要が生じます。 手のしびれが続くときには、病院で適切な検査や治療を受けましょう。

病院で治療を受ける

手のしびれがある場合、病院では次のような検査が行われます。

・画像検査…撮影した画像によって器質的な異常の有無を調べる検査
例:X線検査、MRI検査、CT検査

・神経学的検査…神経の異常の有無を調べる検査
例:スパーリングテスト、握力テスト、徒手筋力検査、病的反射テスト等

こうした検査により、手のしびれの原因を探り、それぞれの原因に応じた治療を行っていくことになります。 例えば、椎間板ヘルニアが原因の場合には、観血的療法(手術)や保存療法(投薬治療や注射、装具療法、リハビリ等)が行われます。 また、脊髄損傷が原因の場合には、薬物療法、手術、リハビリ等が主な治療方法となります。

弁護士ができること

高度な医学論争に対応 重度な後遺症が発生した場合に、事故と後遺症との因果関係や傷害内容と後遺症との因果関係などが問題になることが多く、医学的知識がなければ対応が困難です。保険会社はいつでも協力してもらえる医師(顧問医)がいるため、医学的知識で劣ってしまうと、適切な対応ができません。 脳や神経等が問題となる、重度な後遺障害が残った場合には、交通事故だけではなく医療問題にも精通している弁護士に相談すべきです。

治療や検査のアドバイス 治療方針や検査などの方針を決めるのは当然主治医の先生ですが、医師は治療をするのが仕事であり、治療後の後遺障害認定のことまでは考えてくださいません。後遺症が残ってしまい、後遺障害認定をするときに、「なぜこの検査がされていなかったのか?」「MRIを早期に取っていれば」等、検査結果がないことにより、適切な後遺障害認定されないこともあります。 交通事故を多数取り扱う弁護士は、多くの事例を見てきており、後遺障害認定を見据えたアドバイスが可能です。

後遺障害等級の申請・異議申し立て 後遺障害等級の認定申請をする上で、保険会社や医師に任せっきりでは適切な後遺障害認定がされない場合があります。 実際に弁護士がレントゲン写真や・CT・MRIを見て、医師と協議することにより、医師も気にしていなかった点を指摘することもあります。 適切な後遺障害認定をする場合、異議申立てをする場合は、医師と協議しより良い診断書を書いてもらうには、医療問題に強い弁護士に依頼するのが良いでしょう。

示談交渉 現在様々な弁護士事務所があり、交通事故の裁判をしたがらない弁護士も多くいます。重い後遺症を負った場合には、裁判になる可能性が高く、保険会社との示談交渉の際に、裁判をすることも辞さないかまえを見せる必要があります。 特に、重い後遺症を負った場合には、裁判で医学論争になることもあり、そのような場合に医療問題に精通していなければ、「裁判をしましょう」と迫力のある主張をするのが困難です。 重い後遺症を負った場合には、示談交渉においても医療問題に強い弁護士依頼すべきです。

弁護士法人ALG&Associates

通話無料・24時間年中無休受付中!

0120-790-073 今すぐ電話で相談受付

メール相談受付はこちら

メール相談受付

手のしびれの原因

手のしびれがある場合、複数の原因が疑われます。
例えば、
・神経への血液の供給の減少又は遮断
・感覚経路の一部への圧力(圧迫)
・神経の損傷
等が考えられますが、こうした原因は、次のような病態によって生じます。

むちうち

むちうちとは、交通事故等の衝撃により、首が鞭のようにしなることで起こる頸椎(首の骨)等の損傷です。 首の痛みや頭痛、吐き気、耳鳴り、めまいといった症状に加え、腕や手のしびれが現れることがあります。

交通事故のむちうちと後遺障害等級認定のポイント

胸郭出口症候群

胸郭出口症候群とは、主要な血管や多くの神経が通る、首と胸の間にある通路(胸郭出口)が筋肉や骨により締め付けられ、手や腕のしびれが起こる症状をいいます。 しびれの他に、腕の筋力低下や、首・肩・腕の痛みといった症状も現れます。 胸郭出口症候群の正確な原因は多くの場合不明です。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは、脊椎(背骨)の間から、椎間板(背骨間のクッション)の一部がはみ出してしまう症状をいいます。飛び出た椎間板が、脊髄の周囲の神経を圧迫することにより、腰痛や手足のしびれ等を引き起こします。 腰椎や頸椎で起こることが多いです。

交通事故による頚椎椎間板ヘルニアの後遺障害について

脊髄損傷

脊髄損傷とは、文字通り脊髄を損傷することです。中枢神経である脊髄という重要な神経の損傷により、脳と手足等の末梢神経の情報伝達に障害が生じます。これにより、手足等の運動や知覚に影響が出て、手足のしびれといった症状が出ることがあります。

交通事故による脊髄損傷と後遺障害について

外傷性脳損傷(慢性硬膜下血腫、脳挫傷)

外傷性脳損傷は、強い力が頭部に加わったことにより、衝撃を受けた脳が損傷することです。 外傷性脳損傷には様々な種類がありますが、特に慢性硬膜下血腫や脳挫傷の場合に、頭痛やめまい、吐き気等と同時に、手足にしびれが生じることがあります。

