交通事故弁護士

メール相談受付 0120-790-073

交通事故で、てんかんの後遺障害と慰謝料について

交通事故のご相談はこちら

交通事故による怪我が原因で、様々な後遺症が残ってしまうことがあります。このページでは、後遺症としての外傷性てんかんについてご紹介します。

てんかんとは?

てんかんとは、大脳の神経細胞(ニューロン)の過剰な興奮が原因で、意識消失や痙攣発作といった運動障害や自律神経症状等を引き起こす、慢性の脳疾患です。 てんかんには、特定の原因の見当たらない突発性てんかんと、脳腫瘍や外傷等の脳疾患を原因とする症候性てんかんの2種類があります。交通事故により引き起こされる可能性があるのは、症候性てんかんの内、外傷を原因とする外傷性てんかんです。 外傷性てんかんは、発症する時期によって大きく3つに分けられます。

  • 超早期てんかん:外傷後24時間以内に2回以上発症
  • 早発てんかん:外傷後7日以内に発症
  • 晩発てんかん:外傷後8日以降に発症

交通事故の後遺障害として問題になるのは、主に晩発てんかんです。

てんかんと診断されたら?

晩発てんかん(以下「外傷性てんかん」といいます)が診断された後は、病院で治療を受けるのはもちろん、外傷性てんかんの周囲への影響を鑑み、各所へ外傷性てんかんを発症した旨の連絡をします。そして、後遺障害等級認定の申請や、示談交渉等を行っていくことになります。

病院で治療を受ける

交通事故による外傷性てんかんの発症が疑われる場合には、主に脳波検査や画像検査が行われます。 脳波検査では、脳波を記録し、てんかんに特徴的な放電や異常所見等の有無を確認します。ただし、脳波が正常な場合でもてんかんを発症していることがあるので注意が必要です。 画像検査では、脳の損傷の有無を確認するために、MRIやCT画像等の検査を行います。 では、外傷性てんかんと診断された場合、どうすれば良いのでしょうか。 残念ながら、てんかんは一度発症すると完治は難しいといわれています。 そのため、外傷性てんかんと診断された場合の治療としては、症状の緩和、進行を遅らせる投薬治療が行われます。多くは、抗てんかん薬を治療的に投与します。また、外傷後8日以降発作が出ていない人に対しては、予防的に投与されます。

各所への対応

交通事故に遭ってしまった場合の対処方法についてまとめました。

勤め先への連絡 交通事故で会社を休む場合、会社の協力も必要になります。業務中や通勤中の事故の場合は、労災の手続きに協力してもらう必要がありますし、プライベートでの事故でも、休業損害を速やかに請求し生活の基盤を整えるためには、会社の協力が不可欠です。

加害者とのやり取り 相手方に保険に加入していない場合には、加害者と直接連絡を取る必要があります。相手方が任意保険に加入していない場合、治療費なども自己負担になるため、相手方と早期に協議する必要があります。

保険会社とのやり取り 治療費、慰謝料、休業損害など、様々な点で示談まで協議していく必要があります。 ただ、相手方保険会社はあくまでも加害者側の示談代行をしているため、被害者に対し適切な助言をする義務はありません。そのため、相手方保険会社を信じて行動し、失敗しないように慎重に対応する必要があります。

警察とのやり取り 事故直後に、事故状況の聞き取りをするため警察と連絡を取る必要があります。人身事故の場合、警察が事故状況を調査して、「実況見分調書」という事故状況を詳細に記載した資料を作ります。 示談や裁判のときに、過失割合が争いになった場合、この実況見分調書が大きな証拠資料となりますので、警察とのやり取りは非常に重要となります。

病院でのやり取り 交通事故により怪我をした自覚がなくとも、1~2日以内には病院で検査を受け、異常がある場合には診断書を作成してもらう必要があります。なぜなら、後日事故が原因で思わぬ症状が生じる可能性があるからです。症状が出た時に病院へ行っても、事故から日が経っていては、事故との因果関係が認められにくいことが多いので、事故後すぐに診察を受けておく必要があります。

弁護士ができること

交通事故が原因で外傷性てんかんを発症した場合には、特に医療問題に強い弁護士に依頼するといいでしょう。その理由として、次の点が挙げられます。

高度な医学論争に対応

外傷性てんかんは、発症と交通事故との因果関係が争われることが多く、高度な医学論争に発展することがよくあります。その点、医療問題に精通した弁護士に依頼すれば、医学的観点から外傷性てんかんと交通事故との因果関係を証明してくれるでしょう。いくら交通事故交渉の経験が豊富な弁護士でも、医療問題に強くなければ、スムーズな手続きはできません。

治療のアドバイス

また、医療問題に強い弁護士なら、適正な補償を受けることができるように、通院の仕方や治療方針についてのアドバイスもしてくれます。保険会社は、症状の落ち着いていない段階でも治療費等の打切りの打診をしてきますが、応じてしまうと、必要な治療費等がその後支払われなくなってしまいます。こうした打診に応じない強い姿勢を保つためにも、弁護士のアドバイスが役に立つでしょう。

後遺障害等級の申請・異議申し立て

後遺症が残った場合にも、後遺障害等級認定され後遺障害として認められなければ、後遺障害についての慰謝料を受け取ることはできません。また、一度認定されるとそれを覆すことも困難です。そのため、最初の後遺障害等級申請が非常に重要になります。 後遺障害等級認定のための適切なアドバイスをするためには、交通事故知識だけでなく医療知識も必要となります。医療問題にも強い弁護士に依頼すると良いでしょう。

示談交渉

示談交渉の相手はプロである保険会社ですから、被害者ご本人だけで適正な補償額での交渉をすることは難しいと言わざるを得ません。交渉には、交通事故知識と医療知識の両方を必要とします。そこで、交通事故と医療問題についての知識が豊富で交渉のプロである弁護士にお任せすることをお勧めします。

弁護士法人ALG&Associates

通話無料・24時間年中無休受付中!

0120-790-073 今すぐ電話で相談受付

メール相談受付はこちら

メール相談受付

てんかんの症状と診断基準

外傷性てんかんの症状には、主に次のようなものがあります。

  • 欠神発作:非常に短時間の意識消失を起こす発作
  • 間代発作:いわゆる痙攣発作
  • 強強直発作:手足が突っ張り身体が硬くなる発作
  • ミオクロニー発作:全身や手足が一瞬びくっとする発作
  • 複雑部分発作:特殊な行動を取ったり感覚や感情が変化する等様々な症状が現れる発作

外傷性てんかんの診断には、1.てんかんであること、2.てんかん発作が脳の外傷を原因とするものであることの2つが必要です。 1の診断は、患者の脳波を記録し、てんかん性放電や非突発性といった異常の有無を確認し、脳の器質的異常の存在を確認することで行います。 2の診断のためには、Walkerの基準という診断基準が使われます。

【Walkerの基準】

  1. ①てんかん発作の症状が起きていること
  2. ②外傷以前にはてんかん発作の症状を起こしていないこと
  3. ③他に脳又は全身疾患がないこと
  4. ④脳損傷を起こし得るほどに強い外傷だったこと
  5. ⑤外傷後あまり経過していない時期に最初のてんかん発作が起こったこと
  6. ⑥てんかんの型、脳波所見及び脳損傷部位が一致していること

てんかんの後遺障害等級と慰謝料

外傷性てんかんが後遺障害として認定される可能性のある等級には、大きく分けて4等級あります。 外傷性てんかんの等級認定の際には、症状の程度と発作の頻度が考慮されます。 具体的には、次のようになります。

等級 症状の程度と発作の頻度
5級2号 1ヶ月に1回以上の発作があり、かつ、その発作が痙攣発作や強直発作等により転倒する発作や複雑部分発作である場合(以下、「痙攣発作等」とします)
7級4号 痙攣発作等が数ヶ月に1回以上ある又は痙攣発作等以外の発作が1ヶ月に1回以上ある場合
9級10号 数ヶ月に1回以上の発作が痙攣発作等以外の発作であるもの又は服薬を継続することによりてんかん発作がほぼ完全に抑制されている場合
12級13号 発作はないが、脳波上明らかにてんかん性の棘波が認められる場合

※1ヶ月に2回以上の発作がある場合は、通常、高度の高次脳機能障害の後遺症が残存しているため、高次脳機能障害の認定基準に従って、障害等級が認定されます。

請求できる慰謝料

等級 5級2号 7級4号 9級10号 12級13号
自賠責基準 599万円 409万円 245万円 93万円
弁護士基準 1400万円 1000万円 690万円 290万円

てんかんで後遺障害等級認定された場合の慰謝料の計算例

自賠責基準の場合

自賠責基準とは 自賠責基準は、被害者の損害を最低限保証するものであるため、3つの基準の中で1番低い基準です。 1日4200円×通院日数(通院期間と実通院日数×2のいずれか少ない方)が入通院慰謝料の計算方法となりますが、治療費、交通費、休業損害その他全ての損害賠償額と合わせて120万円が上限となります。