交通事故で脳を損傷した場合の後遺障害と慰謝料

手のしびれの後遺障害等級と慰謝料

手のしびれが続く場合、神経症状として、後遺障害等級が認定される可能性があります。

神経症状

「神経症状」とは、神経の圧迫により生じる痛みやしびれ、麻痺等の症状です。他覚的所見の乏しさから、診断が難しいとされます。 神経症状の原因は、むち打ち、骨折、靭帯損傷、脊髄の圧迫等、様々です。 神経症状が後遺障害として認められるようにするためにも、事故後すぐに検査を受けることが大切です。

請求できる慰謝料

神経症状がある場合に認定される可能性のある後遺障害等級と、慰謝料算定基準ごとの後遺障害慰謝料の金額を表にしました。

等級 自賠責基準 弁護士基準
12級13号 93万円 290万円
14級9号 32万円 110万円

手のしびれの慰謝料の計算例

ここで、手のしびれが続く場合に受け取ることができる慰謝料の額について、例を使って計算してみたいと思います。 入院なし、通院期間7ヶ月(210日)、実通院日数160日、後遺障害等級14級9号(他覚的所見のない手のしびれ)の場合を例にします。 なお、後遺障害等級が認められる場合、もらうことのできる慰謝料は、入通院慰謝料と後遺障害慰謝料の2種類であるため、入通院慰謝料と後遺障害慰謝料の合計が、もらうことのできる慰謝料の額となります。

自賠責基準の計算例

自賠責基準では、「日額4200円×対象日数」が入通院慰謝料を算定する計算式となります。 「入通院期間」か「実治療日数×2」のどちらか小さい方が対象日数とされますので、例の場合、「入通院期間7ヶ月(210日)<160日×2」により、入通院期間が対象日数となります。 したがって、
「入通院慰謝料=日額4200円×入通院期間7ヶ月(210日)=88万2000円」
です。
また、後遺障害慰謝料は、32万円ですので、
「慰謝料=88万2000円+32万円=120万2000円」
となります。

弁護士基準の計算例

弁護士基準では、赤い本(民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準)の入通院慰謝料の表を基に計算します。 例の場合、他覚的所見のない怪我ですので、別表Ⅱを使います。
これによると、入通院慰謝料は97万円になります。
また、後遺障害慰謝料は110万円ですので、
「慰謝料=97万円+110万円=207万円」
となります。

交通事故後に手がしびれてお困りの方へ

手のしびれには様々な原因がありますが、神経のわずかな損傷を原因とするとき等には、検査で見逃されてしまうことがあります。このような場合には、客観的に症状を証明するものがないため、後遺障害等級の認定を受けにくいといえます。 しかし、後遺障害等級認定では、検査結果だけでなく、通院状況、医師への申告内容等、様々な事情が考慮されます。そのため、症状について医師に正確に申告していれば、他覚的所見のないときでも、適切な等級認定を受けることができる場合もあります。 残念ながら、こうした情報を知らずに適切な等級認定を受けられなかった方もいらっしゃいます。 特に医療問題に強い弁護士であれば、適切な等級認定のためのいろいろなアドバイスをすることができますので、手のしびれにお困りの方は、ぜひ弁護士にご相談ください。

手のしびれで後遺障害が認められた裁判例

【大阪地方裁判所 平成7年(ワ)10310号 損害賠償請求事件】

<事案の概要>

五叉路となっている交差点で、被告の運転する普通貨物自動車が左折しようとしたところ、後方から直進してきた原告の運転する原動機付自転車と衝突した事案です。 原告は、本件事故により頸椎椎間板ヘルニアを発症し、後遺障害が残ったとして、被告に損害賠償を請求しました。これに対し、被告は、頸椎椎間板ヘルニアは、既存の経年性の椎間板変性(加齢による頸椎椎間板の変性)により発症したものであり、原告の主張する後遺障害の発生には、この椎間板の変性が70%ないし80%寄与したと主張したため、問題となりました。

<裁判所の判断>

自賠責保険会社は、原告の後遺障害を14級に該当すると認定していました。 しかし、裁判所は、本件事故前には原告は支障なく化粧品の荷詰めの仕事に従事していたこと、本件事故により原告は路面に頭部等を打ち付けたこと等の事実に照らし、原告の症状は経年性の頸椎椎間板変性に事故の影響が加わって生じたとみるべきであると判断したうえで、原告の訴える症状(両手のしびれや痛み、頸部痛、腰部痛等)や各種検査結果、症状固定時の診断書等を考慮し、原告の後遺障害を12級に該当するものとしました。 また、経年性の頸椎椎間板変性は、誰にでも起こる、加齢による変性であるから、被告の主張するように素因減額することは適当でないとも判じました。 これらを踏まえ、裁判所は、原告の損害額の合計として817万4423円を認定しました。

交通事故事件の経験豊富な弁護士が全面サポート

増額しなければ、成功報酬は頂きません!※諸経費20,000円(消費税別)がかかります。

弁護士費用特約を使う場合 本人原則負担なし※保険会社の条件によっては本人負担が生じることがあります。

  • 着手金
    0
  • 相談料
    0
  • 成果
    報酬制
  • 弁護士費用
    後払い

※死亡・後遺障害認定済みまたは認定が見込まれる場合

※事案によっては対応できないこともあります。

※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

弁護士法人ALG&Associates

通話無料・24時間年中無休受付中!

0120-790-073 今すぐ電話で相談受付

メール相談受付はこちら

メール相談受付