自賠責基準の計算例 自賠責基準の場合、入院9ヶ月・通院期間180日・実通院日数90日・後遺障害等級9級10号が認定されたときには、入通院慰謝料は次のようになります。 入通院慰謝料=日額4200円×450日=189万円 ただし、自賠責保険の傷害分の上限額は120万円なので、最大120万円 また、後遺障害慰謝料は245万円なので、 慰謝料総額=入通院慰謝料+後遺障害慰謝料=120万円+245万円=365万円 したがって、自賠責基準での慰謝料は、最大365万円となります。

弁護士基準の場合

弁護士基準とは 弁護士が、示談交渉や裁判をする際に使用している基準です。交通事故の過去の裁判例をもとに設定され基準であり、裁判基準ともいわれます。 弁護士基準で通院慰謝料を算定する場合は、通院日数ではなく、通院期間をもとに計算します。 3つの基準の中で、もっとも高額な基準となります。

弁護士基準の計算例 弁護士基準の場合、入院9ヶ月・通院期間180日・実通院日数90日・後遺障害等級9級10号が認定されたときには、次のようになります。 別表Ⅰより、入通院慰謝料は312万円、後遺障害慰謝料は690万円なので、 慰謝料総額=入通院慰謝料+後遺障害慰謝料=312万円+690万円=1002万円 したがって、弁護士基準での慰謝料は、1002万円となります。

交通事故でてんかんになってしまったら弁護士にご相談ください

外傷性てんかんを発症し後遺症が残った場合には、適正な後遺障害等級認定を受け、また、適正な補償額を受け取るためにも、特に医療問題に強い弁護士に依頼するのがお勧めです。 交通事故と外傷性てんかんの発症との因果関係は、保険会社との交渉の中でも争われることが多いものです。しかし、因果関係の証明には、非常に専門的かつ複雑な知識を必要とします。 そこで、保険会社との交渉になれており、外傷性てんかん等の医療問題にも精通した弁護士に相談することで、適正な補償額の獲得に向けた行動についてのアドバイスをもらうことができます。 お困りの方は、ぜひ一度弁護士にご相談ください。

てんかんと交通事故との因果関係が認められた裁判例

最後に、外傷性てんかんと交通事故との因果関係が認められた裁判例についてご紹介します。

大阪地方裁判所平成12年(ワ)第10779号

<事案の概要>

加害者の運転する自動車が、道路脇の自動販売機前で停止していた被害者の運転する自動二輪車に追突し、被害者が加害者とその使用者に対して損害賠償を請求した事案です。 主な争点は、被害者の外傷性てんかん症罹患の有無と損害額でした。

<裁判所の判断>

裁判所は、外傷性てんかんの診断基準であるWalkerの基準で、被害者が交通事故による頭部への衝撃が原因で外傷性てんかん症に罹患したと認めました。

【Walkerの基準】

  1. ①てんかん発作の症状が起きていること
  2. ②外傷以前にはてんかん発作の症状を起こしていないこと
  3. ③他に脳又は全身疾患がないこと
  4. ④脳損傷を起こし得るほどに強い外傷だったこと
  5. ⑤外傷後あまり経過していない時期に最初のてんかん発作が起こったこと
  6. ⑥てんかんの型、脳波所見及び脳損傷部位が一致していること

具体的には、被害者は交通事故以前には意識喪失発作を起こしたことはなく、現在脳や全身疾患もないこと、また、最初の発作は事故から約5ヶ月後と、外傷後あまり経過したとはいえない時期に起こっていることから、②③⑤の基準を満たすと判断しました。次に、被害者が事故時に負っていたのは意識障害を伴わない軽い頭部損傷でしたが、軽い頭部損傷でもてんかん発作が起こる可能性はあり、被害者の脳波に異常はないものの、発作間欠期のてんかん性放電が出現しない場合も少なくないことから、④⑥の基準も満たすとしました。そして、抗てんかん薬の効果が認められたこと等の事情を鑑み、被害者が起こしたのはてんかん発作だと認め①の基準も満たすとした上で、被害者が交通事故によって外傷性てんかんを発症したものと認めるのが相当であると判示しました。

交通事故事件の経験豊富な弁護士が全面サポート

増額しなければ、成功報酬は頂きません!※諸経費20,000円(消費税別)がかかります。

弁護士費用特約を使う場合 本人原則負担なし※保険会社の条件によっては本人負担が生じることがあります。

  • 着手金
    0
  • 相談料
    0
  • 成果
    報酬制
  • 弁護士費用
    後払い

※死亡・後遺障害認定済みまたは認定が見込まれる場合

※事案によっては対応できないこともあります。

※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

弁護士法人ALG&Associates

通話無料・24時間年中無休受付中!

0120-790-073 今すぐ電話で相談受付

メール相談受付はこちら

メール相談受付